2017年04月17日

【レオ】ハイエクとソクラテス

近代に出た経済学者ハイエクと、古代ギリシアの哲人ソクラテス。


 


大川隆法先生による当人の霊言によれば、この両者は同じ魂の転生の姿であるという。


 


そう言われて、なるほど、言われてみれば、似ているな、と思える人、どれだけいるでしょうか?(笑)。


 


二人とも頭がいい、なんて理由ではダメですよ。頭がいい人なんて、歴史上いくらでもいるんだから。


 


わたしは先ほど、渡部昇一さんの著書を読み返していて、ある文章を読んでいたら、「あー、なるほど、ここか。」と、えらく合点がいってしまったので、せっかくなので記事に書いておきます。


 



法的枠組みにおいて強制力が行使されてはならないという、いわば否定の論理がまず先行することをハイエクは強調します。本書には書かれていないけれども、ハイエクが日本に来て講演したときに、「自由主義の法律はDon'tであるべきである。であってはいけない」といいました。  

ハイエクが是認する法律の特色は「否定」です。「これこれをせよ」という法律ではなく、「これこれすべからず」という法律を求め、否定されていること以外はやっていいというくらいでないと、自由主義ではないというわけです。


 


ハイエクは、統制経済・計画経済の社会主義を批判しました。


そして、その対極にあるものとしての、自由主義を強く勧め、アダム・スミス以来の自由主義経済こそが本道である、と述べたのだと思います。


 


自由、自由、自由。


 


自由であるためには、強制や決まりごとは極力少なくしておかないといけない。または、あれをやれ、これをやれ、といった強制的な行動指針を持った法律を、たくさん作ってはいけない。ということですね。


 


基本的には、大きな枠組みの中で、たとえば国家という大きなシステムの中では、


最低限、これはやってはいけないよ、という最低限の決まり事、ルールのみを課しておき、


それを逸脱しない限りにおいては、出来る限り、自由であるべきこと。


 


こういう考え方が、ハイエク流の自由主義でしょう。


 


むろん、それは、何でもかんでもやっていい、無制限の自由ではないのは、言うまでもないことです。


言ってみれば、崖から転落しないための柵は設けられていて、そこから外に出たら危ないから、柵は設けるよ。


けれども、その柵の内側では、どんなことをしてもいいですよ、自由ですよ。ただし、他の人には迷惑をかけないようにね。


 


そういった、最低限の防波堤は作った上での、自由、ということでしょう。


 


だから、引用文にあるように、ハイエクは、


 


 


「自由主義の法律はDon'tであるべきである


 


と言い、さらには、


 


「これこれすべからず」という法律


 


 


にのみ抑えるべきであって、その最低限の戒めのみを守れば、あとは出来るかぎり自由にしてよい。


それが、ハイエク流の自由ですね。


 


最小の「戒め」を持った、大いなる自由、とでも言うべき立場でしょうか。


 


 


ここまで解すると、これは、ソクラテスにまつわる、とあるエピソードと非常に似ていることに気づきます。


 


そう、あの、ソクラテスの守護霊であるダイモンですね。


ソクラテスの守護霊ダイモンは、ソクラテスに対して、


 


〇〇〇をしてはいけない。


 


という風に、それはしてはいけない場合には注意したけれども、


それに違反しない限りにおいては、ソクラテス本人の自由意志と決断に、すべてを任せていたように思います。


 


ソクラテスの守護霊ダイモンこそは、まさに、ハイエクの言うような、


これだけはやってはいけない、けれど、それ以外なら貴方の自由にするがいい、という考えをそのまま、指導方針としていた神霊ではないでしょうか。


 


幸福の科学の霊査によれば、この守護霊はアポロンだった、と以前、言われていたと思います。


魂の兄弟ではないのでしょうけれどね。如来同士の指導関係なので、別の神霊が、ソクラテスの指導に当たっていた、ということなのでしょうか。


 


いずれにしても、


最低限の「やってはいけないこと」のみは指摘するが、


それに違反しない限りにおいては、人間は自由である。


ソクラテスよ、貴方も自由である。あなたの判断で考え、決断し、行動しなさい、ということだったのでしょうか。


 


あれをせよ、これをせよ、という指示だし指導では、地上の人間は、守護霊の操り人形の如くになってしまい、自分で考えることを辞めてしまうでしょう。


なんでもかんでも、守護霊にお伺いを立てて、指導されるがままに動くのでは、自由な生き方とは言えないし、魂の学びもない。


 


これは、自由主義という政治思想、経済での考え方にも、そのまま適用されるのではないだろうか。そんな風にも思います。


 


人類は、自由の解放に向かって、歴史の歩みを進めてきたけれども、まず初歩の学びとしては、何をしてはいけないのか、ということを学ぶ必要があったのかと思います。


 


思い返せば、ユダヤ教の十戒にしても、イスラム教の戒律主義にしても、仏教の戒律にしても、これをしてはいけない、という「破ってはいけない」ルールを、人々はまず学ぶように指導されていたと思います。


 


その上で、どのように生きればいいのか。


 


自由に生きる。


 


しかして、その自由の意義を知らず、またもや、間違った生き方を人はする。そこに新たな学びがある。


 


真の自由を知るために、最低限の制約、ソクラテス的Don’tがある。ソクラテスの守護霊が言った「〇〇〇をしてはいけない」という考えと、


 


ハイエクの、これこれすべからず、に反しない限りは、自由な経済原理を確立すべきだ、という考え方。


 


哲学と経済という、違った世界の話のように見えて、その実、その背後にある理念は、まったく同一の考え方によって貫かれているのではないか。


そんな風に、ふと思ったのでありました。


 


 


 




ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 17:14 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。