2017年02月24日

【レオ】サイコパスについて その2 〜まさに、ぽん吉そのもの〜

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!





サイコパスの場合、「私はあなたを愛している」と言う時と「コーヒーを飲みたい」と言う時で、なんら脳波の動きが変わらなかったのです。


 


要するに、愛の言葉をささやいている<つもり>に過ぎなくて、機械的に<愛>という言葉を使っているだけ。それがサイコパスならではの特徴なのでしょう。


愛を打算で使って、異性を騙す結婚詐欺だとか、そういう犯罪者ですね。


 


サイコパスは「こういう状況では、他人はこう感じ、こう考えるものらしい」と、テストの答えを探すように相手の気持ちを読解し、操るのです。  

サイコパスは自分に共感性がないことに、薄々気づいてはいます。そして、他者に共感的なふるまいをまったくしないと自分にとって不利になるということを頭で理解しています。そのため、他の回路を使って対応するのです。

 


 


アダム・スミスは「道徳感情論」という著作で、道徳的行為は、共感にもとづくと述べていますが、


サイコパスには、この共感能力が無いわけです。本当の意味での、他者への愛情だとか、そもそも関心すら無い。


彼らにあるのは、極度な自己愛と、自我我欲、自分勝手な欲望でしかないのだから。


 


けれども、そんな彼らであっても、見せかけ上は、他者への優しさを見せないと、自分に不利になる、ということはわかっている。あるいは、優しい<ふり>をした方が、他人をうまく騙せる、ということは知っている。


老人を詐欺で騙す犯罪者とかいますね。優しげに近づいていって、言葉巧みに欺いて、老人たちから金をだまし取ったりする詐欺犯罪者。典型的な、自己中サイコパスといっていいでしょう。


こういう、道徳観念の欠落した、他者の苦しみに無関心の自己中人間こそ、サイコパスの特徴でしょう。


 


彼らは、他者への愛を、打算の上で叫ぶかもしれません。他の人への愛のために、自分は生きている、とか何とか。


けれども、その本心は、まったくそんなことには無頓着で、そうした方が自分に有利か、不利であるか、という打算的な判断でのみ、そうした見せかけの愛を演じているに過ぎません。


 


ただし、サイコパスは徹頭徹尾自己中心的で他人のことを一切かえりみない、ということではありません。  

サイコパスも「こいつは自分の仲間だ」と認めた人間に対しては「たとえ自分の損になっても人のためになる」ことをします。仲間が得をすると、自分も間接的に得をすることを知っているからです。

 


 


これまた、友情的<疑似>行動ですら、彼らは行なう、とのことですが、


やはり根本にあるのは、打算ですね。自分に利害のある味方に対しては、応援することがある。


けれどもそれが真の友情でないことは、自分にとって付き合う益がなくなった途端に、その相手との関係を断ち切る自分勝手を見れば、簡単にわかります。


どこぞのP吉は、かつてのお仲間を、関係が深いあいだは応援しながらも、自分と立場が変わったら、あっさり見捨てて罵っていました。


結局、こういう手合いのサイコパスにあるのは、自己中精神のみであって、他の人との真の友情など、結びようが無い、ということでしょう。


 


こういう人が地獄に堕ちると、孤独地獄、無間地獄というところに堕ちることになるのだと、わたしは推定していますが、


肉体に宿っているあいだに既に、その人生は<孤独地獄>なのかもしれません。


 


その証明として、著書にも次のような指摘があります。


 


サイコパスも悩み、苦しむことは当然あります。  彼らの悩みとは、いったいどんなものでしょうか。  

中国の武漢大学の研究チームが2015年に発表した研究論文によれば、サイコパスの一番の悩みは孤独感が強いことだそうです。彼らは、なかなか他者との信頼関係を築きにくい面があります。信頼関係を築けたと思っても、人の痛みがわからず、サイコパス特有のふるまいが一般人の感覚からは外れたものに見えるせいで、一時的な関係性で終わってしまいます。  

自分の周囲から、人が離れていってしまうことが繰り返されると、徐々に「人間関係は短期的に終わるものだ」ということを想定して行動するようになり、ますます破綻を招く──そうして孤独感を募らせていくようです。誰も自分のことを理解してくれない、と。  

他人に共感できない人間なのだということが周囲に知られたら「あいつは危険だ」と思われ、ますます孤立を招きかねません。カミングアウトするのも難しいのでしょう。

 


こういう説明を読むと、彼らは憐れむべき、同情すべき人間なのかな、と錯覚してしまいそうですが、 そういう孤独を作っているのが、まさに自分自身の<自分勝手な心>が原因なのですから、自己反省して、その自分勝手さを改めるしか、この重い病を治す方法は無いのです。


 


勇気を持って、自分のエゴと対決し、それを脱却しないといけない。


 


仏教で教わる<無我の教え>は、そうした自己中、エゴの心を離れるために、もっとも優れた教えといっていいのではないでしょうか。


 


 


('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 15:03 | Comment(1) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レオ】良心を持たないサイコパス

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!




