2017年02月15日

【レオ】頭がいいなぁー、この人 〜わたしは軍師的な<頭の切れる人>が好きらしい〜

この記事はAmebaのLEOブログで書いただけで、ガンレオ共同ブログには転載してなかったので、遅まきながら転載しよう!!
清水富美加さんの過去世に、名軍師の過去世があると知ったので!

------------------------------------------------------------

LEOブログより転載、追記あり
http://ameblo.jp/space-people/entry-12204138002.html

頭の良さといっても、どんな点での頭の良さかによるので、一概には言えないと思いますが、

論理の切れやシャープさ、教養と思考力の深さ、鋭さ、そんなところで、頭いいなーこの人と感じた人はといえば、

ふたたび霊言に登場したキッシンジャー博士ね、この人の著作を読んだときに、頭いいなーこの人、と感じました。「外交」という分厚い本ですけどね。近現代のヨーロッパからアメリカまでを鳥瞰した外交史に脱帽です。

外交〈上〉 -
外交〈上〉 -
外交〈下〉 -
外交〈下〉 -

この翻訳を監修したのが岡崎久彦さんですが、岡崎さんの著書も読んでいて、頭いいなーこの人、と感じます。
二人とも、圧倒的な教養と、その教養をベースにして隙のない論理を立てて、結論をビシッと出してくるんですよね。しかもその結論も一つで決めつけたりはせずに、変数がある場合には、ケース・バイ・ケースで判断が違ってくることも踏まえて、論述してくる。

過去世を見ると、二人とも歴史に名を残す軍師なんだそうです。中国の歴史書に登場する方らしいですね。軍略家の頭の切れが、わたしは好きなのかもしれない。
そういう魂であって、今世は外交畑で働いたお二人ですが、外交の筋を読み取るためには、自分の国の情報と動きだけでなく、他国の動きやその奥にある動機も読み取れないと、その後の外交で取るべき道筋が見えませんから、相当の博識と洞察力、考察力が必要になるわけだから、頭が切れる人でなければ務まらないんですよね。

昭和の軍人で言うと、石原莞爾が頭いいなーこの人、と戦争論の講義を読んでいて思いました。論理の切れがある人って、わたしは好きなんだなーきっと。そういうタイプが頭がいいと感じます。

哲学書だと、プラトンの「国家」を読んだときに、問答に登場するソクラテスのセリフ、思考過程を追って読んでいるときに、なんてソクラテスって頭がいいんだろう。と思ったし、
それを整然と著述しているプラトンも同じく、あったまいいなーこの人、と感心しながら読んだものです。
知を極めるというのが、自分にとっては憧れなんでしょうねー。だから、アッタマいいなーこの人と思える人に出会えると、素直に衝撃を受けて驚き、感銘を受けるんでしょうね。

むろん、他にも数え上げればキリがないくらい、頭のいい人というのはいますけどね。
あげるとキリがないのであげませんが(笑)。

あーいたいた、盟友のガンちゃんね。

わたしが、ガンちゃん頭いいと思うよー、なにしろ何を言ってるかオレも理解できないくらいだから、と茶化すと、ぜってー思ってないだろ?!と返事してきますけどね。

真面目に褒めても信じてくれないんだけども、まぁー茶化すと、って書いちゃってるけど、半分は真面目に言ってんだけど、信じてくれない(笑)。

ま、冗談は置いとくとして、(・∀・) ← 冗談かよ!!

最初に、論理の切れ、と書きましたけど、論理的な思考力って大切だと思うんですよねー。

対談本でも総裁補佐先生が、数学などをやったことで論理的思考力を鍛えられたのかなーという話が、何度か出てましたけど、

縁起の理法といい、原因結果の連鎖といい、これを正確に読み解くためには、緻密に論理を辿れる思考力がないと、無理ではないかなーとやはり思うので。

まったくトンチンカンなものを原因だと勘違いしてしまったのでは、物事の正確な判断すら出来ないし、原因を究明して、それを改める作業もできない、要するに、反省も出来ないってことになりかねませんからね。

論理のつながりがない、論理が飛躍してつながっていない、なんとなくそんな感じがする、とかいうのでは、ちょっと思考力としては危うすぎるので、やはり緻密性が必要でしょう。

科学の勉強などをすると、本当の原因を突き止めるために、いろんな実験とか行いますからね。
Aという条件によって結果がどう違ってくるかを正確に判断するためには、他の条件(BとかCその他の条件)は同じにして、ただ一つの特定条件(A)の影響を観察したりする。それは実際に、器具を使っての実験もあるし、アインシュタインが行なったように、光速についての思考実験もありますが、

どのような条件づけのもとに、どういう結果が想定されるのか、とか。

その反対に、この結果を引き起こす原因は何か。
さまざまな原因が想定されるかもしれないけれど、直接原因はこれ、間接原因はこれこれ、それらが複合的に影響してどうこう、など、大きな問題になるほど、高度な思考力が要求される。

歴史の洞察にしたって、ローマがなぜ滅亡したのか、その原因を述べよと言われても、いろんな学説があるでしょう。
主原因はこれ、間接原因はこれ、等々。
その洞察の深さ、鋭さによって、説得力も違ってくるでしょうしね。
社会学においても、ものごとの原因を究明する思考力、知性は要求される。
それがないと、ある行為によって生じる後々の結果を正確に予想も出来ないわけだから、たとえば、思考力のない政治家が下手な政策を取ると、大変な失政を招いたりもする。

原子分子の理論を発見するまでの歴史だって、思考による考察が先行してますからね。
それぞれの元素の質量が決まっても、どうも測定値と数値が一致しない。これは何でだろう。単一で存在しているものと、ふたつの原子がくっついて一つの分子を作っているものがあると考えると辻褄が合う。酸素や水素は2原子で1つの分子を作っているに違いない。とかね。

