2017年04月13日

【レオ】忙中閑あり

忙中閑あり。
忙しいさなかにも、閑(かん)、ひまはあるものだ。

毎日仕事で忙しくて、肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいで、閑などまるでない、というなかれ。
それであっても、ゆとりの時間、暇の時間をわずかでも作ればいい。
それが10分、15分でも、心からの解放を得られる「寂」の時間を得る。

安岡正篤さんは、戦争中、激しい空襲のさなかでも、20分の短時間に悠々と座禅をする時間を持ち、心を極める努力をしていたそうです。

忙しいさなかでも、寂なる時間を持つ、閑たる時間を持つ。
それは時間的な余裕を持つ、という意味だけでなしに、

その忙しい時間の真っ最中にも、心のどこかにゆとりを持つ。心がいっぱいいっぱいにならず、ゆとりの心の空間を持つ。
それが大事なのではないかと、最近は思うようになりました。

物理的に、ゆとりの時間が持てないのなら、仕事でアップアップしている、その業務時間の中においてこそ、心の解放を得られないだろうか。
100の仕事をしている時に、心が100でアップアップでは、ゆとりどころではありませんね。
ならば、120の心の大きさを持って働けばよい。さすれば、100の気持ちを仕事に割り当てても、あと残り20の余力がある。心の余力がある。
それが、心のゆとりの部分であって、同じ時間内の「閑」の時空間ではあるまいか。

安岡さんは、忙しい、という言葉の「忙」という字は、心が亡くなる、と解けると言っています。
忙しい中に忙殺されていると、まさに忙殺の「忙」ですね。心が亡くなる。心を見失ってしまう。

これではいけないのでしょうね。
心が亡くならないように、忙殺されてしまって、自分の心の全てが失われるのではなく、なお余力があって、ゆとりの部分があるほどに、大きな心を持って生きればよいのではないか。

これは仕事の技術の向上によっても得られるかと思いますが、
仕事の覚え始めというのは、どうしてもわからないことだらけで、アップアップ状態で仕事をしますよね。
けれども、仕事内容を覚えて熟達すれば、時間当たりにこなせる仕事量も増えるし、仕事スピードもアップする。
ルーティンワークを軽妙にこなすことが出来るようになると、時間の余裕も生まれるし、心にもゆとりが生まれます。一挙両得です。

こうした、心の自由を得て、その上で生きれば、仕事の合間にイレギュラーな事件が起きても、心は泰然自若として、余裕を持って対応できる。アップアップにならんのです。

だから、100の仕事をしながらも、120の心、150の心、200の心をもって、心のハンドルに自由な遊びを持って生きたいものです。

忙中閑あり。

そういう意味でも、わたしはこの言葉を解したいと思うのでありました。

ここ数日のあいだに、しばしば思ったことですけどね、ハハハ。
忙しく仕事をしているあいだでも、ブログ記事は書けるのです。



ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 11:26 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

【レオ】死んだ後に、相手から返ってくる善念と憎しみについて

つづきです。

スピリティズムによる福音 -
スピリティズムによる福音 -



善行は最も冷え切った心をも和らげます。この世においては忘れられてしまうかもしれませんが、肉体の被いから自由になった時、善行を受けたその霊はそのことを思いだし、その記憶がその人に対する罰となります。彼は自分が恩知らずであったことを嘆き悲しむことになります。
次の人生で自分の過ちを改め、恩義を返そうとし、善を施してくれた人に仕える人生を求めようとすることもまれではありません。




これは、アラン・カルデックがテーブルターニングで得た霊界通信です。高級霊からの通信ね。

その霊が言うには、
善行を行なって、その相手がなんの感謝もすることなく、忘れられてしまったとしても、
その相手が死んで霊になると、自分がいかに与えられていたかを思い出すのだ、とあります。

善行を受けたその霊はそのことを思いだし

ですね。
人は肉体に宿っているあいだは、本来の精神の自由度を失い、ひじょうに鈍感な精神状態になっている。
だから、人を傷つけても、相手の苦しみには鈍感でいられるし、あるいは、人から善を施されて感謝をしなくても、平然としていられる。
相手がどのような優しい気持ちで、そのことを成したのか。もし、それを生前から感じられるほどに、魂が敏感であったなら、きっと涙を流して喜び、感謝することも出来たのに。
肉体に宿っているあいだの人間というのは、他の人から向かってくる、善い思いにも、悪い思いにも、いずれも鈍感であるがゆえに、平然と自分勝手に生きているのかもしれません。

ところが、死んで肉体から離れると、魂は本来の鋭敏な姿を取り戻す。
肉体の覆いが取れて、魂そのものが世界に晒されるので、人の気持ちがストレートに自分に影響を与えるのを感じるようになる。敏感になるんですね。

