2015年07月17日

【レオ】悪質地獄ブロガーぽん吉の正体を探る(ランキングへの嫉妬心を脱し、祝福の心を持ちましょう)

12月18日、コメント追記あり


罵詈雑言を吐きまくって他者を罵るも、ぽん吉自身が誰よりも邪悪で、悪さしまくり、反省ゼロのたわけ者。悪口雑言の殆どすべてが、ぽん吉自身に当てはまっているという、ブーメラン自爆発言にすぎない。
ぽん吉自身の仏性が、自分自身の悪事を実は知っていて、自分で自分を罵っているに等しい。それを認めたくないから、他者に罪を転嫁しようと画策しているのであろう。
要するに、罵詈雑言の殆どが実は、ぽん吉自身の犯している悪事なのである。

あまりに邪悪&阿呆すぎるので、もはや、まともな信者はこの邪悪地獄ブロガーの発言など読んですらいないと思いますが、度を越した場合は、わたしレオが代表して今後もこやつに破邪!をかけていきたいと思っています。
なのでご安心くださいませ。

ぽん吉の、自分を棚にあげた
<ブーメラン自爆発言>



------------------------------------------------------------
1、他人を霊障よばわりするも、ぽん吉自身が誰よりも重度の霊障者であるのが、歴然。

 → 当会の教えに照らせば、4人組(ぽん吉、子羊のピッポ、救国のコウ、ピアニスト健太郎)の方が明らかに霊障の特徴を備えている。(誇大妄想、捏造、誹謗中傷、主の法を捻じ曲げる邪見、等々 … )ぽん吉は特に、複数の地獄霊に憑依されている重度の霊障である可能性がきわめて高い。

------------------------------------------------------------
2、法友への誹謗中傷を連呼するも → 誰よりも誹謗中傷を行なっているのが、ぽん吉である。

  ちなみにガンレオは事実根拠を明確にした批判および、正当防衛の反論を行なっているのであり、
  ぽん吉一派のように有りもしない捏造ネタで人を罵るような誹謗中傷は行なっていない。

------------------------------------------------------------
3、ガンレオが嫉妬していると言い張るものの、ガンレオは4人組に嫉妬する理由がゼロ。逆に、嫉妬しているのは、ぽん吉自身の方であるという事実。

→ ぽん吉の方がランキング上位に「嫉妬している」というのが真相
 自分のファンがいないことも嫉妬の原因のようだが、それは自業自得というもの。
 まったく支持されないブログを乱造している点を見ても、ぽん吉ブログは<与える愛>など全く実践できていないのが明らか。不平不満、罵詈雑言を喚いているだけの、地獄ブログであると判定するものである。

------------------------------------------------------------
4、正語とは、などという記事をアップするも
 → いちばん出来ていないのが、ぽん吉
  ぽん吉の言葉の下品さを見れば、正語などとは無縁の状態であることが、歴然。

------------------------------------------------------------
5、激誠神風などと名乗るものの → 誠の心などゼロであるのが、ぽん吉

------------------------------------------------------------
6、1vs1でサシの勝負が出来ない者は卑怯者、などと威勢のいいことを言っていたが、
 → 敵を前にして速攻ブログを削除してトンズラ。
  しかもいま現在も便衣兵みたいな迷惑行為でしか対抗できない卑怯者こそ、ぽん吉であること。
  サシでの勝負が出来ないヘタレは、ぽん吉

------------------------------------------------------------
7、「地獄の方程式」を読んでも、他人事のように読み、みずからを省みる学びにする気なし。
 → この本には、ぽん吉に該当する主の導きの教えが山のようにある。
  ぽん吉は、自分のことが列挙してあるくらいの気持ちで、深く読み込んで反省すべし

------------------------------------------------------------
8、嫌なブログは読まなきゃいいんだよ、と言いながら、
 → 敵のレオブログを熱心に読みに来ている。コメント欄まで丹念に読んでいる。(レオの猿真似発言がひじょうに多い。救国のコウと同じ行動。)
 → 結論。レオブログの熱心なファンであるか、もしくは言ったことを自分で守らない嘘つき

------------------------------------------------------------
9、ガンレオに悪魔呼ばわりされた、と言い張るも、
 → 実際は、ぽん吉とコウの方が、ガンレオを何度も悪魔呼ばわりしていた。(証拠アップ済み)

------------------------------------------------------------
10、ランキングサイトは悪魔の巣窟と主張しながら、
 → ランキング内の子羊のピッポブログや救国のコウブログに執着し続け、延々と誹謗中傷コメを連発。
 → 批判告発カテゴリに登録して、日頃の持論をみずから否定している。
 悪魔の巣窟ランキングサイトに自分で登録するというのは、どういうことか。

アンチカテゴリに登録している時点で、自分が実はアンチであることの自白であろう。

------------------------------------------------------------
11、他人のことを、カマキリ、トカゲ、レプタリアン、などと罵倒するも、
 → 実際はぽん吉自身が、カマキリ、トカゲ、レプタリアンと同類で、お友だちらしい。

------------------------------------------------------------
12、ぽん吉ドラゴンと戦え!などと口だけは勇ましいが、
 → いざとなると速攻でトンズラするヘタレ。ドラゴンを名乗るのはオコガマシイ

------------------------------------------------------------
13、ブログなんて奪う愛であり自慰、と言いつつも、
 → ぽん吉自身が山のように大量のブログを乱造している事実。自称・自慰ブロガーということか。

ブログを奪う愛と言い、自慰にすぎないと罵倒しておりながら、
そのブログを自分自身、複数立ち上げて、しかも毎日のように大量コピペを繰り返している。
その異常さへの自覚と反省がないようである。
自分で否定している行為に、誰よりものめり込んでいるネット中毒者が、何をか言わんや、である。
主義主張は実践してこそ意義がある。ブログを否定するなら、まずは自分がブログを辞めるのが筋であろう。否定しているブログを誰よりも夢中でやっている時点で、頭がおかしいヤツということになるのだが、そのことへの自覚も出来ていないらしい。

------------------------------------------------------------
14、ガンブロがアンチと戦わないのは解せない、などと揶揄しておりながら、
 → 自分が不利になると恥ずかしげもなく、アンチの発言を引用したり、アンチと戦うそぶりも見せない。解せないのは「ぽん吉」の方である。
 → ちなみにアンチ意見は、4人組の悪質な捏造・歪曲を意図的にスルーし偏重しているので、参考にする必要すらなし。

アンチと戦わずトンズラ、アンチの発言を引用、アンチに助力を求めるなどの行動からして、ぽん吉みずから、実はアンチであることの自白を行なっている

------------------------------------------------------------
15、他人をレプタリアン、天狗仙人などと言うも、
 → 実際は、ぽん吉たちの方が悪質レプタリアンや天狗仙人ではあるまいか。
 → ぽん吉は自分で「エンリルが送り込んだ工作員」と自称していた。
 → ピア健は自分で自称・仙人、レプタリアン側の進歩型マイノリティ宇宙人を自称。のちに当初は批判していた金星人、ベガ星人などを自称するようになるといういい加減さ。最初からデタラメ発言であったことの証拠といっていいだろう。

------------------------------------------------------------
16、法友への攻撃といってガンレオを非難しながら、ぽん吉たち自身がその法友(ガンレオ)へ攻撃を加えている、という自爆発言の愚かさ。
 → (悪魔と呼び捨てた)ガンレオでも法友だと、コウ、ぽん吉、ともに発言中。したがって彼らがガンレオを攻撃したら、法友への攻撃を行なっていることになる。自分で自分を斬っている愚かさくらい、気づいてよく自覚した方がいいであろう。深く考えずに思い付きでこういうバカ発言をするから、自爆するのである。


------------------------------------------------------------
17、アンチのブリュンヒルデ、ソフィアとは別人だと言い張るものの、
 → 具体的で、説得力のある総合的な反論は、いまだ一切なし。
 → 別人であるのなら、レオが立てた仮説を論破するなど、いと容易いはず。それが出来ないのは不可解というしかなく、「事実であるがゆえに反論できず」と見做されても仕方がないであろう。
 → なお、ぽん吉とブリュンヒルデは別人というわりに、無意識のうちに両者の意見が混在し、双方ともにアンチ的発言をしたり、信者的発言をしていること多数。事実上、同一人物であることの自白に等しい。

ブリュンヒルデ名義での言い訳発言が、どうみても、ぽん吉の発言であり、みずから同一人物であることを、これまた自白している発言多数。馬鹿というしかないレベルの、一人二役三役ぶり。
無責任なる、ハンドルネームの乱用多用をしまくっていたことの、自業自得の愚かな帰結というしかない。

------------------------------------------------------------

とりあえずのまとめとして、このくらい挙げておけば十分でしょうか。
おいおい、ぽん吉=信者の資格なし=アンチ的存在、の論証数箇条と同じく、
こちらも追加していきたいと思います。
10箇条あるだけでも、十分多すぎる異常な数だと思いますので、読者の皆さんの参考にしていただきたいと考えます。




------------------------------------------------------------
やすらぎのガンブロ記事
悟りと霊能力と妄想とピッポ

レオコメント転載
http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/422255853.html


ぽん吉=ソフィア(ブリュンヒルデ)説を検証する前に、
それより先に、
まずは、ぽん吉がネット上にまき散らしている、汚水のごときデタラメ記事の数々を、わたしレオが個別に添削して間違いを正し、彼がばら撒いたダークサイドの闇を、一つづつ浄化していこうかと思います。


(その1)ぽん吉の大好きな記事「私が、なぜ、ブログランキング上位に成る事を、避けるのか?」

これは、ぽん吉が大好きな、盟友?ピッポ氏が2011年の6月5日にアップした記事のタイトルで、
よほどこの記事が気に入ったのか、ぽん吉は何度も何度も、何十回もバカみたいに転載しまくっている、超お気に入りの記事です。

何が気に入っているのかというと、このピッポ氏の記事中では、次のような文面があるからでしょう。

ピッポ氏の言
「ブログのランキングが、上位に成って行くと、
それに比例して、心の平静が保てなくなります
「もっと上位に成りたい!」、という欲望が、大きく成ります
これが、修行者としては、とても危険な事態なのです
【悪魔の玩具】に、されてしまいます」

すなわち、ブログランキングの上位者は、名誉欲ゆえにその欲望のところを悪魔に突かれ、憑依され、悪魔の玩具になりやすい。そうした危険な立場に立つことを意味する。というわけでしょう。

ぽん吉はこのピッポ氏の記事を何度も再掲することによって、何を訴えたいのでしょうか?
それは、現時点において、ブログ村幸福の科学カテゴリの上位にあるブロガーたちは、名誉欲の塊であり、すでに悪魔の玩具と化している悪魔憑きである、と主張したいのであろうと思います。
そうした主張を、他人であるピッポ氏の発言を紹介することによって、自分だけの意見ではなく、ピッポ氏も同じくこう言っているよ。ゆえにこれは客観的な意見で正しい指摘なのだ、とでも言いたいのでしょう。

しかし、ここまで私がコメント欄で指摘してきたように、
ぽん吉だけでなく、ピッポ氏もまた、善悪の価値判断がひっくり返っていることの多き問題の人物であることが、明確になったでありましょう。
ならば、ぽん吉および、そのぽん吉が代弁者として引っ張ってきているピッポ氏の上の記事を、たとえ何十回何百回と転載複製しようとも、そんな主張には一片の真理も含まれていない。

というよりも、上位が悪魔に狙われやすいというのが事実であったとしても、現在上位にあるブロガーが、すでに悪魔に憑依されており、悪魔憑き状態であるとまでは、別にピッポ氏は述べていないので、ぽん吉が訴えたい意味での効果は、実はそれほどにはない、というのが真実でありましょう。

実際、上位のブロガーたちがいまだに多くの人たちに親しまれ、愛読されている現状を見るにつけ、上位のブロガーにはファンが多く、その内容を善いものであると支持されている。
そのことは明白すぎるほど明白でありますし、悪魔に憑かれているようなブロガーが上位を占めていたとしたら、その悪しき波動を嫌がって誰も寄り付かなくなるに違いないはずですが、そうはなっておらず、幸福の科学カテゴリの上位の人の人気は、相変わらず落ちないで継続して人気を維持しているようです。
それでもなお批判するとしたならば、そうした上位ブロガーを支持しているファンをも込みで、みな悪霊にやられていると罵るしかないでしょう(ぽん吉や救国のコウの立場)
そのためにぽん吉は、幸福の科学カテゴリは霊障ブロガーの吹溜り、あそこはすでに悪魔によって完落ちしている、ダメだもうあそこは、と、幸福の科学カテゴリ全体を悪魔の巣窟として罵るしか、自己の正しさを立証する言い分が見いだせなくなってしまっているのですね。

しかしよく考えてみてください。カテゴリ全体がすでに悪魔の巣窟と化している、などという可能性よりも、
ぽん吉ひとりが実は心が醜く歪んでいるだけであって、その歪んだ心でもって見ているから、カテゴリが悪魔の巣窟に見えているだけ、の話ではないでしょうか。
実際は、まっとうなカテゴリにすぎないのですが、ぽん吉の目が邪悪な色眼鏡となって曇りきっている、というのが真実ではないでしょうか。
なぜならば、周りの人たちがみな悪く見える場合は、実は自分自身の心が悪しき心になっているから、そう見えているのである、という仏言があるからです。
自分以外の大多数がおかしい、間違っている、悪霊つきだ、なんて叫ぶ人は、その人自身の方が実は悪霊にやられている。それが真実であると、すでに私たちは総裁先生から教わって知っております
したがってこの場合は、ぽん吉の方が悪霊に憑依されている、というのが真実である、ということになりますね。

要するに、
幸福の科学カテゴリにおいて、ランキングというものが実施されている中で、上位の方へ上がる人気ブログというものは、それだけの支持を得るだけの内容、更新頻度、努力・精進、魅力、といったものがあるはずであり、それを応援する多くの読者も、基本的には正しい人たちが多いはずなんですよね。

ぽん吉が、幸福の科学カテゴリから追い出されたにも関わらず、いまだにこのカテゴリに執着して、上位者を非難・罵倒し続けるのは、上位者を悪魔とすることによって、自分が正しいと言い張りたいだけのことであり、それによって自己のアイデンティティーを保ちたいという、自己保身でしかありません。
自分が認められなかったのはおかしい、自分を追い出した連中こそ悪魔なのだ、と言い張ることで、自分の正当性を取り戻したいのでしょう。
そうした屈折した心理が、彼に上位者への罵詈雑言、恨み心、粘着質のしつこい非難記事の嵐、となって彼の行動を駆り立てているわけです。

しかし言っておきますが、上位者が正当な努力と魅力によって支持されているのは、正しいことであって、なんのやましいことでもありません。
それは言ってみれば、ブログ村における成功者である、といってもいいであろうと思います。
したがって、ぽん吉の本心は、実は自分が上位者の立場に立ちたい、自分も多くの人から支持されたい、認められたい、そうした願望がありながらも、実際には認められなかった、支持されなかったことへの恨み心でしかないんですよね。
けれども、恨み心で幸せになることは出来ませんし、成功者になることも出来ないことは、これまた主の法によってすでに私たちは教わっておりますね。
では、どうすればいいのか。
自分も成功者になりたいのならば、その成功者を嫉妬し、恨み、憎むのではなく、その相手を祝福しなければいけないんですよね。
本来自分がそこに立ちたいということは、それが自分の理想像であるわけですから、その理想像を祝福して、その相手から学ぶことによって、はじめて自分もまた成功者への道に入ることが出来る。そう教わっておりますよね。
幸福の科学カテゴリの上位に入ったといっても、それはささやかなる位置づけでしかないと私などは思いますが、ぽん吉がその立場に立ちたいのなら、わたしレオやガンブロ、アマミキョさん、アモ〜レさんを祝福することこそ、彼が選ぶべき道である、ということかと思います。そして上位者の努力工夫から学ぶことこそが、ぽん吉のすべきことなんですよね。
なぜなら理想像を攻撃することは、自分の理想を破壊することであり、それゆえ決して自分自身、その理想に到達できなくなることであるからです。

