2016年04月07日

【レオ】インターネットで使う時間

南原さんの霊言感想2では、

善いものだけを知って済むわけではなく、悪をも知っていないといけないのではないか、という視点を学びつつも、


一方では、カントの霊言からは、

インターネットは、有象無象の情報が氾濫していて、情報に振り回されてしまって、結局、多くの時間を浪費しているだけ。そうした危険性のことを書いてみましたが、


いずれの視点も加味しつつ、結論づけるならば、

やはり基本は、できるかぎり、良いものに触れるのが基本スタイルであるべきであって、情報の取捨選択、良質のものに感応する感性なり直観能力、あるいは識別能力ですね、判断能力。こういったものが大事であって、
氾濫する情報に振り回されない。自分にとって必要な、有益な情報や知識に集中して、みだりにあちこちに振り回されない。貴重な時間を有効に使う、大切に使うこと。

そのためには、きちんとした書物を読んだり、良き先生や友人などとの交流、アドバイスなどを受けたりして、自分自身の判断力自体を、日頃からよく鍛えておく。
あるいは、心の純粋性でしょうかね。良い性質のものには、共感を感じる感性を磨いて、一方では、悪しきものは自然と弾くような、そうした心によった正邪の判断能力が備わるよう、善き心をもった自分であるよう、心の調律を行なっておくこと。

知性・感性、いずれの能力によっても、善いものと悪しきものの区別は、行うことが出来る。
むやみに変なものに近づいたりしないよう、注意すること。

そんな視点からの注意点も、みずからによく言い聞かせておいた方がいいのかもしれませんね。

インターネットの利用がこれだけ普及しつつある以上は、完全シャットアウトの道を選ぶよりは、それとの良き共存方法を探るのがよいのかなと思いますしね。

ただしそのためには、ネットの問題点や注意点をも、よく理解しておかないといけない。でないと、知らず知らずのうちに、実は振り回されてしまうことにもなりかねませんから。

さまざまなネットニュースや、サイト記事、ブログ等、いろんなものにアクセスできるし、どこを訪問するかは、その人の判断次第、選択の自由ですが、
それらを選んでアクセスする上での、自分の判断の正否、判断能力そのものを、よくチェックした方がいいのかも。などと考えます。


わたしは、自分自身の立場でいうと、まぁ、書くのが忙しいので、そんなにあちこち読みにいったりする時間はないから、ロム専門の人とは逆に、書き専門というか、比重はそっちにあって、
読む方は、ふつうの書籍をたくさん読む方が忙しいです。から、ネット散策って、そんなにやれないし、記事のネタは、ふつうの書籍を読んでの感想や、それらを読んで思いついたこと、考えたことを書くのが、ほとんどですね。

最近は、ネット記事のコピペもほとんどやってませんが、それはそれらを読んでないから(笑)、他人の書いた記事やニュースを紹介してもしょうがないかな、といったスタンスに変わりつつあるから、でしょうかね。

やはり、オリジナリティーがあって、魅力のある記事を書いている人のブログなら、合間をぬって読みに行くこともあるけれども、
変な霊能信仰の妄想記事だとか、不平不満の屁理屈ばかりを並べているサイトだとか、そんなくだらないものを読んでる暇などないし、時間の無駄でしょう。
そんなことをしている時間があったら、自分の進むべき道をしっかり見据えて、きちんとした真っ当な勉強をしつつ、自分の考えをまとめた記事を書く方に時間を使わないと、もったいないですからね。

幸福の科学の公式情報や、リバティの記事で興味をひかれたもの、あるいは在家信者さんのブログでも、読み応えありの、勉強になる記事、面白い記事を書く人はいらっしゃるので、そういう記事はぜひ読みたい(笑)。

そんな感じで、時間の割り振りをよく考えて、ネットアクセスの時間を有効に、無駄な時間を極力なくすことが、振り回されない秘訣かもしれません。

むずかしいけどね。知らぬ間に、振り回されているから(笑)。




ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 13:02 | Comment(0) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。