2016年11月27日

【レオ】貴方が(この世に)生まれてくれていてよかった。他の人から、こう言われることほど嬉しいことはないように思う。

「貴方がいてくれてよかった」

誰かの手助けをしたり、お役に立ったりした時に、上のようなお礼の言葉を言われることがあるでしょう。
むろん、その言葉にかかる思いの深さは、その状況や、その人の気持ち次第で深さはいろいろですが。

本当に苦境に立っていて、精神的にも物質的にも苦しいときに、誰かの手助けをして、その心の苦悩を取り除くために、お役に立てたときは、
本当に心からの「貴方がいてくれてよかった」という言葉が、人は出ますね。

わたしは、この言葉を言われたときほど嬉しく感じたことはない、というか、
他の人との交流のなかで、これは究極の言葉ではないかなぁー、とすら思います。

身内からも言われたことが何度もありますし、先輩や後輩からも言われましたし、知人・友人からも言われたことがあって、それはそれは、言われて嬉しい言葉「ナンバーワン」かもしれませんね。

なぜなら、自分という人間が、そこに存在したことそのものへの、感謝の言葉が聴けるのですから。
自分自身、ああ生きててよかった、この人のお役に立てて本当によかった。心からそう思える瞬間でもあるのですから。


真理を知っている人や、スピリチュアルの知識を持っている人の場合はさらに、

あなたが【この世に】生まれてくれていてよかった。あなたがいてくれて本当に助かった。神さまに感謝します。

というところまで行くでしょう。


人は、物質的に苦しむときもあるけれど、それでもその時に本当に苦しんでいるのは、心なんですよね。
物質的な欠如や不足が、未来への不安を生んで苦悩したりするけれども、そのとき苦しんでいるのは【心】なんですから。

だから、精神的なアドバイスや励ましによって、その人の心配を取り除いてあげる。大丈夫だよ、なんとかなる。不安な心に寄り添ってあげて、心が心を支えてあげる。励ましてあげる。大丈夫だよと応援して、自信を持たせてあげる。未来には希望がある。この苦難は一時的なもので、きっと乗り越えられる。
わたしに出来ることがあったら、手伝ってあげるから、安心してくれていいよ。

相手の悩みが深いほど、アドバイスをする私の思いも真剣で切実です。
いまの自分に出来る精一杯のアドバイス、知識を総動員してのアドバイスなのだから。
そこに生まれるのは、心と心が正面から向き合っての、本当に深い、魂の交流です。
単に、お金や物質的な援助ではなくて、心が心を助けようとの真剣勝負がその瞬間にはあるように思います。
自分の魂の力を総動員して、できるかぎりの、MAXの助言をしたいと思っている。その瞬間。
真摯な思いと、心からの共感があって、はじめてそれだけ深い、魂と魂の交流が生まれるように思います。


そのような心からの励ましと、支えの言葉が、悩める人の心に刺さった、不安や苦しみを徐々に取り除くことにつながってゆくのかなーと。
そして、その人が本当に納得して、ああ、なんとかもう一度がんばってみようと決意して立ち上がったとき、その人から出てくる言葉が、

「貴方がいてくれてよかった。貴方がこの世に生まれてくれていてよかった。助かりました。ありがとう。本当にありがとう」


という言葉につながってゆく。

この言葉を述べるとき、その人の心の中は、本当に心からの感謝の思いでいっぱいでしょう。
その人は、わたしに感謝しているだけでなく、その感謝の思いは、わたしを存在あらしめてくれている、仏さまにも、知らず知らず感謝をしていることになるんですよね。

相手への感謝は、仏さまへの感謝にもなっているのですね。
その人をこの世に生まれさせてくれたのは、ほかならぬ仏さまなのですから。
貴方がこの世に生まれて、いまここにいてくれたのは、仏さまのお蔭でもある。


こうして、人と人とのあいだに生まれる、助け合いと、感謝の思いは、仏さまへの感謝の思いとなって、天上界へと飛翔する思いともなってゆくのだと、わたしは思うのです。


願わくば、

自分の存在が、誰かの心の支えとなれるような、そんな自分となりたいものです。
心に針が刺さって苦しんでいる人、いま悩みの渦中にあって、どうしたらいいのかわからずに苦しんでいる人、それから未来に希望が見えずに絶望している人に、そっと寄り添ってあげられたら。
そしてその人に、癒しの言葉、励ましの言葉、勇気の言葉、そうした言葉をかけてあげて、弱った心を元気づけ、ふたたび立ち上がる気持ちを持てるように、支えてあげられたなら、
それが私にとって、もっとも大切な「与える愛」の実践かなと思うのです。

愛は、さりげなさの中にあり。
本当に、相手にとっての愛となったときには、自然と感謝の言葉が生まれてくる。
たがいを助け合い、たがいに感謝し合うところに生まれる思いは、仏さまへの感謝にも実はつながっている。


貴方がいてくれてよかった。

貴方がこの世にいま生まれてくれていて、本当に助かった。ありがとう。


234.png







ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 07:06 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。