「サイコパス(文春新書)」から、興味深い箇所を抜粋紹介しようと思います。



ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。ウソが完全に暴かれ、衆目に晒されても、全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。
((中略))
精神医学ではサイコパスというカテゴリーではなく、「反社会性パーソナリティ障害」という診断基準になります。




サイコパスというのは通称で、精神医学の専門用語ではないそうです。
反社会性が著しい性格の持ち主であり、そういう精神障害を持った人物、ということになるようです。

しかし障害だからといって、同情的に扱うだけでは済まされないところがありますね。
なぜなら文中にあるように、彼らは「ありえないようなウソをつき」「考えられない不正を働いても」平然としているからです。
こんな迷惑な人間を、放置しておくわけには行きませんから、やはりその異常性は暴露して、医者にかかってもらわないといけません。



近年、脳科学の劇的な進歩により、サイコパスの正体が徐々にわかってきました。脳内の器質のうち、他者に対する共感性や「痛み」を認識する部分の働きが、一般人とサイコパスとされる人々では大きく違うことが明らかになってきました。




脳を原因とするのは、間違いでしょう。それは唯物論、唯脳論の立場から考えているから、脳が<原因>だと勘違いしているのであって、実際は、脳の問題以前に、魂の問題がある。
その肉体に宿っている<魂>の方に問題があるから、そうしたサイコパス傾向を持った人間となっている。サイコパス脳になっている、ということではないか。

その意味では、脳は原因ではなく、<結果>ですね。サイコパス魂が宿った脳であるがゆえに、他者への共感性を示すはたらきが欠落している。脳のその箇所が働いていないというのは、魂に共感能力が欠けているからでしょう。
脳はあくまでも、魂の道具でしかないので、脳に表れる特徴は、その魂の特徴の結果でしかない。原因は、その魂の成長度合い、未熟さにこそある、というのが真実でしょう。



サイコパスの特徴をいくつか挙げてみます。

・常習的にウソをつき、話を盛る。自分をよく見せようと、主張をコロコロと変える。
・ビッグマウスだが飽きっぽく、物事を継続したり、最後までやり遂げることは苦手。
・傲慢で尊大であり、批判されても折れない、懲りない。




ひじょうに納得性のある、特徴の列挙ですね。ズバリそのまま当てはまってしまっている人物を、わたしは知っています(笑)。
これに該当する人物が、他にもいますね。

問題なのは、こうした特徴の背後にあるのが、強烈な自己中意識、エゴ肥大、ということでしょう。
要するに、自己中心、自分勝手、自分さえよければいい、そうした自分が自分がという、自分中心の世界観を彼らは持っている。
よく、地球が<自分を中心に回っている>と勘違いしている、自己中人間が世の中にはいるものだ、と言われますが、まさにこうした人物こそが、サイコパスである、ということです。



このようにサイコパスは尊大で、自己愛と欺瞞に満ちた対人関係を築き、共感的な感情が欠落し、衝動的で反社会的な存在です。また、無責任な生活スタイルを選択するといった傾向があります。




サイコパスは自己中心なので、基本、他の人に関心が無い。関心がないからこそ、他の人に共感的な態度を持つことがない。ゆえに、他の人の心がわからない。感じ取れない。
ということではないかと思います。

他の人のことを考えないから、自分勝手な行動を取り、それが結果的に、社会のルールを無視した異常行動、という行動パターンになるのでしょう。
傍から見ると、デタラメで滅茶苦茶な生き方をしているように見える。無責任な生活態度、というのも、これでしょうか。

彼らは、自分勝手であるがゆえに、社会のルールを無視した、反社会的な行動を平気で取って、しかもそうした行動を取りながら、自分が悪いことをしているという自覚がない。



普通の人はそういう反道徳的な行為をしません。やらない方が安全だからです。通常は「安全だ」という判断すら意識に上ることはなく、自動的に「うしろめたい」といった気持ちが生じ、その行為にブレーキがかかります。