こう言うとぽん吉は、ランキングの上位などに誰がなりたいと言った?オレはお前らに嫉妬などしていない。お前らの邪悪さを暴露し、真実をあらわしたいだけだ!とか騒ぐかもしれませんね。

しかしそれは残念ながら、上に書いた、ぽん吉自身の本心、実は自分も認められたい、評価されたい、人気ブロガーになりたいという願いが果たせないがゆえに、
その苦しみに耐えられず、その苦しみを誤魔化すために、相手を否定し罵るという、典型的な嫉妬の姿そのものなんですよ。

嫉妬の心を捨てないうちは、ぽん吉の心に平安は訪れないでしょう。いさぎよく自分の非を認め、赤心となって、神の前で涙し、自分は何て愚かであったのだろう。自分の未熟を潔く認めることをせず、他の人の成功を妬み罵ることで溜飲を下げようとしていた。自分は間違っていた。許してください、神さま。

ぽん吉がそうした心境を得て、心の中で神さまと出会う日が来ることを、祈念したいと思います。その時こそ、ぽん吉の心は平安を取り戻し、救われるでありましょう。

今日はとりあえず、ぽん吉お気に入りの
「私が、なぜ、ブログランキング上位に成る事を、避けるのか?」というピッポ氏記事を、ぽん吉がなぜ大量に複製転載するのか、その本心を探り、解読してみました。
もしネット上で、ぽん吉が上の記事を転載しているのを見かけたら、ああ、ぽん吉はまだ上位者に嫉妬しているのか、嫉妬ではなく祝福の心を取り戻せばいいのになー、そうすれば彼も幸せへの道に入れるのに … 。
そう思って、同情してあげてください。彼もまだまだ未熟の身であるゆえ、自分の心が統御できず暴れまわっているのでしょうが、そんな彼であっても、主はあたたかく見守り、彼の改心のときを待ってくださっているのだと、信じてあげようではありませんか。


(その2)は近日アップすると思います。ご期待ください。<(_ _)>

Posted by レオ at 2015年07月15日 15:01


777.JPG



<幸福の科学公式ホームページ記事より画像お借りしました>



追記;

(その2)は、やすらぎのガンブロのコメント欄に書き込みましたが、
↓ この記事のコメント欄でも再掲することにしました。なお、最後に幾らかの文章を加筆してあります。
この続きコメントも読んでいただけたなら、幸いです。<(_ _)>


ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 16:38 | Comment(38) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽん吉へ

ピッポ氏の記事に、相も変わらず懲りずに、
また「ぽん吉」名義を使わないで、コメントかい?
いつになったら、ハンドルネーム多用乱用病は治るんだい?
コテハンでさえ匿名なのに、さらに別名義を無数に乱造して発言の所在をあいまいにして逃れようなんていうのは、卑怯者以外の何ものでもあるまいに。
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201507140000/

警告したはずだけどなぁ。
そろそろ例の検証レポートを、コメント欄じゃなく、こちらへ記事の形で書き上げてアップしようか。
お前のデタラメぶりを暴露してあげていいんだね、ぽん吉。
Posted by レオ at 2015年07月18日 09:39
ぽん吉の正体を探る

(その2)ぽん吉の逆転の法則

ぽん吉は善悪正邪の価値判断が、ほとんど正反対で180度入れ替わっていますから、
彼の言っている間違った大嘘の主張を、一部分、真逆の言葉、正反対の言葉や文章で入れ替えると、わりと意味の通る文章に戻すことが出来ます。

正 → 邪 → 正 の作業を行うということですね。

例をあげて、検証してみましょう。


ぽん吉の言葉「にほんブログ村幸福の科学カテゴリは霊障ブロガーの吹溜り」
ぽん吉が相手を罵っている場合、その場合は相手のことではなく、むしろ「ぽん吉自身」に合致していることが多いです。
したがって、罵られている相手の名前を、ぽん吉に入れ替えると、たいていの場合、その通りの主張に変換することが出来ます。
上の場合は、幸福の科学カテゴリを罵っていますから、ここを「ぽん吉」と入れ替えます。すると、

ぽん吉は霊障ブロガー

になりますね。正しい内容に変換することが出来ました。
ポイントは主語や目的語を、罵られている相手ではなく、その名をぽん吉に修正してみるのです。すると、内容的には正しい内容に戻せます。
正邪がひっくり返っているので、もう一度どこかをひっくり返すと、正しい文章に戻せる。
「ぽん吉の逆転の法則」とでも名付けましょうか。

もう一例あげてみましょう。

ぽん吉の言葉 「ガンレオ教」 は、エルカンターレ信仰じゃないよ だって、「教祖様」は 御本尊を礼拝しないし、日々の経文読誦もしないんだよ

ガンレオ教なんていう宗教法人があるとは知りませんでしたが、その教祖様というのは誰のことでしょう。ガンちゃんとレオのことでしょうかね?
ところでこの文章の後段に、「教祖様」は 御本尊を礼拝しないし、日々の経文読誦もしないんだよ、という文章がありますね。
この場合、「動詞の部分」を正反対にして、否定形ではなく肯定形にひっくり返すと、正しい文章に戻ります。

ガンちゃんとレオは、御本尊を礼拝「しているし」、日々の経文読誦も「しております」
ガンレオは、エルカンターレ信仰を「している」

正しい文章に戻りました。正 → 邪 → 正 の「ぽん吉の逆転の法則」によって、間違った文章が、正しい内容に直りました。

ポイントとしては、ぽん吉は自己中であり他人を罵るくせがありますが、自分を美化し他人を罵る習性があります。その上、善悪正邪の価値判断が、ほぼ逆転しているために、言っていることが大抵、まったく真逆のことを主張しているんですね。
要するに、ぽん吉が相手を罵る場合、その相手はむしろ正しい人であることが多いです。
その反対に、ぽん吉が誰かを褒めたり、自画自賛したりする場合、その対象者は、正しくない人であることが多いです。
したがって、ぽん吉が何かの発言をしていたら、

主語か目的語を、正反対の人物で置き換えてみる。
あるいは、動詞の部分を、肯定文 ⇔ 否定文 で入れ替え、正反対の意味を取ってみる。
すると、わりと正しい内容に変換できることがわかります。
これ、「ぽん吉の逆転の法則」とでも呼ぶことにしましょう。

彼が間違いだらけのおかしな主張をしている場合、この法則を適用して、一部分を正反対の内容に置き換えてみてください。
すると、少しは読むことのできる、マシな文章に変換できます。彼の毒気が、変換をかけることで中和できるんですね。

以下に幾つか、例題を出しておきましょう。



例題1;
「ガンレオ教」は、ただの「嫉妬教」であり、「パクリ教」です。 教義は、「無明の勧め」でしかありません。」

ヒント;主語をぽん吉に入れ替えると、正しい内容になります。



例題2;
哀れなガンレオ系会員たち 彼らを見ていると哀れになります。 何の為に仏法を学んで来たのでしょうかね。 30年、学び続けて、たかが法友の安っぽい霊能力に嫉妬して、今までの修行、全部パーです。

ガンレオをぽん吉に入れ替えて、安っぽい霊能力のところを、教学にもとづいた知識・知恵に置き換えてみましょう。正しい文章になります。


例題3;
私が「ガンレオ一家」や「アマミ一派」に対し、警鐘を鳴らし続ける理由は、彼らの向かう方向が、幸福の科学とは全く違うからです。


これはちょっと応用問題です。
これは、幸福の科学とは全く違う → 幸福の科学に添っている、に入れ替えれば、正しい文章になります。


単純な文章の場合は、たいていの場合、罵っている相手の名を、ぽん吉自身に入れ替えて読んでみる。
あるいは、否定的な内容だったら、それを肯定文に入れ替えてみる。するとわりと正しい文章になります。
正 → 邪 → 正、の変換作業で、修正すればいいのです。

こういう読み方をすれば、ぽん吉の邪悪な文章の毒気が抜け、なんだか可愛らしい、おとぼけ文章に見えてきます。


むろんぽん吉もいろんなことを発言していますから、中には論理も何もない無茶苦茶な文章も多々あります。
こういう応用問題の場合は、単純な入れ替えでは修正できません。症状がかなり重症なため、簡単な治療では治しにくい、複雑な問題なので、単純な一公式では解くことができない、といったらいいでしょうか。

例をあげてみます。
先ほどのぽん吉文章に、つづく文があります。

私が「ガンレオ一家」や「アマミ一派」に対し、警鐘を鳴らし続ける理由は、彼らの向かう方向が、幸福の科学とは全く違うからです。 彼等は、気の合う者のみの世界、即ちハーレムを作り、その派閥の勢力を増強しようとしており、実質、 ...

前文は修正したのでいいのですが、後段の文章がありますね。
これはぽん吉特有の、言葉の下品さ、出来るだけ悪いイメージを読み手に植えつけ、批判する相手を貶めようとする、典型的な「悪意の印象操作」の文章なんですね。
言葉を荒っぽく、悪い言葉にすることで、相手が悪い人に思わせようとしているのです。
こういう場合は、ぽん吉の下品な言葉を、丁寧な言葉に直せば、いちおう筋の通る文章に直すことができます。

直し方としては、こうです。

気の合う者のみの世界、すなわちハーレムを作り、

ではなく、

互いに理解し助け合う者の和の世界、すなわち仏国土ユートピアを作り、

と言葉を美しい言葉に入れ替えます。すると、正しい文章になります。
ああ、ガンレオやアマミキョさんは、ブログを通して多くの信者さんや、まだ信者になっていない人と親しくなり、その和と喜びを広めることで、互いに助け合うユートピアを、この世に作っていこうとしているんだなあ、という意味になりますね。
そういうことなんです。

ぽん吉は、他人のことを悪く悪く見てしまう、歪み切った黒メガネをつけてしまっている、と前のコメントで指摘しました。
歪んでしまっているために、他人が悪く悪く見えてしまう。典型的な悪霊気質ですが、それゆえ必要以上に、相手のことを悪い言葉で表現するのが当たり前になってしまっているんですね。
けれども、その言葉自体をやんわりとした、穏健な言葉、自然で正しい言葉に修正すると、そんなにはおかしくない文章であることがわかります。
相手の姿そのものがおかしかったわけではなく、ぽん吉がつけている色眼鏡が邪悪色で染まっていいるだけだったんですね。
だから、その色眼鏡のフィルターを外して、彼の発言に修正を加えてみる。悪しき下品な表現を、穏やかな文章に置き換えてみる。
すると、彼が本来見るべき世界そのもの、相手そのものは、別に間違ったことをしている悪人などではなかったことが、わかります。
互いに理解し合う、ユートピア世界を作らんとしている人を見て、
気の合う者のみが集まる、ハーレムを作り、その派閥の精力を増強しようとしている、なんていう口汚い言葉になってしまうのは、
ぽん吉がつけている毒眼鏡のせいですから、彼がきちんと反省し、その眼鏡を自分の力で取り外せば、彼の病は治るのです。そういう日がきっと来ることを信じて、皆さんで祈ってさしあげましょう。

つづく。

最後の変換の法則は、ぽん吉の第2法則とでも名付けましょうか。
「ぽん吉の丁寧語の法則」
丁寧語に言い換えると、悪口で言っているほど異常なことでないことがわかる。そういう本質が浮き彫りになる、ということです。

ちなみにピッポ氏の記事へのコメント8番目に、ぽん吉の最新コメントがあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201507140000/
この文面の「ガン アマミ」の部分を「ぽん吉」に入れ替えてみてください。
正しい文章になりますね。

これ以上
ぽん吉を
野放しにしてはいけません。
((中略))
己のエゴの為に仏法を悪用し
サンガの足を引っ張り続ける
疫病神ぽん吉を
叩き出しましょう。

名前をぽん吉と入れ替えるだけで、正しい内容の文章に変換できました。
ぽん吉は善悪が180度逆転しているので、「ぽん吉の逆転の法則」を使って、みなさんも名前のところをぽん吉と入れ替えたらどう読めるようになるか、ぜひ一度お試しください。

「ぽん吉の丁寧語の法則」もオススメです。


↓こちらのピッポ氏記事、56番目のぽん吉コメも、後段の文章、ガンレオやアマミのところを、ぽん吉に入れ替えると、正しい文章に変換できますよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201507060000/

ぽん吉は悪魔化がひどいね。
アレ、保険金詐欺やオレオレ詐欺と原理、同じ。
騙して喜んでるな。


その通りかと思います。
それから、こんな発言もありますね。


「ブログ村ね、冗談抜きで「魔窟」だぞ。
近寄らない方がいい。」

まだブログ村全体が魔窟に見えるそうです。ぽん吉の目が暗黒眼鏡になっているから、ふつうのカテゴリが魔窟に見える。狂っているのは、ぽん吉の方である。
すでに明確に論証しておきましたので、読んだ人はおわかりでしょう。私が指摘した通りの症例なのが、よくわかると思います。
近寄らない方がいい、などと言いながら、ブログ村カテゴリに登録しているピッポ氏のコメント欄に書き込んでいるんだから、おバカさんです。
自分自身、近づいており、本当に危険を警告するなら、ピッポ氏に、ブログ村に登録するの、やめた方がいいぜ、と言うべきでしょう。
そうなってくれたら、こちらとしても有り難い限りですね。幸福の科学カテゴリから、ダークサイドの2人がいなくなるわけですから、それだけ健全なカテゴリに戻りますからね。
ここはぜひぽん吉に、そうした提案をピッポ氏あてにしてもらって、仲良く2人で消えてほしいものだと思います。


さらに後の方では、「嬲られる者を横目で見ながらホッとするような卑劣を、俺は絶対、自分自身に許さない!」

なんて息巻いてますけど、まだ自分が正義のつもりでいるようです。
けれど、わたしは先の記事で、ぽん吉の「正義のつもり」は、自分よりも支持されている人への「嫉妬心」のすり替えに過ぎない、とすでに指摘しました。正義ではなく、嫉妬。
その証拠に、ぽん吉が批判している相手は、なぜかランキングの上位者ばかり。
その反対に、彼のお仲間は人気の無い連中ばかり。嫉妬心の集まり、嫉妬でつながったグループといっても過言ではないでしょう。
そこに本質があると言っても、いいかもしれませんね。

だいたい、まともな信者なら、エルカンターレファイトと、きちんとした呼び方をするものであって、
ぽん吉のように、こんな下品な言い方はしないものです。主を舐めているのでしょうか?
敬語や丁寧語を知らず、その心も尊敬心や謙虚さのないぽん吉ほど、正語と正思がぜんぜん出来ていない人間も珍しいですね。相当な重症です。

Posted by レオ(ガンブロコメント欄から転載) at 2015年07月18日 09:57
駄目押し。

ピッポやコウが、あがめたてまつっているインチキ霊言ブログ主は、

以前当方にメールを送ってきた。

以下要約文

初めてですね。

ブログで噂になってます。

元気がいいかたですね。

微妙に応援してます。

要約終わり

だと、

こっちの返信

内容

何の意図があるが知らんが、

元気がいい方だと。

笑わせるな。

その一言で、だいたい、察しがつく。

2度と送ってくるな。

目障りだ。

と、かいてやった。

さて、自分は、総裁と同じ霊言ができると

のたまっている,この大馬鹿だが、

大震災リーディングや先の御生誕祭で、

自称天照様に聞いたとか書いてるが、

総裁と同じ霊言ができるなら、

わざわざ自称天照などに聞く必要はあるまい。

以上

それに、なぜわざわざ当方にくだらん懐柔策のメールを送ってきたか。

自称天照様や、主の守護霊であられる仏陀が、

当方に、懐柔策のメールでも送れとでも指示があったのか。

ばかばかしい。

本物の天照様や本物の主の守護霊であられる仏陀が、

そのような霊示を言うはずがない。

これをみただけでも、あのインチキブログ主KUの霊言は、

それこそ正真正銘のインチキ霊言。

正確にいえば、インチキ高級霊言だ。

Posted by at 2015年07月18日 09:58
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201507140000/

↑ この子羊のピッポの記事に、つい先ほど、ブリュンヒルデが登場しました。
ブリュンヒルデというのは、ソフィアに変名する前の名で、幸福の科学を脱会した元信者、今はアンチ、という設定です。
あくまでも設定ですね。

