2017年02月24日

【レオ】楽しい時も、苦しい時も、流れ去ってゆく時の中にある … 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!




楽しい時は、ずっと続いてほしいものだと思うけれど、
そうは行かずに、流れさってゆく。
楽しい時ほど、あっという間に、流れ去ってゆくようにすら感じるものだ。


ふつうの日々は、ふつうに流れさってゆく。
毎日毎日のルーティンをこなす時間は、平凡な日々だ。
平凡な日常は、当たり前のように繰り返され、現れては過ぎてゆく。


厄介なのは、苦手なことが眼前にあらわれる時 … 。
明日は〇〇があって嫌だなー。明日が来なければいいのに … 。
なんて思ったことは、ありませんか?

けれども、そんなイヤな日であっても、待ってはもらえず、
明日が来ると、遠慮なく目の前に現れてくる。
厄介ごとの真っ最中には四苦八苦で、人は夢中で頑張るしかない。


けれども … 、
そうした厄介な時間であっても、やがては過ぎ去ってゆく。
その一日を頑張って乗り越えれば、またふつうの明日がやってくる。
休息のとき、やすらぎの時、楽しい時が、またやってくる。

時は過ぎ去ってゆく。目の前に現れては過ぎ去り、
人は、永遠の時を生きてゆく。

困難を乗り越えたとき、
人は新たな力を手に入れているものだ。
厄介ごとは、努力して乗り越えるうちに、いつしか苦手なことではなくなっている。
かつて苦手だった問題が、ふつうの問題に変わっている。
それは、自身が成長したから。魂の力が成長したからだろう。

だから、今度現れるときは、それは厄介な時間では、もはやない。
それは、ふつうの明日になっている。
苦手な問題が待ち受ける明日は、来なければいいのに、ではなくて、
なんの心配もない、ふつうの明日がやってくるだけのことだ。

そこにもはや、心配はないし、不安もない。

逃げていては、魂の力は成長しない。
苦手なことは、いつまで経っても苦手なことで、
いやな明日が来るのを、何度も怖れなければならなくなる。

しかし、その問題に挑戦して、克服した勇者にとっては、
魂の成長という褒美があり、
怖れていた明日が、怖れる必要のない日々に変化するという、
面白い体験が得られるものだ。

困難は、
自分の力を鍛えるための、肥やしであり、砥石であり、
人の魂を鍛えるための、課題に過ぎなかったことを、知ろうではないか。


人はそうして、永遠の時のなかを、生きている。
楽しい時も、苦しい時も、ふつうの時間も、
目の前に現れては、過ぎ去ってゆく。

諸行は無常である。
あらゆることは常ならず、流れ去って、時を刻んでゆく … 。

仏さまの創られた世界は、なんと素晴らしい世界であることか。
その世界の奥にある仏の慈悲を知ったとき、
人は、感謝の心を持たずに、いられなくなってくるのだと思う。

世界と、人々の存在と、仏さまの慈悲に、感謝して、生きよう。



('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 07:13 | Comment(2) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

【レオ】21世紀のルネサンスは、日本から起きる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!




イタリアの著作家モンタネッリの「ルネサンスの歴史」。
ひと頃、研究資料として何度も読み返して、線を引き引き読んだ本ですが。

これと、ブルクハルトの「イタリア・ルネサンスの文化」を合わせて参考資料として、自分なりにルネサンス時代のイタリアを理解しようと、反復学習をしました。20年以上前になるかなぁ(笑)。

で、その時に作った人物生没年表が、このあいだ部屋を整理していたら出てきました。

この生没年表の、いちばん最初に書かれている名は、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世ですね。
それから順に、後から生まれて活躍した人が、年代順にズラッと書かれている。ワープロで打ったんですが。

トマス・アキナスの名が早々に出てきます。この方が生きたのは13世紀です。
それからしばらく後には、ダンテの名が出てきます。ダンテは、13世紀から14世紀にまたがって活躍した著名な文人。
文人だけれども、上に紹介した著作では、最初に登場するのは政治活動においてでした。
イタリアの有力都市フィレンツェにおいて、皇帝派と教皇派に分かれての派閥争いが盛んで、ダンテもそうした政局の中で活動していたんですよね。
しかしダンテの政治活動は失敗し、国から追われて、流浪の身となる。その流浪のさなかに書かれたのが「神曲」です。

そんな感じで、当時のイタリアの政治動向や、経済発展と絡めて、文化と芸術がいかにして花開いていったかの流れがある。
ルネサンス時代には文芸復興があり、芸術が花開いたというけれども、そうした文化が花開くためには、パトロンの存在が欠かせませんね。あとは芸術をバックアップするための資金がいる。商売で大成功した豊かな人たちが芸術のパトロンとなって初めて、経済繁栄と文化の興隆が同時に起こり得たのですから。

日本は長引く経済不況で … とはいっても、世界の国々の中では、これほど経済的に大成功した国家はないわけで、そうした国に、偉大なる芸術が花開かないわけがない。

ということで、ルネサンスの再来が、この日本で起きるのは理の当然。
かつて、ルネサンス時代に活躍した多くの芸術家や建築家、その他の文化文明の担い手たちが、いまの日本を選んで転生してきても、なんの不思議もありません。