こんな思考と測定による検証が行われて、目に見えない世界の探究は行われてきたわけで、ミクロはそうした細胞や原子の世界から、マクロは宇宙の起源と果ての話まで。

その最終回答はいまだに見つかっていないけれども、こうした科学の発展においても、高度な論理思考が要求される。直感だけではわからないし、説明になっているとは認めてもらえないのが、科学的思考というものですからね。やはり論理性が要求される。

幸福の科学の科学とは、物理学や化学といった具体的な科学という意味ではなくて、科学的な思考にも耐えうる、理証を持った宗教の教え、幸福論である、という意味だと思います。

この科学的な思考力は、自分個人の心の問題、その原因を精査し、正しい原因を突き止めるためにも必要だし、大きくは、社会の問題や世界の問題の、原因と結果の連鎖、それを読み解く力にもなるものでしょう。

そう、思うのです。

------------------------------------------------------------

以下、追記 <2017-2-15>


幸福の科学の霊言では、歴史上有名な天才軍師の名がたびたび登場していますが、そうした方々が現代に数多く生まれ変わっている。

過去の名が有名な人もあるし、現代への転生者が著名な知識人や政治家であって、その人の過去世を訊くと、「実は、あの有名な天才軍師が前世であった … 」なんて話が多いですね。

わたしは天才軍師に憧れるので、そうした過去世を持つ人が、現世においても頭のいい人だったりすると、その共通性に、とても感動するのです。

過去世を知らない時点で、わたしが愛読していた著作家の人たちがいるのですが、
この記事でも書いたように、キッシンジャー博士とか岡崎久彦さんね。このお二人は、先入観なしに文章を読んでも、圧倒的な教養力と、その教養を元にした切れのある論理的思考に、読んでいるだけで唸らされます。頭いいなー、この人、といって、感心しながら読んだものですが。

過去世の名前を知らずとも、今世のその人の識見を読むだけで、教養力と頭のシャープさはわかりますからね。匿名で書かれていてもわかりますよ。内容で判断する、というのはそういうことで、知名度で眩まされるのではなくて、中身そのもので良し悪しを判別するのが、真の読書力でしょう。

なので、自分が感心して読んだ人が、実は過去世の名軍師と聴くと、ああ納得!です。

明智光秀 … 。教養人で、智将ですね。信長や秀吉よりも、その教養は遥かに上で、知略の面でも別に劣っていたわけではない。
現在の評価では、主君への反逆者であって、旧い観念から抜け出せなかった古典的教養人で、それゆえ、時代の先を見ていた信長や秀吉のように、天下人になる器ではなかった、みたいに言われることもあるけれど、わたしは個人的には、明智光秀のような人物は好きだし、尊敬しますね。堅実な思考と、伝統を大切にする心は大切でしょう。信長暗殺は、やってよかったことだと、いまでも思っています。あの破壊者がそのまま天下を支配したら、恐怖政治の雰囲気が漂う国になっていたかも、と思いますから。

黒田官兵衛も出て来てましたね。息子の長政は、なぜか韓国の大統領に転生していたようで、同時代に父親の官兵衛は、日本の国で知識人として言論活動を行っていた。この方の思考もシャープで鋭いですよね。文章が簡潔で切れのいい調子で、国際社会の裏システムを読み解いて、とても勉強になる。

劉邦に仕えた天才軍師・張良も好きですし、霊言を読んだら、軍略の大要というか、やはりその智謀の元に何があるかの話は、読んでいてワクワクしました。

軍師の頭の良さというのは何でしょう。
自分の国がどう動くべきか、ということを決めるためには、主観的に「こうしたい」「ああしたい」なんていう欲求レベルで動いてるのではダメであって、国家同士の関係には、友好国や敵国の動向もからんでくるわけですからね。
自国の内情を知るだけではなく、敵国についても知悉していないといけない。そうした広い視野で物事を見る大きな目と、さらにそれらの細部にも目が行く緻密な観察力もなくてはいけないのです。
そうした識見の高さ、圧倒的な情報量・教養をふまえて、何がベストの対策なのかを考える、そして実行する。
彼を知り、己を知れば、百戦危うからず、という孫子の言の如く、
自分を知るだけでは足らず、相手をも知って、その上で戦う、戦略を練る。戦わずして勝つことが最良の戦略。
孫子の転生が、戦国時代最大の武将の武田信玄その人であることにも、納得です。

諸葛孔明の戦略を見破って、蜀軍を撤退させてしまった司馬懿仲達。司馬懿がそんなところにいたとは!!

それから、徐庶ね。あれは正史の方でも同じ話があるんでしょうか。演義の方の話なんでしょうか。確認していませんが。
最初、劉備のもとに、まだ孔明が現れる前、その直前の話ですが、徐庶という、これまた天才的な知略の持ち主が現れて、劉備軍の軍略を立てるんですよね。そしたら、敗けてばかりの劉備軍が大勝してしまった。
戦略というのはスゴイなー、という典型例ですが、このとき働いたのが徐庶ですね。そして初登場時には、ついに孔明という天才が登場したのか?という現れ方で、間違えられていたわけですが、しかし孔明に勝るとも劣らない天才だったわけです、徐庶自身も。

しかし、この徐庶が劉備側にいては厄介だからといって、魏は、徐庶の母親を捕虜にするわけです。母親思いの徐庶は、本当はそのまま劉備に仕えたかったのに、母を放置するわけにいかず、劉備の元を去って、魏に向かう。
その後は、やむなく魏に仕える生涯を生きた、悲しい軍師、それが徐庶という人ですが、この人が劉備の側にいたら、孔明や龐統と並んで「三大軍師」と呼ばれたことでしょうに。




ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 08:24 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。