わたしが、ぽん吉とソフィアが入れ替わるようにしか登場しないことが変だよねー、というコメントを書いたのを、おそらく読んだのでしょう。

ぽん吉と別人のふりをして、ブリュンヒルデ名義でコメントを書き込んで、
ひさびさに登場したよー、的なコメントを書き込んでいますが、芝居であることがバレバレです。わざとらしすぎて笑ってしまいます。
指摘があったすぐ後に、あわてて別人演技してるのを、みずから暴露しているようで、バカ丸出しですね。

だいたい、ブリュンヒルデ・ソフィアは、アンチなはずなのに、信者のぽん吉がお気に入りということで、
ぽん吉の真似をする習性があるらしいんですよね、アンチなのにぽん吉シンパで、ぽん吉をリスペクトしてるらしいですよー。
だから言葉づかいや、話し方までソックリってことらしいですね。
ま、単なる言い逃れの「ぽん吉の真似説」ですけどね。
そんな奇特な変人、信者の中にもいないのに、脱会した信者の中にいるっていうんですから驚きです。
よほど性格や考え方が似てる別人とでも言うのでしょうか。もし別人なら、ソックリな人格ゆえ、ぽん吉も早晩脱会してアンチになるってことですかね。
そんな別人説よりも、やはり同一人物の可能性の方が遥かに高いといっていいでしょう。

ぽん吉がわたしレオをレプタリアンにしたくて、レプオとか呼んでいたんですけど、
なぜかソフィア・ブリュンヒルデも、わたしレオのことを、レプオと呼びました。つい癖が出てしまったのでしょう。

アマミキョさんが、ソフィア=ぽん吉だった記事を書いたときに、レオさんをレプオと呼んでいたのは、ぽん吉さんだけ。
ソフィアさんが、なぜ同じ呼び方でレオさんを呼ぶんでしょう?と突っ込まれてから慌てて、いやーおいらはぽん吉さんが好きだったから、真似してるんだよ、とかいう苦し紛れの見苦しい言い訳をしていましたけど。
ファンだから真似をしているなんていう言い逃れが、多くの人の目をあざむけるとでも思っているんでしょうか。

口調があまりにソックリなので、アンチからも、ソフィア・ブリュンヒルデは、ぽん吉ではないか。ぽん吉がアンチのふりをしているのではないか、と指摘されていました。

文章から出ている波動がまったく同じなので、信者が見てもアンチが見ても、感じるところがあるのでしょう。
おめでたいのは、ぽん吉のみ、といったところでしょうか。

信者名義のぽん吉のときですら、支部批判、信者批判、幹部批判をいって、
金星系プレアデス系のお花畑会員は優雅にお茶してやがって、活動なんてしやしねえ。なんて批判しまくっていたぽん吉ですから、
不平不満がたまりまくっているんでしょう。
自分だけが立派な活動をしているつもりなんでしょうけれど、どうせ大したことはやっていないと想像できますね。
だってこんな社会人としての正しい言葉使いも知らない口の悪い人間が、多くの人からの信頼を得られるなんて、ありえないことですからねー。

いずれにしても、いま現在の発言をみてもわかるように、あの下品な言葉の乱用と、心の調律なんてゼロに近い邪悪な心でもって、自分のことは棚にあげて、自分を認めない正しい信者を、バッサバッサ邪悪な暴言で切りまくって、ネット上で毒水を流しているぽん吉。
けれども信者という立場上、言いたくてもいえない不満があるんでしょうね、ここまでの不平家になってしまうとね。

そこでアンチ名義の別ハンドルネームを作ったら、何とその名前なら、幸福の科学の悪口言いたい放題じゃーん!とでも思ったのでしょうか。
あとは、ご想像にお任せします。

いずれにしても、ソフィア・ブリュンヒルデというアンチは、そのブログ内で幸福の科学および信者だけでなく、総裁先生まで点数をつけて見下すという暴挙を行なったアンチです。
ハッキリ言って、他のアンチ全ての中にあっても、もっとも下卑たタイプのアンチであること間違いがありません。
わたし的にはこのソフィア・ブリュンヒルデの評価は、まさにs最低の人間、と言ってはばからない、その評価が妥当のアンチですね。

驚くことに、アンチの人からさえ、お前がアンチだとすると、アンチの品性が疑われるから迷惑だ、とまで言われていました。
どれだけ非常識な人間かが、この言葉からもわかるでしょう。

いずれにしても、子羊のピッポのところへ、ぽん吉と入れ替わるように登場して、わざわざブリュンヒルデ名義でコメントしている、ソフィアことブリュンヒルデ、またの名を〇〇〇。
わざとらしいにも程がありますが、言葉遣いもぽん吉にソックリなら、心の穢れ具合もソックリですね。
アンチのはずが、なぜかブログ村幸福の科学カテゴリが荒れていることを、心配しているようです。おかしいですよね?
ふつうアンチだったら、幸福の科学カテゴリが荒れていたら、手を打って喜びそうなものですが、
驚いたことに、子羊のピッポと救国のコウがいるおかげで、まだ灯台の灯がともっているんだそうです。
この2人と仲良しは誰でしょう?
あとはご想像にお任せします。

わざとらしく、ぽん吉と別人のふりをして登場したブリュンヒルデですが、
同時に登場しないのは何故だい?というレオの指摘を読んでの、別人演技であることバレバレですね。胡散臭すぎます。
どうせなら、ピッポのコメント欄で、ぽん吉とブリュンヒルデでしばらく対話してごらん。ソフィアでもかまわんよ。ハンドルネームの多用乱用はお手のものだろう。ぽん吉にしても、ぽん吉をリスペクトして言葉づかいまで真似するブリュンヒルデにしてもさ。
便衣兵みたいに民間の中に隠れて正体を隠す卑怯者のように、ハンドルネームを滅多やたらと乱用して、発言の責任から逃れようとする無責任男が、幸福の科学の信者ですって?
自己責任はどこへ行ったんでしょうね?発言の責任を取らず、発言内容を注意されると、あれはオレじゃない、オレの成りすましだと言い張って責任逃れする卑怯者が、幸福の科学の信者を名乗る資格はないでしょう。

ま、いずれにしても、本当にぽん吉とブリュンヒルデが別人だっていうのなら、
延々としばらく対話してごらん。ぼろが出ないかどうか、しばらく観察させてくれないか、このレオに。
やってることが最初から無理があって不自然なんだよ。って忠告してやりたいけどね。

ま、とりあえず、このへんにしときますか。

では、また明日。あるいは後日。
このコメント欄は、しばらく書き込み続けます。
この記事をクリックして毎日調べに来る人がいるほど、記事のアクセスカウントが増えて、備え付けのランキング表での順位が上がっていきます。
これは、やすらぎのガンブロの方の記事も同じこと。覗きにくる人がクリックすればするほど、記事ランキングが上がっていってますね。
当人たちが、毎日チェックでもしてるのでしょうか。

ぽん吉は以前、わたしレオのコメント欄をそれはそれは丹念に読み込んでおりましたので、
いまもまたこうしたレオのコメント欄、見に来ていることだろうと容易に推定がつきます。
ガンブロの方にも転載して書き込んでおこうな、このコメントは。
双方でちょっと内容を変えてみたりして。
なのに両方とも延々とアクセスカウントが増えていったら、不思議ですねー。誰がせっせと読んでいるんでしょうか。
もし、ぽん吉がここを読んでいたら、あいさつしとくよ。まぁ頑張れや、せいぜい下手な芝居をやってくれたまえ。
ぽん吉=ソフィア説の検証は、そのうち抜き打ちでやろうと思ってます。

ちなみにわたしは、まだ書いていない、この説の有力な証拠を隠し持ってるんですよ。
わたしと親しいブロガーさん大勢に、すでにその証拠はだいぶ前から伝えてありますけどね。
他のブロガーさんはまた、別の論証データを持っているようで、おめでたいのは、ぽん吉ばかり、ということです。

まぁぽん吉名義で批判されてるから、ぽん吉で出てくるのが怖くて、別名義でいまの時期を逃れようとしてるのかもしれませんけどね。
Posted by レオ at 2015年07月18日 19:20
ぽん吉へ

そろそろお前の親友のピア健あてのコメントも、ガンブロからこっちへ持ってきて、記事紹介した方がいいかい?

論証のためには、あちらも転載する必要が、やはりあるとしか思えない展開だもんね。
君らの狂乱ぶりを見ていると。

ピア健とぽん吉、君らは今でも仲良く密談やってるみたいだね。密談にしてはアレだが。
ピア健自身も、わたしレオへ、一切の謝罪いまだなく、いまだに自分がライトサイドだとか寝ぼけたこと言っているようだ。スターウォーズとかの見すぎだよ。
宇宙人願望で逃避するのも、たいがいにしたまえ。ちなみにあえて言うなら、君らの方がダークサイドだからね、これも論証してほしいかい?
Posted by レオ at 2015年07月20日 13:19
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/20150719

以下、ぽん吉発言より、ポイント箇所のみ抜粋。
地獄霊波動が激しいので、不要な駄文の部分は全削除しました。


俺の支部、在家総代は不在。
副総代が二人いて、〜(削除)〜
〜(ぽん吉の下司な文章が延々つづくので削除)〜
エルカンちゃんに
〜(あと最後まで、キチガイの無意味な駄文なので全削除)〜
(2015.07.19 17:44:10)


ぽん吉氏情報ご本人コメントより

・主のことを「エルカンちゃん」呼ばわり(アンチのブリュンヒルデとキャラがかぶってる)
・所属支部には在家総代はいない、副総代が二人
・現在、支部精舎建立委員長
・所属支部は埼玉県内?(以前某ブログ内でぽん吉氏のコメントをブログ主がIP検索して埼玉県内と指摘されたあと沈黙)
Posted by 匿名希望 at 2015年07月20日 21:11
匿名希望さん、

ぽん吉情報をまとめて下さり、ありがとうございます。

このあいだのご生誕祭でも、ぽん吉は支部で留守番していた発言をしているので、

おそらく支部所属の信者が大部分、本会場へ行ける距離の支部に所属している可能性が、たしかに高いとわたしも感じました。
だからみないなくなって、留守番になった、ということでしょうから、埼玉県内の支部の可能性はかなり高いかもしれません。

ぽん吉はエルカンターレファイトのことも、エルカンファイトと書いていたと思いますが、これなどは2chのアンチが使う蔑称使用であり、まともな信者が使う表現ではないでしょう。
ぽん吉が使ったのなら、まともな信者ではない「証」になります。
あるいは、アンチ・ブリュンヒルデの発言を間違えて、ついうっかり、ぽん吉の時に使ってしまった、など、いずれにしても発言の中に、かなりの自爆発言が多いようです。

今後もまた何かありましたら、情報提供よろしくお願いします。

それはともかくとしても、送っていただいた、ぽん吉発言、
相変わらず、狂いまくってますね。
これ見ただけでも、彼が常軌を逸した信者?である、十分な証拠になり得ると思います(笑)。
Posted by レオ at 2015年07月20日 23:43
わたし、こちらの記事ですでに、

ぽん吉は「嫉妬心」ゆえに、自分よりも遥かに評価されている人間を許せずに、罵り罵倒することでもって、自分のアイデンティティーを保とうとしているのだろう、と分析してあります。

ランキング上位者の罵倒だけでは気が済まず、しまいには、それを支持している読者をも罵らないと、彼の主張は通りませんよね。
なぜなら「負け犬の遠吠え」に見えてしまうからです。
自分が所属しても上位に上がれず、しまいには、追放されてしまうほどに自己否定された「幸福の科学カテゴリ」そのものを、全否定することでしか、自分が正しいと主張する道がないわけです。そこまで追い込まれているわけです。
まさにいま、子羊のピッポブログで、その通りのことを、ぽん吉=ブリュンヒルデ(ソフィア)は見事に行ってくれています。わたしが指摘した通りの振舞をしてくれていますね。

そもそもこの人物の心理分析をするに、

愛されたくても愛されない、そうした自分ゆえに、いつしか、自分の側が努力精進するのではなく、
自分の外にいる他者を批判・攻撃して引き摺り下ろすことで、相対的に自分が上がろうとする、そうしたいかにも地獄的なる生き方を、みずから選択していってしまったのでしょうね。

そういう基本姿勢で真理の本を読むものですから、30年会員をやっていようが、彼にとっては、そこに書かれている内容は全て他人事。

反省を自分で行うために学ぶのではなく、自分以外の相手がやること、自分の敵がやること。そう思っているふしがある。

真理の書を読む際にも、
誰かに対しての攻撃材料にならないか、世の中を自分が批判するための武器として使えないか。そんな気持ちばかりで真理の書を読んでいるのではないでしょうか。
根本の、真理に向かう姿勢からして、ぽん吉は間違っているのだと推定されます。
そうやって読む習性がついてしまっているのでしょう。

だから、あれだけ口汚い自分、正語の修行などゼロの分際で、他の人に向かって、正語をしろ、正思はどこへ行った?になるわけです。
しかし自分ではやらない。やろうともしていない。どころか、すでに自分は出来ているとまで、思いあがっているかもしれません。
真理の学びというのは、まず最初は、自分でやることですよね、自分への課題として学ぶべきものです。それが信者の学びのはずなんですけれどね。

この人物はしたがって、「地獄の方程式」という主のご著書を読んだときも、他人事のように読んでいました。彼の感想を見ればわかります。

そこに書いてある悪霊の特徴は、ガンレオのことそのものだ、と思って喜び踊っていましたね、確か。
自分のことだとは露程にも思わずに、他人事のように読んでいるわけです。

これでは、仏の教えを鏡として、自分の心を照らして磨いていくことは、最初から無理ですね。自分の心を磨く必要があるなんて、これっぽっちも思っていないんですから。

「地獄の方程式」には、悪霊の諸相がさまざまに描かれています。
信者としても他人事ではなく、そのような心にならぬよう、自分を戒めるために深く理解し、自分の心を絶えず点検するための、自分自身の心を正すための本として学ばさせていただく、というのが第一義であると、わたしは考えます。

ぽん吉はどうでしょう。
「地獄の方程式」の記述から、自分のその邪悪な心を改善するための学びを、何か得たのでしょうか。自己反省の感想を何か書いたのでしょうか。
もし反省が出来ないのなら、わたしが、どの部分がぽん吉、お前に当てはまるかを指摘し、解説してあげましょうか?

いずれにしても、真理の書がいくら宝の山であり、仏が与えてくださった光の束であったとしても、それを受け取るのは各人各人の心です。
自分の心をあらため、その心を磨くための学びとしないで、他人を攻撃するための材料であるかのように悪用する人間では、自己変革の学びは一歩も進まないでありましょう。

ぽん吉なる信者の根本的なる問題は、自分のこととして学んでいない、これに尽きているのではないかと思います。

皆さんも、ぽん吉が何かの発言をしている際に、仏の教えを、誰か自分以外の他人への攻撃の武器としてのみ使っていないかどうか。
そこで掲げている仏の教えを、ぽん吉自身が実践できた上で、他人を非難しているのか。
そういう視点で、ぽん吉の発言を観察してみてください。

とりあえず、そう指摘して、今日の追加コメントを終わりたいと思います。
Posted by レオ at 2015年07月22日 13:32
大川隆法総裁先生のご著書「エクソシスト概論」を読むと、悪霊による惑わしや憑依などの諸相、それにたいする対応策などが多数述べられています。

------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

魔王相手になると、そう簡単に吹き飛ばすことは出来ないとあります。

「向こうはそうとうの悪なので、憑依している人から離して、成仏させるのは、かなり法力が備わってこないとできないのです。 では、法力のもとは何であるかというと、一種の学識からくる「学徳」であるし、日々の精進において出てくる「道力」のようなものです。」

------------------------------------------------------------レオ↓

単なる、声が聞こえてくるなどという霊感体質ではなく、悟りに基づく法力が必要かと思われますが、その法力の元は何かというと、学識からくる「学徳」と、精進にもとづいて出てくる「道力」とあります。
教学を深く身に着けることが、悪霊たちの憑依や攻撃から身を守るために、いかほど重要かがわかります。
また地道に精進を重ねる姿勢が、道力の元になるとも教えていただいています。

後段には、このような言葉もありますね。
------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

「常に「謙虚」でなければいけません。謙虚に「努力・精進」し、「忍辱」の態度を忘れないで修行していくことです。その姿そのもののなかに、根本的な解決の鍵はあるのです。」

------------------------------------------------------------
レオ↓

謙虚なる努力精進、忍辱の態度を忘れずに、修行をしていくこと。
謙虚さがいかに大切かということは、総裁先生の著書の多くに、この謙虚さの大切さが、何度も語られていることから見ても、その重要性がいっそう痛感されることです。
偉そうにしゃべったり、高慢や傲慢でいいはずがないんですよね。悟りが高まれば高まるほどに、いっそうその心は謙虚にして、やさしい言葉で人々を真理に優しく誘える、そのような謙虚なる弟子になりたいものだと思います。


地獄の諸相に関しての説明では、次のような文章があります。

------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

「自分の周りにいる人を見ると、本当は、自分と同類の人たちがいるのですが、エゴイストの場合、自分のことはよくしか思っていないことが多く、」
「地獄でも、類は友を呼んで、同類の人が集まるのです。」

------------------------------------------------------------
レオ↓

自分の心が天国的なものであるのか、それとも地獄的なものであるのかは、この3次元世界においても、ある程度はわかりますね。
その人の友人関係、仲間の人たちのタイプを見たら、類は友を呼ぶで、あの世の天国あるいは地獄における人間関係と同じようなものが、やはりあるでしょう。近いものは呼び寄せあい、仲間になりやすい、同じ場所に集まりやすいのでしょう。
------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

「ベースになっているものは結局何かと言うと、やはり「教学の部分」です。教学の部分をきっちり分かっていれば、相手に応じて対機説法ができるだろうと思います」

------------------------------------------------------------
レオ ↓

とあります。
これは迷っている霊に対しての説得力、対機説法のもとが、やはり教学であるとの箇所ですが、自分自身に対する教化という意味でも、教学をきちんと行っていることが、やはりベースであろうと考えられます。
自分を救えていない人には、他の人を救えない。他の人を救う教えは、まず自分自身に適用して、実践せねばならないのですから。やはり教学の重要性はいくら語っても語りすぎることはないのだと思われます。

しっかりとした自分の人生を生きる、という意味では、ある程度の自我の確立が必要だというのは、西洋の方では学問的にも良く言われていることです。
しかし自我が肥大しすぎてもいけないということを、総裁先生は教えてくださっています。無我の教えの重要性は、こうしたところにその深い意義が現れてきますね。仏教が西洋思想を遥かに凌駕して偉大なる教えであるのは、この無我の思想にそのポイントの一つがあると言えるかもしれません。

------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

「自分の家、自我の家≠建てる柱は大事なのですが、それが強すぎても駄目で、今度は、自分を変える力がなくなるのです。」
「頭の切り替えができず、それまでの自分の考え方を守りすぎると、教団から気持ちが離れて、批判する側になっていきます。そういうときに、心に隙があると、悪魔に入られていくのです。」

------------------------------------------------------------
レオ ↓

自我が強すぎてガチガチとなり、柔軟に自分を変えることが出来なくなっていることに気づいたら、要注意ですね。
さらには、教団を批判するようなことを平気でするようになったら、自分の慢心・心の隙に、悪魔が忍び寄ってそうさせているのではないかと、上の仏言を肝に銘じて、自己反省すべきかと思います。

------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

「霊能者になっていく場合と、それから、霊障者になっていく場合と、両方とも同じような現象が起きてきますが、結局のところ、その善悪というか、正当であるかそうでないかは、その人の判断能力や行動能力、仕事能力等でもって人々は判断するしかありません。」

------------------------------------------------------------
レオ ↓

という仏言もありますね。
善悪の価値判断が180度引っくり返って、天地がさかさまになっているようだと、これは霊能者ではなく、霊障者になっている側のパターンだと思われますので、まわりの多くの信者さんや良識ある人々から見て、どう見ても異常な判断をしている、価値判断が逆転している。そう思えるような霊能自慢の人の場合は、ほぼ霊障者のパターンに陥っている。そう判定するのが正当な判断だと、わたしには思われます。

霊的な諸相に関しては、すでに大川隆法総裁先生が、数多くの御法話や書籍のなかで、さまざまに語ってくださっているので、
よくよく深く読み込み、自分自身の問題として、自分自身の言動を厳しくチェックするための指針として、自己反省の学びとしていかないといけないのだと考えます。
Posted by レオ at 2015年07月27日 12:05
大川隆法総裁先生・著『「幸福の心理学」講義』より、主の御言葉



『成功する人が出てきたときには、それを単にうらやんで引きずり下ろすことだけが仕事ではないと思います』


『人よりも目立つ成功をしているような人を引きずり下ろすことで、みんな平等の生活が保てたらいいという「平等による幸福感」は、正常なものではないと私は思うのです』


『花開かせていく人が出たならば、やはり、「そこから何かを学んで、自分もそのようになれないか」と考えることが、基本的には大事であると思います』


『その意味で、「嫉妬や劣等感だけを、ただただ合理化して、人の幸福や成功をうらやみ、それを引きずり下ろす」という、日本の悪い面である「村八分」的な考え方や、そうした村社会、「みんな平等でなくてはいけない。そこから少しでもはみ出す人が出てくると、みんなで引きずり下ろす」という考え方に基づいた社会は、よくないという考えを抱いています。 これは、私自身も、若いころに思いつき、経験したことです』


『やはり、優れた人の思想に学び、自分なりに自助努力していくことで、そうした人に近づいていくことが可能であると思うのです』


Posted by レオ at 2015年07月28日 09:20
ぽん吉や救国のコウはしきりに、

レオとガンブロが、法友を攻撃した、法友に斬りかかった、とかいって、法友、法友を連呼しているけれども、

君たちが、わたしたちにとって法友と呼べるほどの間柄であったことがあるんでしょうかね。

そもそも、こちら側がまったく沈黙していた半年間のあいだ、根拠のない誹謗中傷の嵐を、「法友」であるはずのガンちゃんとレオに投げ続けていたのは、「ぽん吉」であり「救国のコウ」ですね。
どんな厚顔無恥な顔が、法友を攻撃して、などと言えるのでしょうか。

法友に根拠なき誹謗中傷の嵐を投げつけつづけたのは、貴方たちではありませんかね?
法友がきいてあきれます。

ぽん吉およびそのお仲間達の特徴は、
この法友を攻撃して〜発言にも見られるように、

相手方がやったことは、さも信者としてあるまじき悪事のように罵りながら、

その実、自分たちの方がむしろ、その悪事を率先してやっている。いな、悪事をやっているのは自分らの方であって、しかしその悪事は言葉をきれいな表現にすり替えて誤魔化している。

自分らの悪事を、善に見せかけて誤魔化し、

相手方の正当な行為を、悪事にすり替えて非難する。

これすなわち、善悪が180度引っくり返っている彼らの所業の特徴そのものなんですよね。

ぽん吉および救国のコウよ、

法友うんぬんを語るのなら、まずは自分たちが率先して、わたしたちレオとガンちゃんを法友として扱って、社会人として常識ある対応をするべきだったのではありませんかね。
事情も調べずに、いきなり悪魔呼ばわりして罵る。半年間もの間、罵詈雑言を浴びせて誹謗中傷しまくる。
そのどこに「法友」に対する礼儀があるでしょう。その心のかけらもありませんよね。

そんなあなた方に対して、なぜわたしたちが「法友」として尊重してあげなければいけないのですか?教えていただきたい。

ぽん吉および救国のコウ、それからそのお仲間たちよ。
貴方たちは、わたしらガンレオにとっての法友でしょうか。
わたしたちガンレオは、貴方たちの一派にとって法友でしょうか。
法友とは何ですか。

信者という肩書を持っている。会員籍があるというだけでは、法友の条件は満たしていないと私は思いますけどね。
会員籍をもったまま、情報を盗んで、当会を誹謗中傷するアンチもいるのですからね。

基本的には、信者同士が出会ったら、同じ法を学ぶ者同士として、たがいを尊重し、信頼し合う関係をいっそう深めるべく努力するのが、法友の絆を深め、結束力のある組織づくりにつながるものだと、わたしも思っています。

けれども、貴方たちのような非常識で、まともな対話も出来ずに、平気でウソを言い、でっち上げに基づいて相手を誹謗中傷し続ける人間を、なぜ法友などと思わなくてはいけないのか?

再度いいます。

法友、法友、というのなら、
ガンちゃんとレオは、あなた方にとっての法友であるはずですね。
その法友に罵詈雑言を浴びせ続けたあなた方に、

ガンレオは法友を斬りまくってうんぬん、などという資格は、微塵もないこと、
しかも斬りまくるも何も、実際に行われたことは、法に基づいた議論にすぎなかったものです。
そうした、たがいに学んだ仏法真理に基づいての議論において、まともな返答も出来ずに誤魔化す貴方がた(ピア健、子羊のピッポも含む)は、法論も出来ないほどに勉強不足であったに過ぎません。
それが今回の騒動の実態である、真実であると、ここに述べておきたいと思います。

わたしレオもガンちゃんも、ともにまだ学び途上の一在家信者に過ぎませんが、
その一在家信者と一対一で議論していながら、まともに議論すら出来ない自分たちの勉強不足をこそ反省して、もう一度初心に返って、ゼロから勉強しなおした方がいいかと、忠告しておきます。

ぽん吉による「反応」は、単なる条件反射的な「反応」レベルの応答でしかなく、反論でもなければ、反証にもなっていないこと、その文面を見れば歴然ですね。
部分部分の単語や言い回しをとりあげて、そこにケチをつけているだけの「条件反射的な反応」レベルの発言に過ぎず、「論」というほどにまとまって筋の通った議論レベルに昇華された内容は皆無です。
もう少し、考えを深く練って、一貫して筋の通った論を、きちんと展開してもらいたいものだと思います。でないと、反証などとは全く呼ぶことは出来ません。単なる「反応発言」と呼ぶしかありませんね。

Posted by レオ at 2015年07月29日 09:25
〔ぽん吉の現在の問題点〕



@ピッポ氏とピア健氏のブログ記事や霊視(?)情報を繰り返し自論の論拠にしている
http://sawayakana0kazenogotoku0justice.blogspot.jp/2015/0...

ピッポ氏もピア健氏もスピ的に信頼性が無に等しいことすでに明らかとなっている
ピッポ氏は第三者検証がなく自己検証の詳細も明らかにせず、ピア健氏は虚言癖・他ブロガーからの盗作癖・リーディング情報の変転がある

またいずれの二人も非常に強い二重基準の持ち主であり正見が定まっていない(参照:本ブログピッポ氏記事・ピア健氏記事)


A>問題になっている某信者やその仲間が、メールやメッセージ機能を使ってコメント主の素性その他、IPなどを尋ねてきても、まともに相手にしてはいけません。


アマミキョ氏による仲裁時に和解の条件としてレオ氏・ガンちゃん氏の素性を聞き出そうとしたのはコウ氏 (参照:本ブログコウ氏記事)
またコウ氏は以前コウ氏ブログコメント欄において、コウ氏等のしている誹謗中傷を諌めるコメントをしてきたブロガー松下村塾氏のIPを突然晒している

コウ氏によるブロガーのIP晒し、素性聞き出しは許されて、他信者からのIPや素性の聞き出しが許されないその二重基準の理由を明示すべき



B>【トイレットペーパーレプオ】 一体、いつまで嫉妬し続けるのかねぇ


まず「トイレットペーパーレプオ」という呼び方は明らかにレオ氏への侮辱にあたる。悪口であり正語に反している。(この侮辱的表現を作ったのはピッポ氏であり進めたのはコウ氏 参照:本ブログピッポ氏記事)
さらにぽん吉はレオ氏からの批判を「嫉妬」としているが、それ以前に数年以上わたりレオ氏を誹謗中傷し続けているのはぽん吉自身
ぽん吉の論調でいけば、ぽん吉の方がはるかにレオ氏に嫉妬していることになる



Chttp://sofia-buryu.blogspot.jp/2015/08/blog-post.html?spr...「美辞麗句だけのホストマン」


仏法真理的に「美辞麗句」が悪であるとする論拠が明示されていない。美辞麗句を悪としているのはピア健氏の自説http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12053286964.html
さらに「ホストマン」という称号は、美辞麗句を悪とする論説を出したピア健氏の色情地獄的職業においてピア健氏自身が名乗っている事実

(閲覧注意 参照:https://twitter.com/gm_kentaro
ガチムチ健太郎エロ揉屋 @gm_kentaro
Gachimuchi-Kentaro is well-known Japanese gaymasseur.164*80*40リバ、ゲイのエロマッサージ屋/ホスト。 DMでも予約可。)

(レオ氏がホストを自称している、もしくはホストを自称する職業についている証拠はなし。ぽん吉による単純な言いがかり)




ピア健氏の自称「ホスト(男性相手の売春行為)」は許されるがぽん吉がレオ氏を称する「ホスト(ネット上でのレオ氏と女性信者とのやりとり)」が中傷対象となるその二重基準の理由を明示すべき

レオ氏の女性信者とのネット上でのやり取りがぽん吉の言う「不倫」にあたり中傷の対象となるなら、ピア健氏のリアルでのアブノーマルな内容も含めた売春業とそのネット上における宣伝行為はなぜ糾弾されないのか?





繰り返すが、ぽん吉が二重基準の誹謗中傷を書けば書くほど、ピア健氏とコウ氏の名誉が失墜する事実が露呈する。ぽん吉が二人を仲間だと思っているのなら、あまりオススメはしない
Posted by 匿名希望 at 2015年08月01日 09:20
匿名希望さん、毎度ありがとうございます。
ご苦労さまです。

(ぽん吉の現在の問題点)
わたしレオが番号ごとに、コメントを述べたいと思います。


@については、

子羊のピッポ氏の霊能自慢は単なる霊障にすぎないこと。レオブログで論証済。
http://gunleo.seesaa.net/article/422462816.html

ピア健のダウジングのインチキ性、虚言癖もすでに論証済。
http://gunleo.seesaa.net/article/422482974.html

したがって、この両者の発言を根拠にするぽん吉は、妄言が根拠になると勘違いしているおバカさん、に過ぎないということ。



A アマミキョさんの仲裁時に、アマミキョさんのメッセージ欄を経由して、
救国のコウとピア健は、レオに対して、レオ・ガンちゃん・幸村は、会員番号・所属支部・在住している市名を教えろ、と要求してきた事実がある。

メールやメッセ―ジ機能を使って、こちらの素性を明かせと要求してきている。
よって、ぽん吉の発言は、お仲間の救国のコウ、ピア健のような人物は「まともに相手してはいけません」との意味になりますね。

ちなみにぽん吉に関しては、さきのご生誕祭のときに、支部で留守番係だったとの「ぽん吉発言」があります。
埼玉スーパーアリーナに支部が近いためか、所属の支部の信者さんたちは、直接本会場に参加することが多いために、所属支部は人が少なく、ぽん吉は留守番になったのであろうとの推測が立ちますね。
埼玉県内のく … という情報も伝わってきていますが、あえてここではこれ以上述べるのはやめておきますか。


B 嫉妬の件ですが … 

ランキングベストテンにも入れないで、上位者に嫉妬しているのは、ぽん吉であるのが明らかですね。

わたしレオは、4人組のいずれに対しても、嫉妬する理由が「ひとつも」ありません。

ピア健はレオがブログ村に復帰する直前、1位でしたが、
わたしレオは復帰後4日分のポイントで、ピア健の7日分のポイントを抜き去り、1位になりました。
5日目に入った0時過ぎに、ピア健は幸福の科学カテゴリから消えて遁走しました。
抜かれて上に立たれるのがイヤだったのか知りませんが、ブログ村の読者さんたちに、一言のことばもなく、遁走しました。
かような人物に、なぜわたしレオが嫉妬する理由があるでしょうか?

ピッポ氏の霊障力への嫉妬?
霊障に嫉妬する理由がわかりません。
ちなみに記事では書いていませんが、わたし自身、自分の守護霊からと思われるコンタクト・通信情報は山のように所持しており、数百ページにわたるくらいのやりとりを実はすでに持っています。
ただプライベートな内容でもあり、一般公開するためには、十分な検証をしきれているという保証がないため、書いていないだけです。
ピッポ氏の霊障妄言に嫉妬する理由無し、わたしの所持している通信内容の方が、ピッポ氏の妄言の数々より、遥かに質の高い内容である自信はありますので、ピッポ氏の妄想話などバカバカしくて読んでいられません。
とてもあれは、高級霊界からの通信内容ではありません。

救国のコウに対する嫉妬?
嘘とデタラメ、主張をコロコロ変えて恥じない変節漢に、嫉妬する理由がありません。

ぽん吉への嫉妬?
重度の霊障者であるぽん吉に嫉妬する理由など、それこそ1000%ありません。

再度いいますが、霊能力への嫉妬と言いたいようだけれども、
ぽん吉とピッポ氏のは「単なる霊障」、ぽん吉のはどう見ても悪霊現象、ピッポ氏にしても、よく言ってもせいぜい裏霊人であり、しかも菩薩や如来を語れるような高級霊現象ではなく、凡庸な霊人もしくは低級霊のたぐいにしか、わたしには思われません。

したがって、嫉妬する理由ゼロ、ですね。

嫉妬しているのは、3つもブログを投入しながら、ベストテンにも入れないでいた、人気のまったく無い「ぽん吉」の方ではないでしょうか?ぽん吉自身がレオに嫉妬しているのではありませんかね?
自分が嫉妬しているのを、レオが嫉妬していると、例によって逆さまのことを言っているだけ、のお話でしかないのでは?


C ホストマン!!(笑)

ケビン・コスナー主演の「ポストマン」っていう映画がありましたね。破滅した近未来の世界を描いたSF映画で。
えー、そのポストマンじゃなくて、ホストマンね?

わたしレオのブログには、幸いにして、女性読者の方が多くいてくださいまして、本当にありがたい限りです。
ところが、ぽん吉のブログには、女性読者は全くといいほど見当たらないようです。
それゆえぽん吉は、焼き餅をやいているのだと思われますね。
その嫉妬心があるからこそ、ぽん吉はレオのブログを指して、ハーレムだのホストだのといって、みにくい焼き餅発言を連発しているのだろうと推定されます。

美辞麗句というのも、読者の方に読みやすい文章を心がけている私レオへの「嫉妬の言葉」なのでしょうか。
「下品で口汚い言葉」しか書けない「ぽん吉」自身の嫉妬心が、この「美辞麗句」という言葉への憎しみとして現れているように思われますね。


以上、4箇条について、レオ感想を述べておきました。

ぽん吉は「嫌なブログは読まなきゃいいんだよ」と述べていたそうなので、
よもや、

わたしレオの「このコメント内容」を読みに来ているはずがありませんね。
ということは、このコメント内容に反応するような「ぽん吉発言」があったらオカシイ、ということになりますね。

ぽん吉がレオのブログを自分の前言にも関わらず、熱心に読みに来ているのなら、

ぽん吉はレオのブログが好きなブログなんだな、ということになります。

もしくは、嫌なブログは読まなきゃいいんだよ、と言いつつ、嫌なブログでも自分は読みに行くという、
口で言っていることと、実際にやっていることが、全く矛盾している、デタラメ発言をしている人物ということになります。

Posted by レオ at 2015年08月01日 11:09
ぽん吉のへたれっぷりの一例


わたしレオが、ぽん吉をほぼ名指しで切り返し批判を初めて行ったのが、2013年の4月6日の記事「正当な批判は邪を正すが、誹謗中傷は単なる悪口にすぎない」です。

その中でレオは、ぽん吉によるガンレオへの誹謗中傷を引用しつつ、こう述べています。(この時点でぽん吉はガンレオを半年間誹謗中傷しまくっていた、その後のレオ発言です。)

------------------------------------------------------------
レオの記事の一部です ↓


『わたしは以前の記事で、批判については書きましたが、誹謗中傷を甘んじて受けよ、などとは一言も言っておりません。そもそも誹謗中傷という表現自体、使ってませんからね。
言うまでもなく、批判という行為と、誹謗中傷という行為は、まったく別のことですので、勝手に置き換えられては、意味がまったく違ってしまいます。
なのに、わたしの主張内容の、「批判」という言葉を使ったところを、勝手に、「誹謗中傷」という別の言語に置き換えて、まるでわたしが、誹謗中傷を甘んじて受けるべし、といった主張をしたかのように、うそを言っている人がいます(注;ぽん吉のことです。)。

↓ わたしが、こんな主張をしたと、その人はおっしゃっているようですが、
(名指しではないにしても、わたしレオのことを指しているだろうと思う人が多いでしょうね。わたしもそう思ったので、いちおうわたし宛てと捉えて、批判しておきます。)


ある「カマキリ系ブロガー」の記事に、こういうのがあった。 「ブログやってる人は、内容を世の中に曝してる訳だから、何言われたって覚悟の上だろうと判断されて当然。だから、中傷された、誹謗された、と騒ぎ立ててはいけない」なんて戯言を尤もらしくほざいてやがった。
これに関し、HS仏法真理的観点から考えよう。
まず、HSで20年学んでいれば、あくまで仏法に照らして善悪を峻別し、善を推し進め、悪を抑え込む、というあり方がベストであることは当然と考える筈。

ところが、某カマキリは違う。
「ブログを書いて閲覧可能にした段階で、処刑台に乗ったようなもんだから、何されたって文句言えない。」
こういうカマキリ哲学を披露。
要は、こんな風なことを言ってる訳ね。
アホかと思ったよ。
(以上、引用もしたくない文章ですが、一応、引用おわり。)


下品な言い回しと、他人を冒涜する侮蔑的な表現は、この人特有の口汚さですから、どうしようもないですが、
そもそもわたしは、上のような趣旨の主張をした覚えはございません。この方はよほど読解力が低いのでしょうか。おつむが弱いから、こういうトンチンカンな理解をするのでしょうね。
さらには、言い回しを勝手に改悪して、人の主張を別の内容に摩り替えるのはやめましょう。
いくらわたしを非難したいからといって、言語を勝手に置き換え、主張の印象をまったく違ったものに摩り替えて、こちらを貶めようとする悪どさには、あきれ返ってしまいます。
わざと、下品な言い回しをすることによって、わたしの主張をまったく違った印象のものに改悪しておいて、それをもって、わたしへの非難にしようとするのですから、たちが悪い人物ですね。
でたらめな嘘を並べて、人を誹謗中傷するのはやめましょう。
この人には、批判することと、誹謗中傷の違いをきちっと理解してもらいたいと思います。

相手をこきおろしたいがために、相手の印象を意図的に悪く捻じ曲げて伝え、その捻じ曲げられた悪人イメージをいくら罵倒しようとも、その悪人像は貴方が勝手に作った、誹謗中傷のためのインチキ人物像に過ぎません。
そんなものを幾ら罵倒しようとも、どこにも正当性は生まれないし、そもそも根拠なき誹謗中傷などが、神さま仏さまの目をくらませるとお思いでしょうか。
わたしが思うに、相手を罵りたいがための、でたらめの誹謗中傷は、仏の目を決してくらますことは出来ずに、それを発した人のところへ返っていくことでしょう。
誹謗中傷を繰り返す人は、みずからの罵詈雑言でもって、自滅することになると思います。』



------------------------------------------------------------


わたしレオがぽん吉に対して注意している論点は、当時もいま現在も全く同じであることが、以上の文面を読んでもわかると思います。


ちなみにこのレオによるぽん吉批判を読んだぽん吉は、初めてあからさまに批判をされたショックがあったのか知りませんが、
以下のようにすっとぼけた記事を書いています。


------------------------------------------------------------

ぽん吉が書いた記事より一部のみ抜粋 ↓

2013年4月11日木曜日
肉の眼に迷うこと勿れ

皆さんは、この現状を「ぽん吉 vs レオ」と見ているでしょう??
違います

〜(中略)〜

そもそも、彼はかなりの誤解をしています。

私はついさっきまで、何も知りませんでした(笑)。
彼は、私のブログ記事を引用しておりましたが、あれは彼のことではありません(本当に違うよ)。
因みに私は、彼の記事を読んだことがありません。

------------------------------------------------------------


わたしレオの記事を読んだことがないそうです。なのにガンレオを半年間も誹謗中傷し続けていたって?
すっとぼけるにも程があると思いませんかね?読者の皆さん。

言うに事欠いて、『私は、彼の記事を読んだことがありません』ですからね(笑)。


手厳しい反撃をくらって、まさか自分が攻められるとは思ってもいなかったのでしょうか。
それにしてもこの言い逃れは、あまりに「へたれ」で情けない言い逃れではないでしょうか?
ぽん吉ドラゴンがきいて呆れます。


ぽん吉の「口だけ番長」実際はいざとなったら言い逃れをしてトンズラする、この卑怯な性格は、以前から一貫して同じであることが、よくわかる事例ではないかと思います。

あえて再掲して、解説を加えておきました。

Posted by レオ at 2015年08月05日 11:45
《ぽん吉の誹謗中傷ブログより》
ぽん吉は現在このようにTwitterを通じて捏造情報や誹謗中傷を不特定多数に拡散させている。この行為を黙認し「正義の人」と称するのがピッポ氏とコウ氏
https://twitter.com/PonkichiDragon






http://simplog.jp/pub/tw/22392115/96
ぽん吉のひとりごと &#8207;@PonkichiDragon &middot; 3分3分前
ガンレオやアマミキョは、
自分が悪魔の手先として
使役されていることに
気付けないのです。
現在只今の霊障が
分からないのです。


当会の常識から見て明らかにぽん吉の方が憑依されている。疑問があるならぽん吉のブログやTwitterを一度ごぽん吉自身の手で支部職員や本部講師に見ていただいてほしい。できれば早急に



http://simplog.jp/pub/tw/22391545/96
ぽん吉のひとりごと &#8207;@PonkichiDragon &middot; 1時間1時間前
天変地異で滅ぼさねばならぬ条件の全てを満たしてしまいましたね。
しかも、HS会員がそれを宣言し、HS会員がそれを称賛する、という最悪の形で。


「霊的なことはすべてファンタジー」と宣言した信者はいない。ぽん吉やピッポ氏による事実の歪曲もしくは捏造。さらにその捏造情報をもって「天変地異で滅ぼさねばならぬ」と異常妄想。(自分に批判的なブロガーが跋扈するせいでHS組織全体や世界まで大変なことになるという空想)この系の誇大妄想はピッポ氏とピア健氏にも見られる



http://yuke-pippo.blogspot.jp/2015/07/blog-post_84.html?spref=tw
本能丸出し、性欲丸出しの恥知らずたち


まずレオ氏は不倫などしていない。ぽん吉による捏造。
さらにその捏造「不倫」を、「五逆の大罪に匹敵する」と法を捻じ曲げている(そのような見解はHS本部からはない)



このような事実と妄想が混同した文章を書き連ねる精神状態は、非常に危険な精神状態であると推察される。また明らかに仏法真理を逸脱した言動の数々でありHS的にも危険なのはレオ氏よりもぽん吉であることが明白。
ぽん吉には一度ネットから離れて自分自身の心の調和を取り戻すことを強くすすめたい


Posted by 匿名希望 at 2015年08月06日 10:55
ぽん吉は2chで、反レオ派ゲリラ活動家、なんて書かれていましたからね。

正面からわたしレオと戦う度胸も能力もない「へたれ」に過ぎません。

ぽん吉ドラゴンという勇ましい名前は返上し、

ぽんこつコモンセンス(常識)というハンドルネームを、わたしレオがプレゼントしますよ(笑)。

まず常識人になるところから、やり直しましょう。
Posted by レオ at 2015年08月06日 11:36
救国のコウ批判記事のコメントですが、半分はぽん吉についての批判なので、こちらにもコピペ転載しておこう。↓


救国のコウは恥という言葉を知らないんでしょうね。
カテゴリに図々しく居座るなら、まだ暴いていない過去の悪事を追及すると宣言しておいたので、
とりあえず過去のコウの一記事を引用しつつ、論破していきますね。


古い記事ですが、いまだ削除もしないで出しっぱなしである以上、ウソを書いたという自覚がないのでしょう。よってわたしレオが処断したいと思います。


BAKABONさんの記事再掲「普通のおっさんがクリック集めて舞い上がり」編
2012-10-17 20:11:00
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11382009104.html

バカボン(=ぽん吉)の発言を引用しつつの、救国のコウ発言なので、両者の間違いをそれぞれ正しつつ、論破していきます。


ぽん吉が、ガンレオのことを、こう罵倒しています。


「停戦しましょう、と言って逃げた卑怯者。」(ぽん吉)

これを紹介しつつ、コウが同調してこう述べています。


「本当にそうです。
分が悪くなると逃げ、自分たちが有利だと続けるのです。
有利と思われるときは、積極的に批判記事で、二人で私を責め立てていました。」(コウ)



最初のぽん吉発言ですが、レオが停戦を提言したのは、ブログ村が荒れるのは他のブロガーさんや読者たちに迷惑がかかるのが申し訳ないと思ったため。ガンちゃんも同じですね。
当事者だけの論争ならいいけれども、周囲への迷惑を考えたら、互いに一歩引いて矛を収めた方がよい、そう考えて停戦を呼びかけたんですよね。
けれども、ピア健は何も言わずに遁走。ということは、逃げた卑怯者はピア健でしょ?
しかもその後、暴れ回ったコウとぽん吉は、周囲の迷惑なんて全く考えなかった非常識人間ということで、ガンレオを批判する資格なんてゼロなんですけどね。

コウの発言に関しても、

「分が悪くなると逃げ、自分たちが有利だと続けるのです。」
なんて発言してるけれども、これなんかガンレオのことじゃなくて、ぽん吉やピア健、コウ自身のことじゃないですかね。
アンチが乱入したらトンズラしたぽん吉ね。レオから批判されたら怖くて遁走したピア健、出戻りするも、アマミキョさんが仲裁するといったら、またもや遁走したピア健。
分が悪くなると逃げたのは、ぽん吉とピア健でしょうが。
「自分たちが有利だと続ける」ねえ。
ガンレオが沈黙してるのをいいことに、延々と半年間ものあいだ事実無根の罵詈雑言をぶつけてきた救国のコウとぽん吉。
反論されない時は調子こいて、いくらでも続けてましたよねー。
ところが半年後にレオに切り返されたら、一刀両断されてしまって、二人ともまともな返答すら出来ずに詭弁で誤魔化し逃げてました。
有利だと続けるが、分が悪くなると逃げる。
これまた、救国のコウとぽん吉、その人のことですね。

「有利と思われるときは、積極的に批判記事で、二人で私(コウ)を責めたてていました。」(コウ発言)

はあ??
ガンちゃんもレオも、あなたに対して発言したのは、10月あたまの1つか2つの記事程度のものですよ。それを積極的に批判記事で二人で責めたてたって。あなたの記憶はどういう構造をしてるんですか?
こちらはすぐに沈黙に入りましたよねー。それをいいことに、あなたコウは好き放題、半年間もの後、暴言の限りをぶつけ続けてきたんですよ。ガンレオにね。ランキング不正してるだの、ポイント集めて喜んでるだの、ゲイ差別発言しただの、滅茶苦茶な因縁をふっかけてね。

積極的に誹謗中傷記事で、ガンレオを責めたてていたのは、救国のコウとぽん吉ですよね。しかも半年間ものあいだ続けたという、蛇のようなしつこさでしたからね。

救国のコウとぽん吉が主張していることは、全部、自分らがやっている悪事悪行であることが、よくわかりますでしょう、こうやって解説していくとね。

彼らは自分で悪事を行なっていながら、その悪事を相手方がやっているように、すり替えて、相手を罵るんですよ。
最悪の連中と言って、過言ではありませんよね。


つづけてぽん吉の発言が出てきます。

「誰が争いの種を蒔いたのか?」(ぽん吉発言)

それを受けて救国のコウは、

「自分たちから仕掛けたにもかかわらず、誰が仕掛けたか?分からないとは、笑止千万。
愚かを通り越して、悪質です。」(コウ発言)

「まんまと悪魔に入られて、引っ掻き回した挙句トンズラ。」(ぽん吉発言)


以上を振り返ってみましょうか?

「誰が争いの種を蒔いたのか?」


発端はピア健の連続揶揄とパクリですよね。

そうした事情も知らずに、擁護者のような顔をしてしゃしゃり出てきたコウと、どさくさに乱入してきたぽん吉ね。
争いを激化させたのは、あんたら二人ですよ。

「自分たちが仕掛けたにも関わらず … 」

そのセリフをピア健にぶつけることですね。

「誰が仕掛けたか?分からないとは、笑止千万。愚かを通り越して、悪質です。」

↑ このコウ発言は、そのままコウ自身に跳ね返って当てはまっているわけです。誰が仕掛けたか分からないで誹謗中傷を繰り広げたんですから、愚かを通り越して悪質なんですよ、救国のコウ、あなた自身がね。


「まんまと悪魔に入られて引っ掻き回した挙句トンズラね」(ぽん吉)。
これ、そのまま、ぽん吉とピア健にお返ししますよ。見事に当てはまってるからね、君たち自身にさ。トンズラの常習者だからね。


このあと、ぽん吉の発言がありますね。


「無明、無反省、無責任。
こんなヤツを応援し、慢心させた者たちにも責任はある。
「不綺語とは過ぎたお世辞を言わぬこと」よく聞きたまえ。
ランキングは麻薬と同じ。
普通のオッサンがクリック集めて舞い上がり影響力を持ったら、誰がそれを狙うと思う??」
(ぽん吉)


どさくさまぎれに、ランキング上位であることへの嫉妬心を、批判にすりかえて正当化してるのがわかるでしょう。
本当は自分がランキング上位にあがりたい、というのが、ぽん吉の本音なんですよ、もともとね。
ガンレオへの攻撃は、正義のためじゃなくて、もともと嫉妬心があって恨んでいたんです。
で、ピア健騒動のどさくさに、これを根拠にランキング上位を批判できると考えた。
嫉妬心を、正義の立場からの批判にすり替えて、自己主張できると思ったんでしょうね。
それが上の言葉に、顕著にあらわれてますよね。
ランキング、クリック、影響力、お世辞、応援、なんて言葉がたくさん並んでいますから、ランキング上位の人が得ている、そうした評価へのぽん吉の嫉妬心が丸出しです。
要は、ぽん吉の本質は基本は殆どこれ、嫉妬心と見て間違いないですからね。


これを受けて、コウも述べています。


「普通のおっさんがクリックを集めて、舞い上がりが最高です(笑)
Lのブログをよく表しています。」

これまた批判してるような顔をしているけど、本当は自分が一位になりたくて仕方がなかったんですよね、救国のコウは。
トーナメントで優勝だ準優勝だ、ってあれだけランキングにこだわっていた人物ですから、なりたくないわけがありません。
しかしなれない、どころか、ベストテンにすらなかなか入れない。人気が出なかったわけです。
それゆえ、ランキング不正だ、クリック集めて喜んでるだ、など、ぽん吉と同レベルの揶揄を行なっていたんですが、これまた嫉妬心以外のなにものでもないですからね。


このあとも、延々と、ぽん吉とコウの馬鹿発言が続いていますが、
きりがないので、続きはまた明日にでも書きましょうかね。

読まなくても、だいたい上に説明したように、ほとんどは自爆発言ばかりのデタラメであろうことが、
読む前から容易に説明がつきますけどね。

この記事の反証を書くだけで、こんなに文字数を必要とするくらい。
これでもまだ半分も解説終わってないんですから、

こういったデタラメ誹謗中傷記事を、ガンレオに対して、どれだけ膨大な量、投げ続けてきたか想像してみてください。
こういった誹謗中傷を、救国のコウとぽん吉の二人は、延々、半年間ものあいだ、ガンちゃんとレオの二人に投げ続けていたんですよ。


半年後に、わたしレオがついに切れて、反撃に出たのは、当然も当然といっていいでしょう。
むしろおバカさん二人を相手に、忍辱しすぎたといってもいいくらいです。

悪に対して破邪をかけ、正義をあらわすためにも、しばらくこうした破邪顕正記事を、書き続ける必要がやはりあると、わたしは考えます。


救国のコウが、該当記事を全削除して、幸福の科学カテゴリから出ていきでもしない限り、
この作業はケジメとして、やはり必要不可欠の作業だと思いますのでね。

とりあえず、以上です。長くてすみませんね。
読んでくれた方には感謝いたします。
<(_ _)> では。


つづきのコメントも転載。 こちら ↓

ああ、後半の解説をしようとしたら、アメンバー記事にされちゃいましたか。

夜中にアップしたコメントなのに、朝には反応してアメンバー限定にしてるとは、救国のコウの反応早すぎ!
でも限定記事にしたからといって、記事の削除にはなってませんからね。アメンバー相手の陰口に変更しただけの話でしょ。

なので、続きは保存データを使って書かせてもらいますよ。
幸福の科学カテゴリから今のうちに出ていくなら、やめてあげてもいいですけどね。
出ていかないなら続けます。

真実を明らかにするための「反証」ですから。
わたしレオには、これらのコウ批判コメントを書く資格が十二分にあると、自信をもって断言できますので。



ということで、反証の続きを書きます。

救国のコウの記事

BAKABONさんの記事再掲「普通のおっさんがクリック集めて舞い上がり」編
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11382009104.html
2012-10-17 20:11:00


 … へのレオ反証です。
アメンバー記事にされてしまったので、過去ログから必要箇所を引用しつつ、論破していきます。


ぽん吉による発言 ↓

「悪魔に決まってるでしょうが。
今回は小悪魔二匹だったから簡単だったがいつも面倒見てやれないのだよ。
いいかい、HS会員は真理を学んではいるが普通のオッサンがちょっと賢くなったに過ぎないのだよ。
だからね、ランキングという毒酒に酔うと手が付けられなくなってしまうのだよ。」


 … だそうです。
また悪魔って言ってるでしょう。ガンレオを指して小悪魔二匹と言っています。
人を悪魔呼ばわりしたのは、こいつ、ぽん吉の方だということが、いくらでも証拠が出てきますね。
言葉づかいの品の無さは、相変わらずのぽん吉節ですが、
発言中でまたもや、ランキングという毒酒に酔うと、なんて書いています。

ぽん吉自身がこれだけランキングにこだわり、執着しているんですよね。
本当は自分がランキング上位になりたいのに、支持されないからベストテンにも入れない。
悔しいから上位者に嫉妬し罵る。嫉妬心から上位者を悪魔呼ばわりして溜飲を下げようとしている。
そのぽん吉の嫉妬の心こそが、地獄の心と知るべきでしょう。言葉づかいの品性の無さをみても、そのことがよくわかりますよね。とても天国の心をもった人間の言葉づかいではないのが、歴然としていますから。


しばらく後で、ぽん吉はこのようにも述べています。

「普通のオッサンは、煽てりゃ扱ける、っつうのがよく分かったろ??
罪を犯させない為には、下手に褒めたり煽てたりしないことだな。」

褒めたりおだてたり、と書いてますね。
嫉妬の心が、こういうところに出てるんですよ。当人は自覚がないのかもしれませんけれどね。
褒められたりおだてられているランキング上位者が、うらやましくて仕方がない。
そうした立場に立てない自分が悔しいから、上位者を罵倒したくてしょうがない。
その気持ちが、こうした言葉になって現れちゃってるんですよね、ぽん吉の場合。
嫉妬心からの暴言であることが、容易に見て取れます。必ず嫉妬の言葉が入ってますからね。


さらに、ぽん吉の言葉をコウは引用しています。

「結局、彼らがその後、その罪を償わねばならなくなるのだよ。」


その通り、結局、ぽん吉と救国のコウが、その罪を償わねばならなくなっていますよね。今まさに。
ぽん吉が主張していた通りになりました。
もっとも、悪さをしまくって罪を犯し、その罪を償うことになったのは、ぽん吉とコウだった、というドンデン返しの結末ではあったでしょうけれどね。君たち2人にとってはね。
(・∀・)


救国のコウの発言も引用しておきましょうか。
こういう発言がありますね。

「反省の記事を出してもらおうと皆、指摘しているのに無視に無視を重ねています。
YG(やすらぎのガンブロの略称)のブログなんかは、いまだに詭弁を弄しています。」

だそうです。

反省の記事を出してもらおうと、わたしレオがいま、コウやぽん吉、ピア健、ピッポの過ちをさまざまに指摘しているのに、皆さん、無視に無視を重ねて、すっとぼけているようです。

詭弁を弄している?詭弁がお得意なのは、あなたたち4人組の方ですよね。
いつもいつも詭弁を弄して話をそらしては逃げまくっています。
嘘を言うのはやめましょう。自分らがやっている卑怯な行為を、ガンレオがやっているかのように、すり替えるのはやめましょう。


コウの発言、こんなのもありますね。

「(ガンレオの)悟りは低いです。
これは間違いない分析です。
ブログで同じカテゴリーを相手に批判することは、一般の人でも、なかなか思い付かないことです。」

同じカテゴリーにいる相手ガンレオに、半年間、根拠のないデタラメ誹謗中傷をつづけた救国のコウとぽん吉の所業は、なかなか思いつかないほどの悪行でしょう。

ちなみに今までのわたしレオの論証を読めばわかるかと思いますが、
わたしは事実根拠を明確にした上で、彼らへの批判発言を行なっています。
したがってわたしが書いてきた批判記事は、根拠なき誹謗中傷ではありません。

一方、救国のコウやぽん吉がしてきたことは、事実無根のデタラメや、妄想による決めつけ等を言いまくっているだけですから、完全な誹謗中傷です。まっとうな批判とは呼べず、悪意ある誹謗中傷、悪行です。

ガンレオがゲイ差別発言をした、ランキング不正をした、レオが不倫の帝王?、二人は悪魔である、などなど … 。
いったい、どうした事実に基づいて、これらの結論を事実であるかのように断定的に主張しているのか、あなた方は。
事実根拠も明示せずに、憶測や妄想で他人に罵詈雑言を浴びせて、こちらを貶めようとする行為は、誹謗中傷以外のなにものでもありません。


とりあえず、救国のコウのこの記事への批判は、このくらいにしておこうと思います。

基本、自己中心の勝手な言い分ばかりなので、コウにしても、ぽん吉にしても、その発言をそのまま受け入れる必要などまるでないことが伝われば、それで結構かと思います。

その傾向は、昨今の彼らの発言を見ても、そのままで少しも変っていないようですしね。

また別の記事を取り上げて、わたしレオからの反証コメントを、今後も随時追加していくつもりです。

では、またー。
Posted by レオ at 2015年08月10日 13:45
ぽん吉へ

何やら、類友の記事のコメント欄に書いてある。

当方とレオさんの記事を、コピペしたらしいな。

やっぱり、お前は、

ぽん吉は、害ということ、

つまり、ぽん吉害(きちがい)を、

自分で証明したみたいだな。

(大爆笑)
Posted by 英 at 2015年08月10日 16:09
ほんまやねー

ぽん吉害!言い得て妙です。

さすが冗談界の上段階出身だけのことはあります、笑。

ぽん吉は、真っ向批判されてる問題には、まともな反論ひとつできないで、

あんな冗談のやり取りにしか食いつけないんだから、ズレてるというか、情けないね。

それにしてもまあ、ガンレオブログのコメント欄まで、よー細かく読んでることです。
これ、レオの大ファンというのか、それとも単なるストーカーなのか。
少しは勉強するなり仕事するなり、ちゃんとせいや、ってアドバイスしておきましょう。

ぽん吉は、50歳代のオジサンなんだろうから、言葉づかいくらいは正しい言葉を選んで話すようにね。でないと恥ずかしいよ、信者以前に社会人として恥ずかしいってことだからね。

あと、たまには読者のためになるような、良い記事のひとつくらい書いてみたらどーだい?

Posted by レオ at 2015年08月10日 16:22
ぽん吉の迷言
「嫌なブログはね 読まなきゃいいんだよ」

  ↓
 
レオのブログを即日のうちに読みに来ている。
コメント欄まで読んだ上で、反応発言を多数している。

  ↓

ここから導き出される論理的帰結


@ ぽん吉は、レオブログの大ファンである。

もしくは、

A ぽん吉は、嫌いなブログなのに読みに来ている → 発言と行動が真逆で矛盾している「大ウソつき」ということになる。


どちらかということでいいですね。(・∀・)
Posted by レオ at 2015年08月10日 19:36
ぽん吉害君へ

おまえはほんとに凄い。(笑)

法を学んで、30年だって?

今は、2015年。

そこから、30引けば、1985年。

幸福の科学発足は、1986年。

座談会が、同年11月23日。

正確にいえば、1985年には、

まだ、幸福の科学は、この地上に存在すらしてなかった。

教えも説かれてなかった。

お前は、

まだこの地上になかった宗教に入って、

説かれてなかった教えを学んでいたのか。(爆笑)
Posted by 英 at 2015年08月11日 06:12
ひでさん、鋭い突込み!ナイスです。笑撃的なツッコミです(笑)。
ぽん吉はたしかに、法を学んで30年ってあちこちで言ってる。

ところが幸福の科学発足は、1986年10月6日なので、来年の2016年10月6日が来ないと、30年にはなりませんね。

今年2015年の10月6日になって、ようやくにして、満29年。
いまはまだ、28年と10か月しか経ってませんね。

ぽん吉は簡単な引き算も出来ていないようなので、小学1年から算数の勉強をやり直した方がいいかもしれません。

まだこの地上に存在してなかった幸福の科学に、30年前にぽん吉はどうやって入会したんだろうか。
霊界には先に存在したから、他の人たちより先に入会してたんだよ、なんて言うかもしれないので、
じゃその場合、お前の会員番号は何番になるんだよ!と前もって突っ込みを入れておこう(笑)。
Posted by レオ at 2015年08月11日 06:56
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201508140000/#comment

↑ この子羊のピッポ記事のコメント欄。

下の方にある「天使の羽根」を名乗る「ぽん吉」コメントにも、一言言ってあげよう。

まず第一。
お前のような邪悪な人間が、天使の羽根、などというハンドルネームを使うことがおこがましい。
666のハンドルネームを持つ50代オッサン、とかにでもしたらどうか?


第二。
ピッポやぽん吉の霊能自慢は、霊性でもなければ、自慢できるような神秘体験でもない。
単なる悪霊現象、霊障、低級霊の類のはなしでしかないのは、論証済み。
特にぽん吉は、トカゲやカマキリ、レプタリアンや悪魔とは仲良しなようだが、羽根の生えた天使が訪れてきた話などをぽん吉がするのを、見たことがない。
これ、ぽん吉が悪霊体質の霊障に過ぎない証明であり、何よりもそのブログ内容を見れば、地獄にどっぷり浸かっただけの霊障であることが、歴然である。


第三。
法友、法友を連呼しているようだが、ぽん吉、救国のコウ、ピア健、子羊のピッポなどの4人組のことを、そもそもからして「法友」などと思ったことはない。
同じく幸福の科学に籍を置く者であったとしても、君らのような邪悪な嘘つき、反省なき妄言ブロガーに、どうして「友」などという呼称を与える必要があるのだろう。
そんな親しい関係になったことなど一度もなかったこと、自明のはなしである。むしろ「法敵」と呼ぶ方が相応しいのが、君ら4人組の本質である。


その四。
正しい信仰にあるピッポ氏?
ピッポ氏の発言が、エルカンターレファイトの定義からして、邪見・邪説であることは、すでに論証済み。
修法エル・カンターレ・ファイトの秘儀は、悪霊飛ばしの前提として、当人の信仰心と、その信仰心により主から光をいただく、とすでに説明してある。
その光によって、光ある者は主との光の交流・魂の契りが可能となる。
しかるに、光を嫌がる悪霊は、主の光に耐えられず吹き飛ばされる。
すでに説明済みであるのに、ガンちゃんの発言が悪霊撃退の意味しか含んでいない、かのようにしか読めていない、ピッポ氏自身の読解力の無さの方が問題であろう。
答えになっていない、ということである。


その五。
主の修法を勝手に解釈して、その真義を捻じ曲げているのは、子羊のピッポの方である。そのピッポを応援しているお前、ぽん吉こそが歪めている張本人である、邪見の輩である。
法友の信仰も何も、お前たちは法友ですらなく、そもそも信仰にすらなっていない邪見の持ち主である以上、お前の指摘はまったくの筋違い。
自分自身にこそ、先の発言をぶつけるべきだろう。

「要らざる我説を立てて、主の修法を勝手に解釈し、法友の信仰すら歪め惑わそうとしている(ぽん吉の言)」

以上の発言は、ぽん吉自身にこそ当てはまる言葉である。
Posted by レオ at 2015年08月16日 17:44
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201508140000/#201508162025428553

↑ ピッポ記事、5つめのコメント、ぽん吉のコメント。 皆さん、よーく読んでくださいね。

今まではさんざん、誰かにエルカンターレファイトをやられた、とか主張していたくせに、

「憎しみの念で行じた時点で、それはエルカンターレファイトではなく、単に憎しみの念を飛ばしただけ」というレオコメントを読んだら、

次のように、ぽん吉は意見を変えてきました。


「要するに 「僕、悪用しました」 ってことでしょうが(爆) エルカンファイトを建前に 悪想念をぶつけた ということ」



要するに、じゃないんだよ。
お前は今まで、憎しみによるエルカンターレファイトをやられたと言い張っていたんだろう。 その発言が邪見だと、こちらは指摘していたのだよ。

エルカンターレファイトは憎しみで行じれば、相手を倒す危険な武器になる、というピッポの邪見、お前の邪見、その発言自体がエルカンターレファイトの名を貶め、汚している大間違いだと指摘している。

それが、こちらの指摘を受けたら、コロッと意見を変えすっとぼけて、

じゃあ要するに、エルカンターレファイトじゃなくてもいいや、憎しみの念を飛ばしたでも、要はそういうことだろ、

なんて返事は、まったく通用しないんだよ。

お前がやるべきことは、次のことだ。

今までのぽん吉の発言はウソでした。間違いでした。
エルカンターレファイトをやられたなどと発言して、主のお授け下さった修法を、貶め、汚す発言をしてしまいました。
そう言って、主にお詫びするべきなんだよ。

間違いを認めるなら、お前もピッポも、修法エルカンターレファイトを間違って理解していて、申し訳ありませんでした。
お許しくださいと、主に謝罪することだ。

要するに悪想念をぶつけたということ、じゃないよ。
すっとぼけるのも大概にしときたまえ。
Posted by レオ at 2015年08月16日 21:20
わたしレオは以前、ブログ村幸福の科学カテゴリから離脱した際に、
出て行ったことを悲しまれ、戻ってきてほしいと頼まれたりしました。
惜しんでくれた方は、本当に心のお優しいブロガーさんばかり。去ることを惜しまれるというのは嬉しいものですし、本当にありがたい思いがいたしました。

一方のぽん吉は、まさに正反対、こいつには出ていってほしいと、多くのブロガーや読者から苦情が出ていました。
実際に出て行ったあと、悲しむ者は誰もいませんでした。
ああ、お仲間のコウくらいは悲しんだかもしれませんけどね、大部分の人は喜びました。

ここに人間性の差が出ているということでしょう。

さらには、ブログ村運営者さんによる、カテゴリ強制移動の際には、
なんと、ぽん吉のブログが批判・告発カテゴリへ移動されるという「珍事」が起こりました。

信者ではない、第三者の運営者さんから見ても、そのブログ内容が、幸福の科学批判、アンチサイトに認識された、ということかと思います。

さすがにアンチカテゴリに強制移動される信者ブログは、ふつうは有り得ないところですが、
ぽん吉のブログには、そのまさかの珍事が発生した、というわけです。

さすがはアンチ・ブリュンヒルデ、ソフィアを名乗るだけの邪悪なブロガーだけのことはあります。
運営者さんにすら、その本質が感じ取られてしまった、ということなのかもしれませんね。

今では、幸福の科学カテゴリにひっそりと再登録しようとしても、すぐに通報され、即日追い出されてしまうほどの、要注意人物扱い、ブラックリストに登録済みのブロガー扱いのようです。

(・∀・)/
Posted by レオ at 2015年08月22日 08:36
ぽん吉ブログが批判・告発カテゴリーに登録されていたので通報しました。
来週中には消えると思います。
Posted by 匿名希望 at 2015年08月23日 14:31
カテゴリに登録もさせてもらえない、と書かれて悔しかったんでしょうね。

けれどもこうやって、すぐに反応しておバカな行動に走るところがまた、彼の精神の幼稚性を露呈させているだけのことです。
アンチカテゴリに自ら進んで登録している時点で、ぽん吉=ソフィアの自白と見ていいでしょう。

哀れですね、ほんとうに。
Posted by レオ at 2015年08月23日 14:59
ぽん吉の、自分を棚にあげた<ブーメラン自爆発言>


------------------------------------------------------------
1、他人を霊障よばわりするも、ぽん吉自身が誰よりも重度の霊障者であるのが、歴然。
 → 当会の教えに照らせば、4人組の方が明らかに霊障の特徴を備えている。(誇大妄想、捏造、誹謗中傷、主の法を捻じ曲げる邪見、等々 … )

------------------------------------------------------------
2、法友への誹謗中傷を連呼するも → 誰よりも誹謗中傷を行なっているのが、ぽん吉である。
  ちなみにガンレオは事実根拠を明確にした批判および、正当防衛の反論を行なっているのであり、
  ぽん吉一派のように有りもしない捏造ネタで人を罵るような誹謗中傷は行なっていない。

------------------------------------------------------------
3、ガンレオが嫉妬していると言い張るものの、ガンレオは4人組に嫉妬する理由がゼロ。
  → ぽん吉の方がランキング上位に「嫉妬している」というのが真相
   自分のファンがいないことも嫉妬の原因のようだが、それは自業自得というもの。

------------------------------------------------------------
4、正語とは、などという記事をアップするも
 → いちばん出来ていないのが、ぽん吉。
  ぽん吉の言葉の下品さを見れば、正語などとは無縁の状態であることが、歴然。

------------------------------------------------------------
5、激誠神風などと名乗るものの → 誠の心などゼロであるのが、ぽん吉

------------------------------------------------------------
6、1vs1でサシの勝負が出来ない者は卑怯者、などと威勢のいいことを言っていたが、
 → 敵を前にして速攻ブログを削除してトンズラ。
  しかもいま現在も便衣兵みたいな迷惑行為でしか対抗できない卑怯者こそ、ぽん吉であること。
  サシでの勝負が出来ないヘタレは、ぽん吉。

------------------------------------------------------------
7、「地獄の方程式」を読んでも、他人事のように読み、みずからを省みる学びにする気なし。
 → この本には、ぽん吉に該当する主の導きの教えが山のようにある。
  ぽん吉は、自分のことが列挙してあるくらいの気持ちで、深く読み込んで反省すべし。

------------------------------------------------------------
8、嫌なブログは読まなきゃいいんだよ、と言いながら、
 → 敵のレオブログを熱心に読みに来ている。コメント欄まで丹念に読んでいる。
 → 結論。レオブログの熱心なファンであるか、もしくは言ったことを自分で守らない嘘つき。

------------------------------------------------------------
9、ガンレオに悪魔呼ばわりされた、と言い張るも、
 → 実際は、ぽん吉とコウの方が、ガンレオを何度も悪魔呼ばわりしていた。(証拠アップ済み)

------------------------------------------------------------
10、ランキングサイトは悪魔の巣窟と主張しながら、
 → ランキング内の子羊のピッポブログや救国のコウブログに執着し続け、延々と誹謗中傷コメを連発。
 → 批判告発カテゴリに登録して、日頃の持論をみずから否定している。
  悪魔の巣窟ランキングサイトに自分で登録するというのは、どういうことか。

------------------------------------------------------------
11、人のことを、カマキリ、トカゲ、レプタリアン、などと罵倒するも、
 → 実際はぽん吉自身が、カマキリ、トカゲ、レプタリアンと同類で、お友だちらしい。

------------------------------------------------------------
12、ぽん吉ドラゴンと戦え!などと口だけは勇ましいが、
 → いざとなると速攻でトンズラするヘタレ。ドラゴンを名乗るのはオコガマシイ。

------------------------------------------------------------
13、ブログなんて奪う愛であり自慰、と言いつつも、
 → ぽん吉自身が山のように大量のブログを乱造している事実。自称・自慰ブロガーということか。

------------------------------------------------------------
14、ガンブロがアンチと戦わないのは解せない、などと揶揄しておりながら、
 → 自分が不利になると恥ずかしげもなく、アンチの発言を引用したり、アンチと戦うそぶりも見せない。解せないのは「ぽん吉」の方である。
 → ちなみにアンチ意見は、4人組の悪質な捏造・歪曲を意図的にスルーし偏重しているので、参考にする必要すらなし。

------------------------------------------------------------
15、人をレプタリアン、天狗仙人などと言うも、
 → 実際は自分たちの方がレプタリアンや天狗仙人ではあるまいか。
 → ぽん吉は自分で「エンリルが送り込んだ工作員」と自称していた。
 → ピア健は自分で自称・仙人、レプタリアン側の進歩型マイノリティ宇宙人を自称。

------------------------------------------------------------
16、法友への攻撃と言いながら、自分たち自身がその法友へ攻撃を加えている。
 → (悪魔と呼び捨てた)ガンレオでも法友だと、コウ、ぽん吉、ともに発言中。したがって彼らがガンレオを攻撃したら、法友への攻撃を行なっていることになる。


------------------------------------------------------------
17、アンチのブリュンヒルデ、ソフィアとは別人だと言い張るものの、
 → 具体的で、説得力のある総合的な反論は、いまだ一切なし。
 → 別人であるのなら、レオが立てた仮説を論破するなど、いと容易いはず。それが出来ないのは不可解というしかなく、「事実であるがゆえに反論できず」と見做されても仕方がないであろう。
 → なお、ぽん吉とブリュンヒルデは別人というわりに、無意識のうちに両者の意見が混在し、双方ともにアンチ的発言をしたり、信者的発言をしていること多数。事実上、同一人物であることの自白に等しい。

------------------------------------------------------------

とりあえずのまとめとして、このくらい挙げておけば十分でしょうか。
おいおい、ぽん吉=信者の資格なし=アンチ的存在、の論証数箇条と同じく、
こちらも追加していきたいと思います。
10箇条あるだけでも、十分多すぎる異常な数だと思いますので、読者の皆さんの参考にしていただきたいと考えます。
いずれ、両コメントとも、さらにわかりやすく整理した形にして、記事としてアップしようかとも計画中です。

それでは、また。
Posted by レオ at 2015年08月27日 00:59
レオ氏が上記コメントをアップしてからすぐにぽん吉がこのようなブログ記事をアップしさらにピッポ氏ブログコメント欄においても繰り返し載せている。またそれに便乗してピア健氏も記事をアップしている。

まずはぽん吉による反応記事について。




【緊急拡散】 情け容赦ないレオブログへの抵抗運動・拡散中!!
http://simplog.jp/pub/tw/22666781/100

>レオブログにて、ピア健氏のヌード画像ページを、勝手に張り付けた信者さんがいます。
プライバシー侵害を理解していないようです。
今だに謝罪もせずに張り続けています。
レオ氏の「ブログコメント欄管理の無さ」もありますが、一緒になって、断罪しております。
この常識の無い2人の信者が、まともでないことが、一般人には分かることとなりました。
この場が、公の場であることを忘れているか、理解していないか、レオブログの非常識さが明らかになりました。
色情地獄だとか、なんだとかで、公の場に晒した行為が、正義と主張してはばかりません。
仮に色情地獄だとしても、個人のプライバシーを勝手に公に晒しだす権利があると思っているのでしょうか。
この「思い上がり」と「狂っている心」を多くの方に知って頂き、みんなの力で解決して参りましょう。
まずは、この「事実」を一人でも多くの方々に知ってもらいましょう。
http://www.seesaa.co.jp/pages/enq/input.pl?enq=2
http://help.blogmura.com/2010/07/202.html
http://www.blogmura.com/report.html
https://contactus.happyscience.me/jpn/
https://contactus.hr-party.jp/
(転載以上)


@必死に論点ずらしをしようとしているようだが、
そもそもレオ氏に対して事実無根の一方的思い込みで「色情」「色欲」「性魔術」「不倫の帝王」などと中傷していたのがぽん吉とピア健氏(参照:本記事過去論証)

Aそれらピア健氏からレオ氏に向けられている事実無根の中傷に対して
「レオ氏への根拠のない誹謗中傷の前に、ピア健氏自身が色情地獄的職業をしているではないか」
と指摘したのが、当方が貼り付けたピア健氏の営業用サイトのURL

Bそれに対してぽん吉・ピア健氏は「人格攻撃」「非人道的な晒し行為」と称しているようだが、まず自分達がレオ氏にしてきた捏造による誹謗中傷への反省と謝罪はないのか?

Cまた自分の色情地獄的職業を隠してレオ氏を事実無根の妄想で色情・色欲・性魔術と揶揄したピア健氏の悪質な二重基準はどう説明するのか?

D(秘匿性を持つ会員制サイトではない)ピア健氏によって広報目的に作られたゲイ向け売春業サイトのURLをこちらに載せたことをもって「人格攻撃」「非人道的な晒し行為」とはどういうことか?理解不能。

E>仮に色情地獄だとしても、個人のプライバシーを勝手に公に晒しだす権利があると思っているのでしょうか。

ぽん吉はすでにピア健氏の職業が「色情地獄的」であると認識している

F幸福の科学の教えに照らして、レオ氏よりも仏法に反しているのはぽん吉とピア健氏である事実。特にピア健氏の職業は信者として由々しき問題であろう。疑問があるならネットではなく直に精舎講師や総合本部に確認を取ったほうが良いだろう




結論

ぽん吉とピア健氏は信者として不都合な事実が暴露されたことに怒っている。しかし現在も
レオ氏を捏造によって中傷し続けている事実については反省も謝罪もない









Posted by 匿名希望 at 2015年08月27日 16:39
ぽん吉の、自分を棚にあげた<ブーメラン自爆発言>17ヶ条。

本記事のトップ位置へコピペして、いちばん初めに目につくように配置しておきました。

内容は、おいおい追加するかもしれませんが、記事トップに<まとめ>を置いておいた方が、
はじめて記事を読む方にも、ぽん吉なる霊障者の正体が、てっとり早くつかめて便利でしょうとの考えゆえです。

以上、ご報告まで。<(_ _)>
Posted by レオ at 2015年08月30日 01:24
http://gunleo.seesaa.net/article/422740752.html


↑(・∀・)↑ こちらもよろしく。

Posted by レオ at 2015年09月05日 14:11
ガチムチ健太郎とぽん吉が現在も他ブロガーへの誹謗中傷で結託している証拠(関係者証拠保存推奨)
https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies

これを受けて下記を公開する




【ぽん吉・ガチムチ健太郎がレオその他ブロガーに向けるレッテル貼りはすべてぽん吉・ガチムチ本人にあてはまる法則】



http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132762244124/

(以下ぽん吉の記事内容)
「ランキングバナー貼り付けて「応援して下さい❤」
と愛を奪い
敵視する法友を集団で嬲り潰す
地獄そのもの(笑)
ブログという執着!!」


 @ガチムチ健太郎氏は昔から現在までバナーを貼り付け続けている。当時ブログ村外にいたレオ氏を自記事で揶揄し挑発し続けた結果、複数のブロガーから責められ、ブログ村から逃げたのを「ランキング上位だった自分に嫉妬されてブログ村から追われた」と繰り返し責任転嫁した形で吹聴したのもガチムチ健太郎氏。ガチムチ健太郎氏自身がランキングに執着していた事実
 A人気のあるブロガーの記事に対して「多様性顕示欲」という名において批判・揶揄することで自己の優位性を確立していたガチムチ健太郎氏
(参照:http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11323765203.html
明らかに上位ブロガーへの対抗心・嫉妬意識によるもの)
 Bブログをいくら通報されても建てまくるのはぽん吉。ブログに対する異常な執着
 C色情地獄・責任すり替え・ぽん吉によるブロガー攻撃を助長するガチムチ氏と、妄想・捏造による邪悪な誹謗中傷だらけのぽん吉、まさに地獄波動





http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132836022944/

(以下、ぽん吉の書き込み省略)


 @現在進行形でブロガーを公開処刑しているぽん吉とそれを助長するガチムチ健太郎氏
 A「多様性顕示欲」で嫉妬による攻撃(人気ブロガーの記事を揶揄することで自己の優位性を示す)を正当化したのはガチムチ健太郎氏
 B他ブロガーはガチムチ健太郎氏に嫉妬する理由がない(ぽん吉お得意の妄想による断定)
ぽん吉自身がレオ氏・ガンちゃん氏・その他ブロガーに対して激しく嫉妬しているのは記事内容から十分に理解できる
 C「血の池ハーレム」とはガチムチ健太郎氏の職業。不特定多数の男性との性行為



http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132573456044/


 @ソープランドとはガチムチ健太郎氏の職業
 Aネット不倫という概念はHSには存在しない。いつものごとくぽん吉の妄想。女性ブロガーに人気があるレオ氏に対して、ぽん吉が激しく嫉妬している心情がはっきり出ている




まとめ

ぽん吉の語る嫉妬その他の誹謗中傷は、そのままぽん吉とガチムチ健太郎氏にあてはまる。
ぽん吉・ガチムチ健太郎氏はいつまでもレオ氏や他ブロガーへの悪意で結託するのではなく、自分の嫉妬心について反省することを勧めたい
ぽん吉もガチムチ健太郎氏も、「レオ・ガンちゃんその他ブログ村ブロガーへの公開処刑」はもういいかげんにした方が良い
自分達をますます不利にするだけであるからだ


Posted by 匿名希望 at 2015年11月11日 10:24
わたしが批判している4人組(ぽん吉、ピア健、救国のコウ、子羊のピッポ)に共通する、主たる特徴は…

嫉妬心、自分の悪事を棚にあげる、無反省、平気でウソを言う、捏造癖、虚言癖、悪質な印象操作癖、誹謗中傷癖、誇大妄想、法の曲解・邪見、論理矛盾・破綻だらけ、発言への無責任、主張に一貫性がなく変節多数、などなど、数え上げればキリがありませんが、

ぽん吉に関して、特に特徴的な問題点を以下に列挙します。


・エル・カンターレ・ファイトをエルカンファイトと蔑称し、集団呪詛などという言葉で表現する、三宝誹謗の罪を犯すも、主への謝罪と反省がなし。

・信者を自称していながら、アンチの発言を引用したり、アンチに協力を求めたりといった、異常行動を取る。

・アンチと同居しても戦わずトンズラする、不自然な行動と、へたれ卑怯者ぶり。

・総裁先生と信者ブロガーを採点し、総裁先生を最下位にした罪を犯すも、謝罪と反省なし。

・アンチのブリュンヒルデ、ソフィアは、ぽん吉本人であることを論証されるも、反論らしい反論はいまだ出せず。事実上アンチ確定しているにも関わらず、いまだ信者顔をして発言している。

・猟奇犯罪や性犯罪のニュース記事や、気持ち悪い画像を、ブログに大量に貼っている。ぽん吉自身が、こうした猟奇犯罪に異常な興味関心を持っている異常者であるのが明白。

・使ったハンドルネームの数は数十のレベルではなく、3桁にも及ぶであろうほどの、乱用多用ぶり。発言への責任を取らないための工作であるのが明らかな行動。自己責任を旨とする信者ではありえない。

・主と幸福の科学、サンガ、職員、信者を侮辱する発言多数。

・議論相手を罵るのに、エル癌ターレなどと書いて、主の名を汚す。

・幸福の科学を、大川教、などと呼んだりもする。信者はこのような呼び方は決してしない。

・ブログを大量に乱造して、毎日のようにネットに張り付いて、不平不満記事の繰り返しコピペを行なうという、奇行癖・異常行動を取る。

・ブログ村にブログを登録するも、第三者の運営者さんに、何度も削除されているという事実。なお、削除された理由への自己反省や、改心の形跡なく、開き直って自己主張を続けているだけの、無反省人間。

・信者を自称しておりながら、幸福の科学の批判告発カテゴリに、現在みずから進んで登録中。追放処分ではなく、自分から率先して批判告発カテゴリに登録している時点で、信者を名乗る資格なし。

------------------------------------------

他にも山のように問題点を指摘できますが、キリがないので、今日はとりあえずこのくらいにしておきます。

なお、以上あげた問題点は、すでに↓このレオによるぽん吉批判記事3つに、さらに詳細に述べてあることばかりです。ぽん吉の異常性、邪道性が十分に論じられていて、こやつの本性が浮き彫りになっているかと思います。↓

http://gunleo.seesaa.net/article/422483328.html
http://gunleo.seesaa.net/article/422482497.html
http://gunleo.seesaa.net/article/422740752.html


ぽん吉自身、上の3記事を読んでいることは確実であるのは、ぽん吉の反応コメントを見れば明白です。


ところがぽん吉は、以上、指摘された【ぽん吉自身の悪事の数々、悪行三昧】は見て見ぬふり。
いっさいの抗弁も、正当な理由を述べて言い訳するでもなく、臭いものには蓋をして知らんぷり、を決め込んでいるのか、相変わらずの無反省です。

さらには、自分への批判をかわし、問題をうやむやにしたいためか、意図的に話題をそらし、ピア健(ガチムチ健太郎)の画像がどうのこうの、とかいった、他人の問題を必要以上にクローズアップして、

そちらが問題だ!と騒いで、自分が犯した数々の悪行が、まるで存在しないかのように逃げようとしています。

したがって読者の方々にも伝えますが、最初にあげた十数か条の、わたしレオによる、ぽん吉批判に対して、ぽん吉が信者として真っ当な返事が出来るかどうかを、今後じーっと観察してやってください。

ピア健がどーこう騒いでる場合、もしくは、ガンレオおよびアマミキョさんに対して、法友を屠るだの、文句を言ってるだけの発言が多い場合は、

ぽん吉は、自分の悪事から逃げようとしている、卑怯な誤魔化しのための大騒ぎをしているのだ、と彼の本音を見抜いてしまってください。

まずは自分が犯した悪行の数々を、きちんと弁明せよ。
弁明できなければ、反省せよ、主に謝罪せよ。
それがまず、お前のやることだろう、ぽん吉よ。

こう述べておきたいと思います。
Posted by レオ at 2015年11月11日 17:26
アンチカテゴリにブログを登録している、自称アンチのぽん吉は、コピペしまくりで、わずか一日のあいだに、記事を20近くも投稿してるのに、なんとOUTポイントがたったの40。
これは4人しかアクセスしていない、ということです。ブログ村経由からね。
20も記事があるのに、たったの4アクセスとは!悲しさを通り越して、ペーソスさえ漂っている、と言うしかありません。

ちなみにわたしレオは、ありがたいことに、1記事あたり、60〜70人はコンスタントに当日中に見てもらえてますし、話題の記事になると、さらに多くの人に読んでもらえているようです。

20記事に対して4アクセスのぽん吉と、
1記事に対して70アクセスのレオと、
この読まれ具合の差は、比例換算すると、4:1400の差になりますね。
1:350ですね。

レオは、ぽん吉の350倍読まれている、関心をもたれている、ということになります。
たいへん有り難いことですが、これは言い換えると、ぽん吉はレオの350分の1の影響力しかない、という残念な結果を証明している数値でもありますね。

以上をみても、ぽん吉はブログなどやるのに向いていない、下手な鉄砲数打ちゃ当たるということわざがありますが、無意味なブログ記事を乱造しても、まったく読まれない閑古鳥では意味がない、やめた方がいいよ、とアドバイスしておこうと思います。
Posted by レオ at 2015年11月30日 22:32
ぽん吉もピッポも、ブログ村に長らく居座って、やたらと記事を投稿するわりには、

ブログ村のバナーボタンを全く貼らずにいる。
必ずしもランキングに参加しなくても構わないのだけれども、
彼らのように大量に記事投稿しているくせに、バナーボタンを貼らないのは、単なる「逃げ」でしょう。

自分がいかに「人気がないか」がバレてしまう。
ぽん吉のように、一カ月で700も800も更新しまくっている人間が、
週当たりのアクセス数がたったの30、40って、あまりのアクセスの少なさが、恥ずかしいくらいのものですね。
私だったら、書いても読まれない閑散ブログしか作れなかった自分を恥じて、ブログをやめるでしょうね。

要するに、ポイントが入らない、支持されていないのがバレる。人気がないから、決して上位には上がれない。
そうなると恥ずかしいから、バナーボタンを張らないで「逃げている」。
貼ってないから、ランキング上位に上がらなくてもおかしくないのだ。そう言い訳できますからね。
まぁ最初から、卑怯で言い逃れするための工作をしている、へたれの卑怯者なんですよ。

彼らがタチが悪いのは、そうやって卑怯な自己保身を図りながらも、
自分の意見だけは聴いてもらいたい。押し通したい、目立ちたいんですよね。
発言のリスクを取ったり、ランキングで結果が出てしまうことは嫌がるくせに、
自己主張だけは喧伝したいのです。
だから、ぽん吉などはバカみたいな異常な数を投稿しまくるのですね。
ピッポも同じことです。自分の意見を言いたい、押し通したい、喧伝したいのだけれども、重い責任は取りたくないんですよ。
だからランキングには無関心のふりをして、実はランキングから逃げているだけ。
発言は言いたいけど、責任は負いたくない、そういう卑怯なる「逃げ」です。


このあたりのことは、記事でも書いていますので、↓ こちらを参照してみてください。



ランキングバナーの考察 (ピッポ氏とぽん吉の考察を含む)

http://gunleo.seesaa.net/article/421816868.html

Posted by レオ at 2015年12月07日 12:32
ぽん吉なる邪悪ブロガーは、三宝誹謗の罪を犯しまくって恥じない破廉恥漢、ゆえにとうてい信者ではありえません。
万が一、籍を有していたとしても、内部に巣食い、アンチ活動を行いし外道にすぎないでしょう。なぜならば … 、


主である仏を冒涜する言葉多数。

法を捻じ曲げ、悪用し貶める発言多数。

僧、サンガや職員・信者をネット上で批判しまくり。


すでに、こうした前科を山のように積み重ねてきているからです。幸福の科学に害を成す「悪」以外の何者でもない、ということです。

かように、三宝のすべてを侮辱するぽん吉なる邪悪ブロガーは、封印すべき悪と断定していいでしょう。

よって不肖わたくしレオが、今後も引き続き、徹底的にこやつの悪事の数々を白日の下に晒し、打ち砕き、封印していていく所存であります。

三宝誹謗を犯す者は、降魔の剣で打ち砕くことこそ、正義なり!


<追記>

いちおう念のため追記しておきますが、このぽん吉がわたしレオほか、幸福の科学信者に対して行なった、無数の、根拠なきデタラメの誹謗中傷、罵詈雑言は、とうてい許せる限度を超えています。
それゆえ、わたしはこのぽん吉に対しては、遠慮する必要はまったくない、それどころか、このくらいの批判では正当防衛言論としても、まだ物足りないかな、くらいの程度だと思われます。
わたしは基本的に、事実根拠を述べて、ぽん吉の邪道性を暴露していますが、
ぽん吉がやってきたことは、事実無根の誹謗中傷、捏造、偽り、虚言、罵詈雑言にすぎず、
その対象はわたしや友人ブロガーだけでなく、大川隆法総裁先生の名をも汚し、幸福の科学という宗教団体をも貶める、邪悪な行動に満ちています。現在もその状態は変わっていませんね。
仏法僧の三宝を誹謗する行動は言うに及ばず、個人的動機にても、断固として許すまじ、といって遠慮するつもりは毛頭ないことを、ここに明言しておきたいと思います。

すでにブログ村幸福の科学カテゴリから、追放されて久しいぽん吉ですが、また乱入してきて迷惑行為に及んだら、わたしが叩きのめします。
映画の中で逃亡したレプタリアンの如く、再度、追い出される憂き目に遭うことでしょう。すべては因果応報、自業自得の報いというものです。
自分が悪人であることを悟らない限り、改心なんか全くできやしないというのが、真理の厳しさというもの。
脚下照顧して自己を反省できないうちは、ぽん吉がまっとうな人間に立ち戻ることはないでしょう。まずは自分自身の罪を自覚せよ、さんざん行なってきた悪行の数々を自覚せよ。地獄の方程式の教えを、自分のことだとして受け止め、自分を省みることだ。そうアドバイスしておきたいと思います。

Posted by レオ at 2015年12月08日 15:12
自分のことを言うのもアレですが、

わたしレオがブログ村幸福の科学カテゴリを去った時、惜しんでくれた人が多くいました。
今でもブログ村にいてほしいと、よく言われます。お友達も多いですしね。
ジャスミンさんやcocoさんなどは、記事やコメントでレオのことに触れてくれましたしね。
(ぽん吉はこれに嫉妬して、キャプチャ画像まで貼ってます。みっともないねー嫉妬心というのは、と言わざるを得ませんね。)



一方、ぽん吉はどうでしょう。

ブログ村にコイツ(ぽん吉)がいるのが問題だ!と第三者から指摘され、騒ぎたければ外で独りで騒いでろ、みたいに言われさえしてました。

第三者からしても、かようにして迷惑な存在で、邪魔だから出て行ってほしいブロガーが、ぽん吉だったんですよね。

ぽん吉が出て行った後は、気持ち悪い記事をアップする人間もいなくなり、悪想念波動が一挙に減って、だいぶスッキリして、多くの訪問者が喜んでいましたっけ。


この違いは何なのか。

言うまでもなく、ぽん吉は、奪う愛まるだし、地獄霊の心でもって、不平不満ばかり書いている、悪想念ブロガーだから嫌われていた。
というだけの話ですね。

与える愛の気持ちで、善き記事を書き、魅力的な文章を数多く書いているのなら、多くの読者に関心を持たれ、人気も上がっていくんですよ。

ところが、ぽん吉のように、邪悪な発言ばかりして、悪想念をまき散らすしか能のない邪悪ブログを乱造すれば、誰にも相手にされなくなる。気持ち悪くて不快だから、出て行ってほしいと嫌われる。
そういう顛末になるんですよね。

いくら仏法真理の書を持っていても、口だけで「与える愛」というだけでは意味がないんですよね。
心が「奪う愛」なら、それは地獄の心です。
ぽん吉が嫌われるのは、その心と文章が、地獄だからです。

その大本にあるのは、嫉妬心でしょうね。
本当は自分が認められたくて認められたくて仕方がない。愛されたくて、評価がほしくて仕方がない。
だけど評価されない、愛されないから、ふてくされて、他の人間をこき下ろすことで、自分の不平不満を発散し、溜飲を下げようとする。

これが、ぽん吉が地獄ブログを量産することになる、原因でしょうね。
反省なくして、天国の心に到ることは出来ないんですよ。
自己中や不平不満のエゴでは、幸福にはなれないんですよ。
他人から好かれることもないんですよ。

愛を与えましょう。多くの人の幸福を願いましょう。
そうした思いを持ち、そうした言葉を投げかけて、生きていきましょう。
与える愛に生きるとは、そういうことなんですよね。

お題目のように、正語が大切って口だけで行っても、ぽん吉のように下劣で下品な言葉を吐いているようでは、0点なんですよ。

こういう輩を指して、論語読みの論語知らずと言います。
幸福の科学の信者であっても、正しき心の探究を実践していなければ、肩書だけあって、中身は普通の人以下ということ、そんなことは幾らでもあるでしょう。
特に、ぽん吉の場合は、常識すらわきまえない、社会人としても落第レベルの有様なので、信者としての真理の広宣流布を、ネットで行おうなど100万年早いと言うしかないですね。

さっさとブログなど止めて、精舎で雲水修行を徹底してやらせていただくとかした方がいいでしょう。
邪悪な心で山のように言葉を吐いても、意味がないということです。


Posted by レオ at 2015年12月18日 11:22
ひまか? ( ・◇・)
Posted by レオ at 2016年02月16日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。