ふつうの人は、ルール無視の反道徳的な行動はしませんね。
そんなことをしたら、多くの人から嫌われて鼻つまみ者になってしまうことを、常識的に理解しているからです。
そもそもわざわざ、そんな反道徳的なことをやろうと思う以前に、良心の声をきちんと聞いて、そんなことはしてはいけない、とわかっているからです。

この著書には、他にも興味深い指摘が多数あるので、一部抜粋して、列挙してみましょうか。



サイコパスは、他人がどうなろうと、その相手を思いやるということはありません。

他者への共感性や思いやり、恥の意識、罪の意識がすっぽり欠落しているのです。

サイコパスが犯罪を行う場合、しばしば「スリルの追求」が動機となります。




サイコパスは、他人への関心が無く、自分への関心ばかりで生きている自己中心者なので、
他人に嫌われながらも、自分が注目されることを望んでいるのでしょう。
だから、悪さをしてでも、目立ちたがったりもするわけです。

相手にされない「無視」が、いちばんイヤなことであって、無視されるくらいなら、悪さをしてでも注目を浴びたいという、屈折した心理も持っているかもしれません。
人間としては最低の生き方ですけれどね。哀れな話ですが。

そうした動機があって、悪さを行なう。
悪さを行なっておきながら、そのことがバレないように隠ぺいしたりして、そのバレるかバレないか、糾弾されるかしないか、といった瀬戸際の悪事を行ないながら、そのスリルを楽しんでいるのかもしれません。
これまた、屈折した異常者の心理と言うしかありませんけどね。
そのスリルを感じる心も、自分勝手な自己中の好み、願望に過ぎないという意味で、やはりサイコパスは自分中心の哀れな人間、ということになりそうです。



社会通念上「普通の人はこういうことをしない」とされている倫理的なハードルを、サイコパスは平気で乗り越えてしまう、というより、ハードルなどもとから存在しないかのように振る舞う。




ふつうの人が、当然守るべきルールだと思っている、社会規範や倫理を、サイコパスは守りません。
平気で破って、平然としている。というか、ルールやハードルがあることを知らないかのごとく、振る舞っている。これまた、あまりに自己中であるがゆえに、自分にはルール無用、とでも思いあがっているのかもしれませんが。



普通の人は「自分も他人も、普通はルールを守るだろう」という性善説を信じて行動しています。「ウソをついてはいけない」とか、科学者であれば「科学的なプロセスを踏んだ結果しか許されない」といったルールです。




彼らサイコパスには、性善説は通用しない。本性が善であるというには、彼らの性質はあまりに自分勝手で邪悪であるがゆえに、韓非子流の性悪説でもって対峙した方が、彼らのようなサイコパス相手には適している、とさえ思います。
悪の危険性が高い人物に対しては、悪に対する防衛が必要ですね。北朝鮮のような横暴な国家に対しては、その性は善である、と楽観的に捉えるのではなく、危険な悪と捉えて、対処法を考えた方がいいのと一緒でしょう。



そうしたルールを平気で無視し、しかも一抹の罪悪感も抱かず平然としていられる人間に対しては、ウソや不正を見抜くことはなかなか難しい。




悪人は、善人なら言わないようなウソを平然と言うので、彼らのウソを見破るためには、それなりの見方が必要なんですよね。
常識では考えられないような嘘でも、彼らは平然とつくのだ、ということを知っていなくてはいけない。その理解のもとで対処しなくてはならない、ということです。


 … 続く、かも(笑)。




その他の参考文献;

「診断名サイコパス」 ロバート・ヘア
「良心をもたない人たち」 マーサ・スタウト
「犯罪の心理学 なぜ、こんな事件が起こるのか」 中村希明
「平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学」 スコット・ペック
「なるほど!とわかるマンガはじめての嘘の心理学」 ゆうきゆう
「面白いほどよくわかる!犯罪心理学」 内山絢子

大川隆法総裁先生の著作多数 … 。などなど。




ロバート・ヘアの著書は随分以前に読んだのだけれど、ネット上で、常習的な嘘つきに多数遭遇したので、ウソをつく人の心理状態はどういうものなのか、を知ろうと思って、ちょっとばかり乱読・研究してみました。
今後も、このテーマは研究の余地あり!!ですね。


('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
posted by ガンレオ at 08:01 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする