2017年02月02日

【レオ】自分の頭と心でよく考え、自分の言葉で語ること(2016-09-22の記事)〜LEO幸福人生のすすめ、より転載〜

http://ameblo.jp/space-people/entry-12202356817.html

総裁先生の御法話テープをダビングしながら拝聴していたんですが、

他の人に真理の話をする際に、これを読めばわかります、では勉強が足りていない。やはりもっとよく学習して、自分の言葉で語って、オススメできるようにしましょう、というお話がありました。

とっさの場合に、手元にいつも適当な献本用書籍があるわけではないでしょうから、相手に合わせて、その場ですぐに適切な真理の話が出来るよう、そのために日々の学習をよくやって、自分自身の言葉で語れるようにしておかないといけない
それが学習であって、そういう学習が出来ているからこそ、他の人に伝えられるのだということですね。
入会したての初心者は別として、何十年も真理を学んできたのなら、そのくらいの負荷を自分にかけて学ぶのは、当然の学習態度であると私は考えます。

真理の話を聞いていると、声聞の位にあるといいますが、聴いてるだけの段階は、学習ではなく、探究の段階なんですよ、というお話もありました。
皆さん、話を聞いていたら学習だと思っているでしょう、違うんです、これはまだ探究なんです。
話を聞いて、それを持ち帰って、自分でよく考えて理解するところまで行って、学習なんですと。そういうお話も出てきました。

やはり、単に一度聴いてそのまま忘れてしまったら、聴いたことはあるものの、何だかうろ覚えなので、自分の言葉ではしゃべれませんからね。

学校の勉強だって、授業で一回聴いたくらいで、自分でスラスラ語れやしないでしょうし、どの教科にしたってね。
授業で教わったら、家に持ち帰って、もう一度そこを振り返って復習する。何度も理解が行くまで、よく復習をして、ようやく身に付いてくる。
暗記ものにしても、式を覚えて応用力をつけるにしても、何度も反復練習と復習するのが不可欠だったはずで、真理の勉強ならなおさらですね。
一度聴いて、なんとなく話を聞いたので、情報が入った。だいたいこんな話だった。

では、ただの情報の受け取りに過ぎなくて、これをきちんと学習して、知識レベルにまでもっていかないと、自分で語れるような知識にはならないんですよね。
情報のままだと、時間が経つとどんどん忘れていってしまって、そんな話もあったっけなー。なんて言って、何か似たような話が出た時に、あ、聴いたことある、それ。くらいの認識で止まっていたりする。

智慧の法 (法シリーズ) -
智慧の法 (法シリーズ) -

「智慧の法」でもお話があったかと思いますが、さまざまな情報収集をしても、それを自分の頭でよく考え、心の中に落とし込むくらいによく理解しておかないと、自分の言葉で自由自在に語れるようにはならないですよ。
それは単に、情報の収集をしているだけだからで、自分の理解になるまで読み込んでないからであって、右から左に流してるだけでは、そこまでの力は出てこない。言論力は出てこない。
これは話す力もそうだし、ディベート力ですね、あとは、作文能力、書く能力だって、成長しませんから。

やはり聞きっぱなしの、情報をかき集めてるだけでは、不十分、ということでしょう。

何度も書いていますが、渡部昇一さんの師匠筋にあたる清水幾太郎さん、霊言でも出て来てましたが、この方は、読書は書くことによって完結する、自分で書いてみて、初めて読んだことの理解が出来るようになる、とよく述べています。
インプットだけでは独りよがりで、わかった気になっているだけで、実はあまりわかっていなかったりする。
それをアウトプットしてみると、初めて自分の理解の未熟に気が付いて、いっそう真剣に学ぶようにもなるし、アウトプットすることによって、自分の頭の中の整理も出来、復習にもなっているから理解が進むとか、そういう効果があるということでしょう。

学生たちに、読書感想文を書かせるのは、そのためだ、とのことです。
自分の言葉で書かねばならないとなると、人は真剣に読もうとするからで、効果がまったく違ってくるんですよね。

総裁先生は、最新刊の中でおっしゃってましたが、
「スマホではいろいろと調べられるので、非常にありがたいことだなとは思います。」といって、機械文明の発達をかならずしも否定はなされず、そのメリットも述べながらも、

ただ、こういうものだけでは情報源としては足りない、プロとしてモノを書くには、それ以外の周辺のきちんとした本も読まないと、勉強としては足りていない、とおっしゃっていました。
このレベルの情報だけに頼っていると、大学生の答案レベルのものしか書けないでしょう、とも。

誰もかれもがスマホやネットから情報を得るようになると、それは単なる未加工のデータ・情報でしかありませんから、それをどう見るか、どう判断するか、といったところまで踏み込んだ思考が出来なければ、どの人もみな同じようなことを言っているだけのコピー人間になりかねません。
そのあたりの危険性は考えていた方がいいといったお話を、総裁先生はなさってくれたのだと思います。

やはりこれは、情報レベル、データ収集レベルに過ぎなくて、自分で考えるところまでは行っていない、単なる情報収集の世界に過ぎない。
そこに留まってはいけなくて、自分で理解し考えて、自分の言葉で語れるようになってこその、学習なのだと思います。

個別性、特別性、という言葉もあったし、付加価値を生んでいるかどうか、という言葉でもって、やはり個性をもった各人の魂がある以上は、さまざまな勉強をしながらも、その人ならではのオリジナリティーのある考えの発信や、意見を持つための勉強が必要なのだなぁと、考えさせられました。

ネット情報は、単なる情報レベルのデータの散乱にすぎないものなので、それに振り回されすぎず、本当に役に立つ必要なデータをのみ掴んだら、あとは自分でよく考え、よく学び、自分の言葉で自由自在に語れるくらいの人間になろうと、努力することが肝要なのだと思います。


凡事徹底と静寂の時間 ~現代における“禅的生活"のすすめ~ (OR books) -
凡事徹底と静寂の時間 ~現代における“禅的生活"のすすめ~ (OR books) -





ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 11:11 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。