2017年03月05日

【レオ】「考える」ということ

総裁先生は「八正道の再発見」で、

反省が出来ない、出来ない、というけれど、
反省が出来ないのではなくて、それ以前の「考える」ということが出来ない人が、ほとんどなのである。
ということを、おっしゃっていました。冗談まじりですけどね(笑)。

要するに、自分の心を見つめて深く反省するためには、じっと静かにして、自分の心を見つめる時間を持たないといけない。
そのためには、集中力も必要だし、孤独な時間も必要だし、その孤独に耐える忍耐力も必要だし、それから、

ひとつの物事をずっと考える、考え抜くこと。すなわち「考える」という習慣を、まずは身に着けていないと、そもそも、反省行への入り口にすら立てない、といったお話です。

すぐにテレビをつけないといられない、誰かと話していないといられない、独りで黙っているのは耐えられない。などなど … 。
なにか、すぐに手を出して、刺激になる情報を求めて、新聞を手にしたり雑誌を手にしないといられない、じっとしていられない。
という性格では、自分の心をじっと見つめて観察する、どころか、ものごとを集中して「考える」力すら、まだ身についていないのだ、ということですね。

「反省」が出来ないのではなく、実はそれ以前の「考える」ということが、実はまだ出来ていないのである、ということ。

何かを見て反応して、いろんなことを思うのは、考えているのではなく、「反応」しているに過ぎないのだ、ということ。

「考える」というのは、そういうものではなく、
外的な情報に条件反射で、あれを思い、これを思いと、思いがポコポコ勝手に浮かぶ状態を言うのではなくて、

自分で意志して、これから5分後に、こういうことを考えよう、このテーマで考えてみよう、といった風に、自分の意志によって思考をコントロール出来ること。

外的な情報に振り回されている状態は、自分が主体性を持って「考える」レベルには、まだ達していない「反応」人生、ということなのでしょうね。

一方の、「考える」習慣を持った生き方というのは、自分で主体的に意志して、考えるテーマを決められる。自分でこれを考える、と決めた方向性で、ものごとを集中して考え抜けること。
そうした集中思考、主体的なる思考を、みずからコントロールできる状態だということ。


独り座して、黙考する、とか。
瞑想状態で、自分の心の奥深くにあるものに、思いを馳せるとか、そういったことは、

ひとり静かに、心を落ち着けて、自分の心にあるものに集中して、そこに何があるのかを、徹底的に観察することなくしては、出来ないことかと思います。


人は、外的な事物を見てばかりであったり、誰か他の人と話しているばかりであったり、あるいは、本を読んだり新聞を読んだり、テレビを見たりもそうですが、
そうした「反応」ばかりに時間を使っていると、自分自身の心と向き合う時間が無いし、そもそも、自分の心を知らずに生きている人が、相当数いるのだろうなぁと。
そんな風にも思いますしね。


なにも無いところで、たとえば目を瞑る、電気を消して、刺激物を消し去る。
その状態で、自分の心と、一時間二時間と向き合えるだろうか。
それだけの精神集中と、自分の中にある思考や思いにのみ目を向け、それを観察できるだろうか。
第三者の目でもって、自分自身の心と、対峙できるだろうか。

これが出来ないと、自分の心を振り返り見て「反省」する、ということは、なかなか出来るものではないのでしょう。奥は実は思っている以上に「深い」ということでしょう。


レオナルド・ダ・ヴィンチは、

立派な画家は、孤独でなくてはならない、と言っていたそうです。

そのこころは、

作品を創るときに、自分と語り合う環境を作るため、なんだそうです。
孤独でないと、自分自身が、自分のものにならない、と言っています。
人間は独りでいるとき、はじめて、自分を、完全に自分のものに出来る、と。
自分の心に何があるのか。
それを知るためには、孤独の時間がどうしても要る、ということなのでしょう。

優れた作品を残したいと思うなら、画家は自分と深く語り合いながら、作品の制作を進めるべきだ、と。

多くの人と付き合うことも大切だけれども、他の人たちの意見に振り回されてばかりいると、自分の心が何を願っているか、何を求めているかが、わからなくなったりしますね。
それでは、自分の心の奥から湧き上がるテーマ、心そのものが描きたいと思う絵が何であるかが、わからなくなる、ということでもあるでしょうか。

心を見つめる時間を持つ … 大切なことですね。





ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 15:46 | Comment(2) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

記事を見て、いたく同感です。

昔、「考える人になって!」の題で新聞投稿掲載されました。

その時言いたかったことが、「ほんとうに考えて発言、行動しているか」でした。

下記は、私が頻繁に用いているシオニストの世界戦略に書かれていたものです。


※※※※※※※※※※※※ 興味ある言葉 ※※※※※※※※※※※※

「100年前のユダヤ民族の「シオンの議定書(プロコトール)」の一節より 」

その国を我がものにせんとするならば、視覚文化を植え付けよ

視覚文化は反応の文化だ、動物と同じく反応する国民にせよ

思考力を失わせ、考える習慣の無い国民にするのだ

そうすれば、その国は、おのずと我がものとなるであろう

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Posted by phoenix at 2017年03月05日 17:29
お久しぶりです。

条件反射の『反応』人生を生きていながら、考えてると錯覚しているところが、怖いんですよね。

考えるというのは、そういう反応ではなくて、自分で基礎知識なり教養を積んで見識を持つ。
そして、自分の思考プロセスでもって、考えを明晰に論じられる。
そういった自己確認ができてないと、『考え』というレベルには実は達していないのだと。

ご法話で聞いたときは目から鱗でしたが、まさにそうですもんね。

反応文化はその逆で、思考の代替になっていない、低次の在り方だと、わたしも思います。
それを意図的に狙う存在は、人間の弱点を見事に突いてますね。でも、それに踊らされてはいかんなー。そう思います。
Posted by レオ at 2017年03月05日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。