精神エネルギーというのは、いっとき浮かんでは消えてしまうものではなくて、ある人が発した思いは、それが善い思いであれ、悪い思いであれ、エネルギーと存続して活動を続けているのかもしれません。
それゆえ、その残存エネルギーの存在を、霊になった魂は感じ取れるのかもしれませんね。
すると、どうなるか。

他の人に与えた苦痛が、苦しみのエネルギーとして感じられる。自分に対する恨みや憎しみの思いが、ストレートに自分を攻撃してくるのを感じる。
したがって、他人を多く苦しめた人は、多くの人からの憎しみの念を、死後になると、ストレートに全て受けざるを得なくなる。
過去のその時点の憎しみだけでなく、相手が不成仏の場合はずっと、その恨みの思いが自分に向かってくるわけでしょう。
動物を屠殺した人が、死後、それらの動物たちの怨みの念を受けて苦しむ姿が、霊界通信であったと思いますが、あれですね。
某首相も、人々から攻撃され続けた結果、その集合念によって病になって倒れたとか。人が発する精神エネルギーは、かように物理的な力を実は持っている。
肉体は滅びても、精神のエネルギーは残っている。それゆえにこそ、死後にも、精神のカルマは自分に返ってくるし、来世にも追いかけてきて、存続するのでしょうか。
(*注;不当な恨み・つらみは、発した本人のものなので、発した人に跳ね返っていくのが基本ですけどね)

これとは逆に、多くの人に愛を与え、感謝された人は、その死後において、相手から伝わる感謝の思い、善なる思いを受けて、いっそう光り輝く境涯に達するのでしょう。
他の人から返ってくる喜びのエネルギーは、その人自身の徳となり、魂の器の大きさとなり、霊格ともなる。
偉大なる神霊は、地上にて多くの人を愛し、助け、その死後においても神として信仰され続け、何億、何十億、あるいはそれ以上の人からの感謝と信仰の思いを受けますね。
信仰の力は、偉大なる神霊の霊格を高めることにもつながっている。そういった話もありました。

人は、自分以外の他の人に、愛を与えたか、それとも苦しみを与えたかによって、そのような死後の違いを持つ、ということでもありましょう。



このように、疑わずともあなたはその人の道徳的進歩に貢献することができたことになり、次の教訓の意味を正確に理解することができるようになります。
「善が無駄になることは決してありません」。そればかりではなく、落胆することによって善を行う気力を失うことなく、私心を棄てて善を行ったことの功績を得ることができるのですから、自分自身に対しても働いたことになります。  




地上においては、愛を与えても、相手はそのことに気づかず、感謝もしてくれないかもしれません。
しかし、それが本当に霊的なる意味での、正しい愛であったならば、死後において、その相手に、その真心が伝わることになる。
相手の人は、自分がいかに恩知らずであったかに気づき、愕然とする。
カルマの刈り取りですね。来世、この恩を返さなくてはいけない。自分は人生をやりなおさなくてはいけない。という反省が生まれることにもつながりましょう。
ま、地獄に堕ちた場合は、改心を終えたのちにようやく、そうした気持ちになるのでしょうから、生まれ変わりは、反省した後になるのだと思いますけどね。

ゆえに、善行は無駄にはならない。
それは、相手の霊的成長のキッカケにもなる、ということです。
そしてまた、自分自身の霊的進化の証しともなる、ということ。
神は、こうした世界を創られていて、そこでさまざまな人間同士の結びつきが生まれることを、長い年月のあいだ、見守り続けてくれているのでしょう。
わたしは、そう思います。



ああ友よ。あなたたちの前世と現世のすべてのつながりを知ることができたなら。お互いの進歩のための、人類の一人一人を結びつける関係の広さを、一目で見ることができたなら、創造主の善意と英知に大いに感心するでしょう。神はあなたたちがいつか神のもとにたどり着くことができるように、生まれ変わることを許すのです。




以上の洞察は、
お釈迦様のように悟りを開かれた方が、三世を見通す力を得られて、ある人と別の人の魂同士の関連をつぶさに見たりしたら、

その摩訶不思議な人間同士の結びつき、縁の不思議さを、しみじみと感じられるものなのかもしれません。
仏神が創られた慈悲と愛の世界、そこにある善意と叡智の限りない深さに、感嘆の思いを抱かざるを得ませんね。

人間はそうした世界の中で、転生輪廻をし続けて、愛を学んでいる存在なのではないでしょうか。




ブログパーツ
posted by ガンレオ at 08:36 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする