2016年01月25日

【レオ】トンヌラブログ{「七の日日記」あらため「人間完成への長い道」}へ、救国のコウに関して答える

救国のコウなる人物は、以前の論争と仲裁の際に、
ピア健が釈明もせずにカテゴリから遁走、ぽん吉がブログを削除して遁走し、自分だけが孤立すると、
ようやくにして、アマミさんに事情を聞かせてほしいと、擦り寄ってきた人物です。

論争に勝手に参入して相手方に加担し、ガンレオを悪魔呼ばわりなど散々誹謗中傷しておきながら、
半年も経過して、そもそもの事情すら知らないとは、どういうことでしょう?
しかも仲裁者に事情を教えてほしいと擦り寄ってきましたが、仲裁者のアマミさんに事情を説明したのは、わたしレオであります
だいたいコウは当初から、ピア健擁護に走ったのだから、ピア健に聞けばいいでしょう?しかしピア健はその時点で、自分を擁護したコウやぽん吉に、経緯の詳しい説明すらせず、それどころか、知人であったはずのアマミさんにさえ、何らの説明すらせず、文句を言って遁走した人物です。だいたいお仲間のコウにも事情を説明しないのが、そもそもおかしいですよね。
救国のコウは、そのようなピア健を擁護し、ガンレオの説明を聞く耳持たず、最初から悪魔呼ばわりで罵倒してきた人物に過ぎません。(ちなみにぽん吉は、コウとまったく同じ立場で罵詈雑言をぶつけてきた共犯者です。ピア健擁護の名を借りて、日頃の不平不満・嫉妬から来る口惜しさをガンレオにぶつけてきただけね。

さらには救国のコウは、わたしレオがアマミさんに伝えた情報を、アマミさんから教えてもらうや、いったんは和解をするふりをしながらも、
あろうことか、ガンレオ側に条件を突きつけてきました
所属支部名と会員番号をガンレオは、ピア健と救国のコウに教えるべきである。それが和解の条件である、と言ってきました
追い込まれて困っているのは、救国のコウの方でしょう。孤立無援の状態で、だからアマミさんに擦り寄ったのではなかったでしょうか。
にも関わらず、そのアマミさん経由で、敵として罵倒してきた私レオの情報を抜き取り、それどころか和解に条件を突きつけてくるという、信じがたい行動を取ったわけです。追い込まれた側が条件を突きつけるなどは、あらゆる戦いにおいても有り得ないことでしょう。図々しいにも程があると言うしかない

本来ならガンレオの方から条件を突きつけてしかるべきところ、私らは単に、今後いっさいこちらへの誹謗中傷をしないのなら、こちらとしても批判はしない、とのみ述べ、アマミさんに仲裁を任せていたんですけどね。
それを会員番号、支部名を明かさねば和解しないと、この期に及んでも自分の立場もわきまえぬ、傲岸な態度に出たのが救国のコウなる人物です。非常識と傲岸不遜さにも程があるでしょう
ちなみにこの時点でもなお、度重なる誹謗中傷に関してガンレオへの謝罪は皆無でした。嘘を平気でつきながら、謝罪なしです。こんな人物をわたしらは信用する義理はございません。
というのが、わたしレオの見解です。

しかもアマミさんと救国のコウは、その時に、今後もうガンレオへの非難はしないという約束をしていたそうです。
その約束をも救国のコウは破って、数ヶ月後にガンレオへの誹謗中傷を再開しました。内容は、ランキング不正をしているブロガーがいる、ゲイ差別をしたブロガーがいる、といってガンレオを示唆して誹謗中傷したわけです。
いずれも事実無根の、捏造による嫌がらせですね。
それゆえわたしレオはふたたび、救国のコウを徹底批判しました。当然の正当防衛かと思います。

この時は豊川支部ブログさんが仲裁に入ってくれたので、わたしは批判を辞めましたが。
すると救国のコウは今度は、公式ブログが個人の信者を攻撃したといって、豊川支部ブログの行動が問題だとかいって、問題をすり替えて、ぽん吉とつるんで豊川支部さんを罵倒しまくりました。コメント欄で言いたい放題だった、あの救国のコウたちのひどさをご存知な方多いでしょう。
自分が約束を破って、他者への誹謗中傷を始めたのが事の発端であったにも関わらず、事態がこじれたら、豊川支部さんの行動が問題だといって騒いで、原因をうやむやにして問題をすり替えたわけです。卑怯なことこの上ない狡猾な仕業というしかないでしょう。

こうして救国のコウは、自分自身が何度も論争の発端を作っておきながら、しかも相手にひどい罵詈雑言を浴びせながら、反省の言葉はいっさい無し。
いまだにコメント欄で、ぽん吉の悪口雑言を垂れ流すままにしている、救国のコウを、信者だからといって優遇するいわれは全くない、というのがガンレオの見解です。
本来なら、救国のコウみずから、謝罪して、ブログを畳んでカテゴリから出て行くのが筋でしょう。恥を知るならそうすべきだと思います
コウのプライドなど知ったことではありません。好き放題の自分勝手をやってきながら、いまになって彼のプライドを尊重して、引き下がりやすくしてやる配慮をしてあげるほど、わたしは甘くはありませんし、彼のような人物にそのような甘さは、かえって危険だとさえ考えています。

ぽん吉の悪口雑言垂れ流しを放任する限り、子羊のピッポと救国のコウに対しては、徹底批判することを、わたしは辞めるつもりはありません


なお、七の日日記である貴方にも、一言申しておきたいことがあります。

あなたは、かつてのトンヌラ氏だと思われますが、いつも一方的に非承認希望の要求コメントをしてきて、こちらからの返事のしようもない発言を突きつけてきていましたが、
このような形で貴方が記事の形で、まるで幸福の科学カテゴリの監督者か、公正中立のような気分の、上から目線発言をしていることは、正直いって不快です

以前、救国のコウと子羊のピッポを批判するのを、やめてくださいと阻止に入ったのは、トンヌラ氏でしたよね。
それがしばらくすると、自分の判断は間違いでした。レオさんが正しかったです、すみません的なことを、やすらぎのガンブロのコメント欄に書き込まれていました。
あなたは判断を何度も間違えているのです。したがってよくよく考えてから発言した方がいいと、アドバイスさせていただこうと思います。

トンヌラあらため、ムエザという名にしたはずですが、また名前を変えたのでしょうか。
自分自身、ハンドルネームをコロコロ変えるようでは、他の人の変名を批判する資格がありません。批判するなら、ご自身もハンドルネームを固定にし、それを通すのが筋というものではないでしょうか

誰それの正体が○○である、と発言するのなら、証拠をそろえて反証不可能なほどに証明してから述べるべきで、勘や推定だけで決め付けるのは早計でしょう。
もし間違っていた場合、あなたはどう責任を取るおつもりなのでしょうか。そもそも、責任を取る覚悟があって、そういう名指しの決めつけと、かつ批判を行っているのでしょうか。

今回も、ワシさんと、へのへのさんが、それぞれヴィーナスであり、ぽん吉であろうと決めつけて、あなたは断罪しておりましたが、一人の方はあなたに対して文句を言っていますね。どう釈明されますか。知らんぷりですか。
(追記;わたしが見るところ、ワシさんはヴィーナスではありません、別人です。へのへの氏もぽん吉ではありません、別人です。ピア健は退会しておらず、退会した「ふり」をしているだけと私は読んでましたが、当たりました。あなたはピア健が退会したと思いこみ、ピア健に騙されて、その後の思考をくらまされましたよね。私は騙しであることを見抜いていましたので、くらまされていません。同様にして、上の別人判定も貴方の判定は間違いであり、わたしレオの判定のが正しいという自信があります。いずれ正解は判明することでしょう。
貴方はよく独りよがりの誤解をするので、念のために書いておきますが、別人だからといって、私はこれらの4人全員を擁護したいわけではありません。ただ別人であるから別人である、と言っているだけですからね。誤解なきように。それぞれの人の評価はまた別ですからね。わざわざ書きませんが。)


かようにして、あなたの発言も次なる問題を引き起こしていることを、お忘れなく

さらに追記しておきますが、これで最後です、このコメントを最後に去ります、ブログ村から離れます、あなた一体この同じセリフを何十回言いましたか?最後というのは、文字どおり<最後>という意味です。<また明日ね>じゃないんですよ。一度、最後と言ったのなら、男らしくその言葉通りに去って、二度と戻るんじゃないよ。と付け加えておきたいと思います。
ある時には、ブログ村に参加しているブロガーを見下すような発言をし、自分はもっと大きなことを目指していますとか豪語して去っていったはずです。だったら、そちらに力を注げばいいですよ。大勢を侮辱するような発言をして去っておきながら、何度も戻ってくる。正直あなたの、あまりに節操のない行動に呆れ果てています。
混乱を助長するような発言をするために、何回も何回も出たり入ったり、記事も書いてはすぐ削除。そんな貴方の発言にはまったく重みもないし、信用など失われてしまって、まともに耳を傾ける人ほとんどいないのではないでしょうか。
あえて忠告を追記しておきます。2016.5.18 追記


あらためて、救国のコウの問題に戻しますが、
この人物は追い込まれるや、エルカンターレ像を自分は持っている、といって、写真までをブログに貼って自己の正当化に走りました。
像やご本尊の所持は免罪符ではありません。所持しているから立派な信者の証となるもの、でもありません。
正しき心を見失って平然としている傲慢さの中に落ち込んだのなら、その人は立派な信者の名に値しないものとなります。
邪悪な言動を繰り返しておきながら、批判されるや、エルカンターレ像を持ちだし自己弁護に走るなど、醜悪の極みといっていいでしょう。わたしはそう思いますね。

以上が、救国のコウに対しての、わたしレオの見解です。
厳しすぎるでしょうか。愛はどこにある?と問うでしょうか?

わたしとしては、ここまで好き放題に、事実無根の中傷を繰り返し、しかも浅はかな理解で法を自己都合で勝手にねじ曲げ、それでもって自己の悪事は認めず開き直り、いまだにこちらを侮辱する救国のコウに、優しい態度を取る必要などさらさらない、というのがその答えです。
戦って叩きだすのみ、言論にて粉砕すべし、というのがその答えです。

ぽん吉の邪悪なる悪口雑言の垂れ流しを続けさせるかぎり、彼らに対してこちらが宥和的な態度を取る責任と義理はさらさらありません。彼らこそ自分らの非を詫びるのが先でしょう。

以上です。

最後にもう一言;コウ一派とガンレオとのバトルを指して、双方に悪魔が入ってそそのかしている、といったニュアンスの発言を貴方はしていますが、
私からしたら、貴方こそソレに惑わされて、コウ擁護に走っているんではないですか、と言いたいですけどね。
相手を許すべきと言うが、誹謗中傷をして一度も謝罪なし、反省の色もまるで無し、そんな状態であっては、あの世において、神さまの許しだって下りないのではないですか?
あなたの言う許しというのは、単なる甘やかしにしか思えないし、コウをのみ許し、ピッポとヴィーナスは別、というのはダブルスタンダードでおかしいでしょうが。
信者同士許し合うべきなら、ピッポとヴィーナスを例外にするのは、あなたの勝手な選り好みにすぎず、信者同士許し合うべき、などという最初の言葉自体、守っていないことになります。綺麗ごとばかり言って、誤魔化すのは辞めていただきたいと思います。




ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 09:15 | Comment(4) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エル・カンターレ・ファイトを受けたら、
光の指導霊も吹き飛ぶ記事を読んでいて、
大笑いしちゃったんですけど、
ヒントはこのサイトにあったんですね。
吉本新喜劇なら(関西人なら)ずっこけるシーンですね。(笑)
なんだか説法したい心理が見え隠れするし、
主の教えを上から目線ですし、
歪んだ解釈の裏には幸福の科学以外の霊的知識なり、
信仰があるのだろうかと思えてきます。
この問題に出会うまで、間違った場合は素直に反省し、
互いに許し合うという認識だったので、いやはや驚きです。
素直な信仰が一番ですね。
Posted by のあちゃびん at 2016年05月14日 19:23
そのトンデモ発言をしたのは、子羊のピッポという人ですけどね。

自分の指導霊は、幸福の科学の指導霊団であると豪語してるんですが、

エルカンターレファイトを誰かにされて、自分の指導霊の霊体が吹き飛んだことがあるそうで、その後、霊界に行って光を浴びて修復したとか、アホな発言をしていました。
吹き飛ばされるって、そりゃ悪霊だろ?と。

インチキ高級霊霊言のところに出入りして(仏陀やオフェアリス神が降臨とかいって霊言を発表)、それを支持したのが、この子羊のピッポや救国のコウ、ぽん吉、ピア健らの4人組でして、

それに対して、批判して否定したのが、わたしレオやガンちゃん、アモ〜レさん、アマミさん、ひでさん、平成松下村塾さん、トンヌラ氏、その他、まともな側の人たちです。
そういう関係図になります。念のため書いておくとね。

どちらが正しい判断をしているか、言うまでもないかと思いますが、笑。
Posted by レオ at 2016年05月14日 20:03
なるほど、そういうことでしたか。
インチキ霊言のところに出入りしてって、
もしかして、幸福の科学カテゴリーの中にあったサイト???
最初の頃、幸福の科学カテゴリーをお気に入りにしていたんですが、
アンチ系やら、危ない霊言ブログを目にして、
レオさんのブログをお気に入りして、
そこからアモ〜レさんやら、アマミさんのブログ等を
見るスタイルに変わりました。
普通は気分が悪くなるんですけどね。
実はレ○○○ル○○○○○も、幸福の科学で触れられる前に
判定は判っているのに目を通したことがあって、
手に持つだけで気分が悪くなりました。
縛られている感じで、痛いんですよね。
疑念に満ち溢れ、頭のモヤモヤを排除するのに、
三分間、深呼吸し続ける必要がありました。
興味本位で読んじゃいけませんね。(笑)
Posted by のあちゃびん at 2016年05月14日 22:53
そういうことです(笑)。

のあちゃびんさんも、こちらにこの手のコメントをあまりすると、連中に目をつけられる危険性があるから、ほどほどにねー(笑)。

ってか、もう目をつけられてるかな。

バトルの覚悟が必要です。ま、わたし側についていた方が断然いいこと、保証しておきますけどね。( ^)o(^ )

そのレ何とかも無関係ではないです、おそらくね。
Posted by レオ at 2016年05月14日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。