そういえば、キムタクの守護霊も、ルネサンス時代のイタリアに出て、絵を描いていたみたいなことを確か言っていたような、そんな覚えがありますが。

いま盛んに収録開示されている芸能人の守護霊霊言の解説でも、また「ルネサンス」の言葉が出ていましたね。

芸能界の闇を暴く!!
そこに存在している闇の世界を、神の光によって照らし出し、浮き上がらせているのが、いまの段階であって、
その後に来るのは、神が創り出す、真の芸術の繁栄になることでしょう。

さきにあげた紹介本には、無数の有名人が出てきますが、章立てにおいて、そのものズバリ、人名がタイトルになっている著名人を列挙すると、

ダンテの次に来るのは、ペトラルカ、ボッカチオ、になります。
わたし、ペトラルカの評論、大好きです。

この後に来るのが、教会の分裂時代ですね。それからミラノやヴェネツィア共和国の物語や、スフォルツァ家の話などが出てくる。
ルネサンス時代に大きな地位を占める諸都市が、次々と力を持ってゆく歴史が語られている。
フィレンツェの支配者は、かの有名なメディチ家ですね。コシモ・ド・メディチと、その孫ロレンツォの活躍。

こうしたルネサンス・イタリアの勃興と時を同じくして、東ローマ帝国がついに終焉を迎える。
コンスタンティノープルの陥落 … 。
イスラム教を国教とするオスマン・トルコが来襲し、西ローマ滅亡後1000年近くも持ちこたえていた東ローマが、ついに滅ぼされてしまう。この時の戦いは、凄まじい戦いだったことが、絵図を見るとわかります。突端に城壁で囲まれて築かれた難攻不落の大都市が、海と陸、全面をオスマン・トルコの大軍に囲まれて、籠城戦を戦うが、ついに力尽きて、敵軍の侵入を許してしまう。
キリスト教色で作られていた建物は破壊され、イスラムのモスクと入れ替わってゆき、ここはトルコの首都イスタンブールとなる。
わたしにとっては、この戦いも非常に興味が強くあって、気になる歴史の一大事件ですね。

そして、アメリカ大陸の発見。

後半期には、宗教改革で活躍した巨人が、たくさん出てきます。

サヴォナローラに、ウィクリフ、フス、ルターにカルヴァン。ツウィングリ。
「黄金の法」に登場した光の指導霊に、霊言でもその名が出てきた天使たちが沢山います。当会の職員に、こうした方々の転生者がすでにいること、信者の皆さんなら御存じのことかと思いますが。

政治家というか国王としては、フランス王や神聖ローマ皇帝たる、ハプスブルクの皇帝とか、そういう存在も大きいですね。
政治と軍事、これと並行して、宗教改革、芸術家の活躍がある。
マキャベリが現れ、画家ではレオナルド・ダ・ヴィンチに、ミケランジェロ、ラファエロが出てくる。
宗教改革に対する反・宗教改革の旗手が、カトリック側からも出てくる。ロヨラを初めとするイエズス会の伝道者たち。ザビエル。

ルネサンスの一番最後に出てくるのが、ジョルダーノ・ブルーノですね。
宇宙は無限であり、他の天体にも別の生命存在がいる、と語り、コペルニクスの地動説を支持したりした異端の罪で、火あぶりの刑にあって処刑されてしまう。
宇宙人リーディングの先駆けとも言えるような、あるいはSF小説の宇宙人物語にもつながってゆくような、ブルーノの主張が叩かれていた時代でもある。

このルネサンス時代は、中世を一極支配のもとに置いていたキリスト教からの離脱、という意味合いもあったけれども、芸術家が描いたのは宗教画ですからね。単なる宗教否定ではないことを知らなくてはいけないでしょう。
ミケランジェロに天井画を描かせたパトロンは、カトリックの総本山ローマの教皇だしね。
宗教改革は、キリスト教の否定ではなく、キリスト教の改革。真の宗教を知るべきだ、という、すべてのヨーロッパ人への宗教の解放だったはずですね。

そういう意味であっても、いま日本で行われている、幸福の科学による、宗教改革、政治改革、経済繁栄のための提言、幸福実現党という政党の立党。
それから、幸福の科学学園とHSUの設立を中心とした、教育改革。
そして今、改革の端緒についたとも言うべき、芸術改革。芸能方面の改革などは、まさにルネサンス改革の象徴とも言うべき、真の芸術、神の芸術の開花のために、前準備なのではなかろうか。

そんな風に感じながら、ルネサンスの再来が、いま日本に起ころうとしているのだということを、感じるものであります。

ダンテは七大天使の一人でしたよね。その天使の名が、とある霊言で出て来ていたでしょう?
その他、当時、ルネサンスのイタリアで活躍した人が多く、すでに、いまの地上に生まれていることを、わたしたちは知っている。
楽しみな時代がやってきたと、そう思うべきなのではないでしょうか。

願わくば、そのルネサンスの繁栄を、担う側の人間として生きたいものですね。
反ルネサンスの側にまわって、神の世界計画に反対する側の人間になど、決してならないように、注意しましょう。


('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
posted by ガンレオ at 16:40 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする