2015年07月21日

【レオ】ピア健(ガチムチ健太郎)の隠された正体(やすらぎのガンブロ記事へのレオコメント1つ)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!




8月11日、コメント更新あり  2015-07-20 18:11:10  記事初投稿の日時


さきほどいただいたコメントで、ぽん吉のブログアドレスが紹介されており、
そこにはピアニスト健太郎による名指しの誹謗中傷が散乱しているのが、ひと目でわかります。
◆信仰で己を正当化すれば鬼気に通じ、長袖の餌になる
http://sayachanmitetene.blogspot.jp/2014/09/blog-post_7.html

気持ちが悪いページなので、皆さんはクリックしてページに飛ぶ必要はございません。証拠資料としてアドレスを貼ってみせただけですから。
↑ もしこのアドレスをクリックして記事が削除されていたら、その場合は証拠隠滅をしたとお考えください。神さまのもとで清廉潔白であるなら、唐突に削除する理由はないはずです。なお、文面を改ざんした場合は、わたしがすでに保存済みの元の内容と比較し、どこを改ざんしたか暴露します。


ブログ村にはいないとはいえ、いまだにぽん吉と仲良くつるんで、自分を棚に上げた悪口三昧であること、とうの昔に証拠を掴んでいます。
2015年のピア健発言がありますね。いまだにデタラメ発言による、こちら側への誹謗中傷を続けている、明らかな証拠かと思います。
よって、四人組の一角として、しかも陰に隠れて悪口を言い続けるこの人物の陰湿な悪辣さを、白日の下にさらさせていただきたいと思います。これは救国のコウ氏がつい先ごろアップした記事タイトルでもありますので、嘘を白日の下にさらすこと、なんの遠慮も不要かと心得ます。

あらためて申せば、そもそもの発端である、わたしレオと、ピア健の論争ですが、
互いに名指しで議論していなかったために、彼に遁走してごまかす隙を与えてしまい、さらには彼お得意の詭弁とごまかしにより、ピア健被害者説という虚構をでっちあげられ、その虚構に乗ったぽん吉と救国のコウが、半年以上もの長きにわたって、わたしレオとガンちゃんを、延々と誹謗中傷し続けるという、結果を招いてしまいました。
なまじの遠慮と忍耐が、かえって悪しき結果を招いたことを反省しましたので、悪事とは徹底的に戦い、その欺瞞と虚構を暴かないといけないのだな、ということを学びました。
よって今回は遠慮なく、救国のコウ、子羊のピッポ、ぽん吉、ピアニスト健太郎の悪行の数々を洗いだし、本ブログで徹底追求することにしました。
ピア健で四人目になりますが、この人物の悪辣さを放免し、許すわけには行かない理由は、最初に述べた通りです。

さて、以下の文章では、大まかな表現ではありますが、、
ピア健なる人物が一方的な被害者である、などというのは、そもそもが彼によってずる賢く仕立てられた「虚構」にすぎなかったということを、概要的にあらわしてみました。
必要とあらば、さらに細部にわたって記述してもぜんぜん構いません、わたしとしては。(証拠資料は保存して残してありますから、具体的に記事名と発言を引用しながら、詳細に述べても構いませんよ)
先にアップした記事で書いたがごとく、ぽん吉が自分の単なる嫉妬心を、ピア健擁護という虚構の正義にすり替えて、延々とこちらを誹謗中傷を繰り広げているので、最初の虚構のところを斬って捨てることにいたしました
そのための、ピア健考察・序論です。

ピア健の現在のブログ記事を見ても、いまだに自己正当化と詭弁、他者への責任転嫁。悪いのは自分を批判する連中だという、すり替え。彼の欺瞞を暴く材料は山ほどあるようです。
なお、もしここを見ていたら、ピア健本人に忠告しておきますが、ここを読んだ後で慌てて、危うい文章を書き直したり、削除して知らん顔しても、もう遅いですよ。
ネット上にアップされた記事は、ページ保存、画面キャプチャができるのですからね。
最初に書いたように、記事を削除・改ざんした場合、保存済みの元データと比較検証し、どこを改ざんしたのかを暴露します。タイトルそのものの削除の場合は、記事自体に後ろめたい内容があることを自覚し、証拠隠滅を図ったということになることを、指摘しておきます。

以下のピア健論はほんの序論に過ぎません。今後どこまで詳細に、彼の言行を取り上げ、切り返させてもらうかは、ピア健本人の態度次第による。
とだけ述べて、本論に入りたいと思います。
やすらぎのガンブロ記事へ投稿したコメントの転載です。
追って随時コメント欄に、追加文章を積み重ねていく所存です。


------------------------------------------------------------

やすらぎのガンブロ記事
ピッポ氏の「さっすが〜!」記事への疑問
レオコメント転載
http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/421839433.html



ぽん吉その他がいつまでもしつこいので、ハッキリ書いておくけれど、そもそもピア健が「被害者」なんてのは全くの虚構だからね。「被害者」顔して同情を買おうという、彼の逃げに過ぎない。
一方的な被害者顔ができる立場でないことは、本人が知ってるはずだ。それすら認めないなら、それこそ単なる卑怯者ということになる。

もともと彼はブログvsブログで、わたしレオと1対1で議論していたはずでね、当人も自覚しているはずだ。議論合戦が何度もあったのだからな。
ところが議論で勝てないとなると、詭弁を弄し論点をそらしてピア健は逃げようとした。議論しているさなかに、その逃げ方は卑怯だ。
したがって私は、そのデタラメ詭弁も切り返してやったんだが、ピア健はそれにも答えられないとなると、その詭弁もまるで無かったかのようにしらばっくれて、またまた逃げた。
議論に窮するのは、仏法真理を自己都合で勝手に歪めた解釈をしているから、辻褄が合わなくなって破綻して窮する。当然の帰結だし自分が悪いんだよ。さらに自己保身のための即席の詭弁などは、破たんするのが当然というべきだ。
いずれにせよ、議論が白熱した以上、一対一でけりを付けるのが、そもそもの筋ではないか。なのに彼は詭弁、詭弁で逃げまくる。ずるいことこの上ない。
ガンブロと幸村がピア健を批判したのは、レオとの議論に窮すると詭弁を弄して話をそらし、うやむやにしようとするピア健の卑怯さを、彼らも見ていて許しがたく思ったからだろう。

すると今度は、集団で自分をいじめている、と言い出して騒ぎ出した。またもや論点ずらしの、自己保身の逃げだ。最初の議論はどこ行ったのかね? 自分の詭弁やデタラメ主張、誤魔化しへの責任は取らないのか?
最初に、レオと一対一の議論を延々としていて、勝てないとなるとそこから逃げた卑怯な自分、ということには全く触れずに、大勢で自分をいじめているという「被害者」という立場だけに逃げ込んで、同情を買おうとした、そのズル賢さよ。
こういう経緯があったことを無視して、 ピア健は、可哀相な「被害者」だったといえるのか?

もし本当に、ピア健には一切の非がなく、レオとガンブロだけが悪人で、ピア健は哀れな被害者だというのなら、なんで友人のアマミキョさんが仲裁に立ったときに、自分から見た経緯の資料提出をしなかったのか。

わたしレオは事の経緯をまとめた資料を作成して、きちんと提出した。アマミキョさんと全く面識も交流もなかった私の方が、なぜか提出した。
なのにアマミキョさんと面識もあり知人でもあるピア健は、なんの資料も出さずに遁走した。なぜか?
自分にも後ろめたい事情があることが明らかになってしまう。それが怖かったからだろうな。
非がないのなら、友人に仲裁してもらえるこんなチャンスを逃すはずないだろう?しかし資料提出を拒んで逃げた。
それだけでなく、仲裁を余計なことだと言って、アマミキョさんを非難さえした。ごまかしと自己保身にも程がある。

もし自分が完全なる正義で、まったく非がない可哀相な「被害者」なら、その真実を友人に明かしてもらって、弁護してもらえばよかったはずだろうに?
なのにそうせずに、経緯の説明すら拒んで遁走したのは、知られたくない事情があるから、自分にも悪い点があったことが暴露され、被害者という言い分が通らなくなるから、追求されたくなかったんだろうさ。

いまだに自分は被害者だ、レオやガンブロはダークサイドだとか騒いでいるかも知れないが、彼にはそんな勝手な言い分を言う資格すら無いのだ、そもそも。
わたしから見たら、自分の非を認めない卑怯者のたわ言に過ぎない。少しは自分の過ちも反省しろよ、と言っておきたいと思う。

一時期、三対一の戦いみたいになったのは、結果的に申し訳ない部分もあるのは確かだし、その点はアマミキョさんにも注意されたので、その点だけに関しては、わたしは済まなかったと言ったけどね。
ただ彼と議論した内容そのものは、謝罪する筋合いのものではない。お互い様だからな。互いの主張の食い違いってだけたからね。

けれども一方でピア健は、わたしレオがWさんを追放したとか冤罪を突きつけ、侮辱しておりながら、その件ですら謝罪をこちらにしてないよな。
この件は、明らかにわたしに謝るべき悪行だと思うけれど、謝罪はない。遁走しただけだ。
そんなピア健に、なぜこちらが謝罪する必要があって、あちらは謝罪しないで済む「被害者」になるのか。バカバカしいにも程がある、というのが正直なところだ。

そういう次第なので、大して事情も知らないぽん吉やピッポに、とやかく言われる筋合いはないこと、ここに述べておく。
だいたい、ぽん吉は(救国のコウともども)半年以上にわたって、わたしレオとガンちゃんに罵詈雑言を浴びせ続けた、という悪行三昧がある。
しかも、事情も知らず調べもせず、デタラメを吹聴しての誹謗中傷だ。さらにはいまだに、そのデタラメ記事を削除さえしていない。邪悪なのはどちらなのかを、よくよく考えて自己反省することだな。

これまた明らかに、ぽん吉が「我らに」謝罪すべき案件であって、その我らがぽん吉にとやかく言われる筋合いはまったく無いと、ここで宣言しておく。

したがって君ら、特に「ぽん吉」が今後もまだ、しつこくピア健擁護という虚構を元に、こちらへの誹謗中傷を続けるなら、さらなる解説および、ぽん吉やピッポの発言に正当性ありや?の解説記事を書いてあげてもいいんだからな。
その場合、ぽん吉の悪行の数々を徹底的に暴くことになるだろうな。

とりあえず、以上、コメント追加しておく。ヨロシク。

Posted by レオ at 2015年07月11日 23:55




('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 12:13 | Comment(38) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 匿名希望 at 2015年07月20日 21:34
一度にすべての内容を論ずるのは不可能に近いので、重要ポイントに絞って、ぽつぽつとコメント追加していこうと思います。

ピア健に関しての記事ということなので、
彼の狡猾さを象徴する一事を、ここで指摘しておこうと思います。

まず、ガンレオ幸村vsコウ・ぽん吉・ピア健の最初のバトルになった時点(2012年9月〜10月)

この時点で、ピア健は、そもそも始めは、ピア健によるレオへの揶揄発言が数度にわたって行われたこと、その後、私レオと1対1で議論していたこと、その議論から自分自身が詭弁を使って逃げまくって、今の事態に到ったという経緯を、救国のコウとぽん吉に全く説明していません。これは翌年の4月になっても、そのままです。教えていないんですね。まったく。これがそもそもおかしいですよね。
事情も説明せずに、被害者ポジションに乗っかって、守ってもらおうという卑怯さがここにあると、指摘せざるを得ません。

集団いじめの被害者という設定になりたかったからでしょうが、
それ以前にわたしレオの記事に何度も揶揄発言をし、それをブログ村で記事の形で発表し、それが私を激怒させたこと。
その結果、1対1の論争が何度かに渡って行われたこと。
議論が苦しくなると、干渉は悪だとかいう即席の法則をでっちあげ逃れようとするも、わたしレオに論破されたこと。
すると、その件もまるで無かったかのように、また話をそらして逃走したこと。
自分の弁護に立った救国のコウとぽん吉に、半年後の4月になるも、まだ黙ったまま隠し通しています。それが今では既に判明しています。

3vs3の論争になるあたりで、ガンブロが自称・宇宙人などの記事を書きました。幸村もピア健批判を行ないました。
このあたりで、わたしレオがブログ村に復帰しました。
この時点だけで見たら、1vs3のイジメに見えたかもしれません。
しかしそれまでの経緯があったことは、記事中で述べた通りです。

そもそもの発端は、ピア健によるレオ記事の揶揄であり、それから派生したレオとピア健の議論であり、しかし議論から逃げまくりでズルく立ち回るピア健に業を煮やし、ガンちゃんからも批判が突きつけられた、という経緯です。

そこに、救国のコウとぽん吉が乱入します。ピア健擁護に立ち上がったというわけです。
わたしはそもそもの事情があるのだと説明しかけましたが、そんなの知りませんでスルー。その後も調べもしなかったようですね。
いずれにしても、そんな理解度のくせに、いきなりのガンレオへの悪魔呼ばわりです。

いくら議論とはいっても、カテゴリ全体が荒れまくっては、他の大勢に迷惑がかかります。
この状態では収拾がつきそうもないので、やむなくわたしレオとガンちゃんは沈黙によって応えることにしました。
相手をしなければ、そのうち静かにするだろうと思ったんですね。
ところがそれから、コウとぽん吉による罵詈雑言の嵐は、およそ半年間続きました。

年末にアンチが乱入しても、アンチと戦うよりも、ガンレオへの攻撃を優先していたのが、コウとぽん吉です。
内容は事実無根の、ゲイ差別発言をしただの、ランキング不正をしているだの、言いたい放題の悪口でした。これ、目撃した人たくさんいるので、証言幾らでも取れるでしょう。

ちなみにゲイ差別発言などされていないことは、当のピア健自身が知っているはずですね。
レオもガンちゃんも、ゲイに関しての発言なんて一度もしたことないんですから。
なのに、ピア健はだんまりです。お仲間のコウとぽん吉が言いたい放題、罵詈雑言を浴びせるのを黙って見ていた。ここにピア健の狡猾さが明らかに出ているでしょう。自分に都合の悪い情報は、仲間に対しても明かさず、隠し通す。
だからのちの友人アマミキョさんの仲裁でも、情報提供を拒否ったわけでしょう、おそらくね。自己保身が第一なんですよ、仲間との信頼よりもね。

要するに、そもそもの、わたしレオとの議論のいきさつ、その内容もまったくコウとぽん吉に説明しない。
自分にも非があること、都合が悪いこと、いっさい隠したまま、ただ守ってもらって、しかも彼らが根拠なきデタラメで、ガンレオを攻撃しててもシカトです。どこが正義の宇宙人でしょうか?

反撃してもよかったんですけどね。相手しなければそのうち収まるというのが、通じなかったようです。まがりなりにも幸福の科学の信者だから、そこまでの馬鹿はするまいと思っていたら、半年間の事実無根の罵詈雑言の嵐。
自分らが正義だと信じ込んでいたんでしょうね。

わたしレオは、翌年の4月初頭についにブチ切れて、反撃を行ないました。半年間の忍耐ののちの反撃です。このときガンちゃんは殆ど参戦しておりません。
わたしレオ一人vsピア健、ぽん吉、コウの3人でしたけど、これは集団いじめにならないんですかね?と彼らに問いたいですね。
わたしレオ一人に、3人がかりだっだと思いますが、自分らの場合は集団いじめで、相手の場合は平気なんですね。ダブルスタンダードもいいところです。
まあ、それは措いておくとしても、

このあたりで、
カテゴリ内の論争を心配したkairuさんが、アマミキョさんに仲裁をお願いしたのが、4月の半ばです。

わたしはアマミキョさんの仲裁を受け入れ、ことの経緯をあらわした資料を提出しました。
自分にとって不利な裁定が出ても受け入れると約束して、仲裁をお任せしました。

ところがピア健は、経緯説明を拒否、資料提出も拒否、そのままカテゴリから消えて遁走しました。これは記事で書いた通りです。

コウとぽん吉は、裁定結果を待ちます。この時点では文句を言わず、公平な裁定を待とうと言ってたはずです。

ところがアマミキョ裁定の結果を見たら、あまりにレオ寄りの裁定で納得がいかないと、文句を言いだしました。
だったら、なんで君らが応援してたピア健から、資料を出させなかったんだい?
資料はレオからしか出ていない。ピア健が出さない以上、アマミキョさんはレオ資料に基づき裁定を下すしかない。
それがイヤなら、なぜピア健に資料を出すよう、友人として進言しなかったのか。そもそもなぜピア健は資料を出せなかったのか。

ここに、彼らの誤魔化しと無知があるのが、わかると思います。
ピア健のは明らかに「逃げ」です。自分に非があるのが暴露されるのが怖かった。だから拒否して逃げた。
じゃあコウがピア健側からの資料を提出できるかと言ったら、驚いたことにこの時点でコウは、いまだにピア健から、そもそものレオとの喧嘩やそのきっかけ、その後の経緯を全く聞いていなかったんですよ。

その証拠は、ピア健が遁走、ぽん吉も出て行って、コウ一人が孤立した時、
コウはアマミキョさんに、そもそもの事情を聞かせてほしいと、追い込まれたこの時点になって、ようやく頭を下げてきたからです。

そもそもこの時点で、一方の弁護者の立場に勝手に立っておりながら、発端からの事情すら知らないということが異常です。しかもそれを相手側の資料から、教えてくれという非常識。
事情を聞かせてほしいといっても、アマミキョさんが知っている情報は、わたしレオが渡した資料です。
わたしはアマミキョさんから事情を聴いて、いや情報を渡したあとで、どんな悪用されるかわからないので、要約のみアマミキョさんがまとめて話すにとどめてください。
資料をそのまま渡してしまったら、あとで悪用されても困りますので。
だいたい、事情を知りたいなら、ピア健から聞くのが筋でしょう。なぜピア健に訊かず、さらにピア健はコウに説明すらしないで、被害者顔をし続けていたのか。ということです。

結局、コウにことの経緯が伝えられたあとで、今後一切、互いに批判とかをしない、で和解をしようと話がまとまりそうになったと思いきや、
コウの側から和解の条件が突きつけられてきました。
なんと、レオとガンちゃん、幸村は、会員番号と所属支部名を、コウとピア健に明かすべき、というのです。
わたしは驚きました。追い込まれていた側の分際で、しかもわたしが出した資料を読んで、初めてことの経緯を知ったような無知ぶりで、頭を下げて和解を求めたのは、コウの方であるのに、この条件です。
当然、ガンレオは却下です。完全資料など渡さなくて、やはり正解でした。

かように、救国のコウという人物は、そもそも事情を調べもせずに、当人のピア健から聞きもせずに、正義のヒーロー気取りで、こちらを誹謗中傷し続けてきた男なわけです。
しかもピンチになるや頭を下げて和解を求めながら、必要情報を聞き出したあとでは、条件を突きつけて和解を結局拒否。

その後、夏頃になると、コウはふたたび、ランキング不正をやっている上位者たち、とか、ゲイ差別をした連中たち、とかいう誹謗中傷記事を始めたので、わたしレオがふたたびコウに対峙して、議論が始まりました。

この時は、仲裁のときの経緯をもとに、kairuさんこと豊川支部の方が、いままでの経緯を説明し、コウが悪い点を指摘しました。

コウはそもそもレオの友人であるkairu紹介のアマミキョ仲裁は無効である、と強弁し、
自分には非がないと開き直りです。

こういう経緯が基本的な流れとして、ありました。

詳細を語れば、さらに詳しく書けるのですが、
自分を弁護してくれたコウとぽん吉に、自分の悪い部分はいっさい話さず、秘匿し、立場が危うくなったら、何も語らずに遁走した、ピア健。

それから、反対に、事情を知らず、その後知ろうともせず、レオやガンちゃんを、半年もの長きにわたって、罵詈雑言を浴びせ続けた、コウとぽん吉。

アマミキョさんの仲裁のときに見せた、コウのすり寄りと、その後の、条件つきつけと和解破棄。

さらに数か月後の、ふたたびの誹謗中傷を行なった救国のコウ。

こうした流れがあったことを、読者の皆さんに理解していただければ、幸いです。

細かな議論における、彼らがついた詭弁、ごまかし、嘘、デタラメ、誹謗中傷ですね。
こんなものは、例を挙げたら、いくらでも列挙することが出来ます。
ただし、話が煩瑣になるので、今回は概要の流れのみ、描出してみました。
個別の論は、今後の追加コメントにおいて、人物ごとのコメント欄で追記していきたいと思います。
Posted by レオ at 2015年07月20日 23:03
やすらぎのガンブロ記事「自称宇宙人さんへ」
http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/290851301.html


この記事(2012年9月7日)が、ピア健を傷つけたといって、救国のコウもぽん吉も延々と、ガンブロを叩く口実に使っていましたが、
はたしてこの記事の内容そのものは、それほどひどい内容だったのでしょうか。

記事中にもあるように、ガンちゃんとしては、
宇宙人時代の記憶をよみがえらせることが出来るのは、総裁先生以外にないと思っていたので、
自称宇宙人を名乗って、自分は〇〇星から地球を導くためにやってきたと称して、勝手な発言を断言口調で語り続けるピア健に対し、疑問を呈した内容になっていますが、
記事内容自体は、至極もっとも、いま読んでも、ぜんぜん削除する必要もない、信者としては当然の発言だと、わたしが読んでも思います。ぜんぜん非難される筋合いのない内容です。

大川隆法総裁先生の御法話「宇宙時代への目覚め(不滅の法・第4章)」にも、こうあります。

「(チャネラーを称する人の本の多くは)宇宙人の声が聞こえると言いつつも、宇宙の星の描写そのものは、極めてシンプルなモノしかありません。
五分以内ですぐにつくれるような設定しか入っておらず、詳細を語ることができていないのです。あのレベルであれば、地球の霊人でも十分に創作できる範囲なので、当会以外のものに関しては、宇宙人の霊言である確証は十分にはない、と考えています」
という仏言があります。ここで当会といっているのはむろん、大川総裁ご自身による霊査のことであって、一般の弟子レベルにも可能である、などと書かれているわけではないのは自明ですね。

ガンちゃんの記事で言われていることは、この御法話を拝聴しての内容であって、信者としては当然持つべき疑問かと思います。
自称宇宙人を名乗るなら、抽象的に語って、しかもその内容を主による宇宙人情報からのパクリではなく、自分の体験や記憶として語れておかしくないはずですし、
先の主のご指摘にもあるように、その星の詳細を語れないとおかしいでしょう。地球の霊人でも思いつくようなレベルでは、宇宙の記憶とは言えないし、宇宙人の証明になどならないこと、言うまでもないことかと思います。

したがって、やすらぎのガンブロの「自称宇宙人さんへ」は、
主の宇宙人霊言や宇宙人リーディングから好き勝手に自分好みの記述を選び取って、そこから夢想しているだけの話では、事実とは言えない、断言調子で語るのはおかしい。という指摘にすぎないと思います。
自分がベガ星人だったらいいなぁ、プレアデスから自分はひょっとして来たのかなぁ、俺ってレプタリアン?
などという感じで、そうだったら面白いなぁレベルなら、個人で楽しむ空想の話で許されるし、たとえ記事であっても、同じく夢や空想を語っているなら、教えから逸脱しすぎなければ、別にお遊びとして多少は許されるかもしれませんね。

けれども、このテーマは当会にあっても外部向けに発信するには慎重を期するテーマであって、それは主ご自身もおっしゃられているし、幹部の方々も選挙への影響など、常に気遣っているテーマでもありますよね。

「こればかりを行なっていると、教団全体の雰囲気が変わりすぎるので、ときどき探究している、というぐらいに思っていただければ結構です(宇宙からのメッセージ・第1章)」

主による宇宙人霊言、宇宙人リーディングは、余人では成し得ない、主ならではの秘儀であること、のちに現れるであろう救世主レベルの人であっても、ここまでは難しいだろう、だから出来る限り私が出しておきたい、と確か主ご自身がおっしゃっていたと思いますので、
ふつうの弟子レベルで出来るような話でないことは、言うまでもないでしょう。

では、やすらぎのガンブロの「自称宇宙人へ」の記事で、傷つけられた被害者であると称する「自称宇宙人」のピア健の記事とは、いったいどのようなものであったのか。
一例として、以下の記事をわたしが精査してみましょうか。

潰す相手を間違えたようだな(2014-01-18 20:11:49 )
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11752806782.html

「審判の星・土星と、正義のアンドロメダを股にかけてたピア健を潰そうなんて、100億万年早いんだよ。」

とあります。単なる空想ではなく「事実」として断言調で語っているのが明らかです。
空想に過ぎないと言い訳するには、この人の宇宙人時代の過去話は、明らかな断言調の文で満ちていました。

土星とアンドロメダを股にかけていた(断言調)そうです。ならば、その土星とアンドロメダで、具体的には何をやっていたのでしょうか。語ってみてください。
土星やアンドロメダでの教育や政治、文化とは、いったいどのようなものだったのでしょうか。
主のリーディングからのパクリではない証明として、まだ出ていない話が幾らでも書けるはずですね、もし上の断言話が実際の記憶、事実であるのなら、です。

ちなみに、100憶万年早いんだよ、とありますが、100憶に万がついたら、100憶万とは言わず「100兆」と書くべきですね。

さらに続きを読んでみます。

「ただの金星系の宇宙人だと思ってナメてたかもしれないけど、
残念ながら、
アンドロメダナイズドされたハイブリッドな金星人なんだよ。
守護神レベルの仕事が要求されるポジションにいるんだよ、
本来はね。」

これを大真面目で主張しているのだとしたら、完璧に宇宙人幻想、宇宙人妄想に陥った、誇大妄想狂であるといって、過言ではないでしょう。少なくともわたしはそう見ます。ガンちゃんが疑問を抱くの、もっともかと思います。

だいたいこの人は、わたしレオとの最初の議論時には、次のような発言をしていました。

金星系スペースピープルの弱点 2012-09-02 20:28:34

「かつて金星で隆盛を極めていた文明が滅びてしまったのは、金星人たちが億単位の時間をかけて達成した大調和が停滞へと変質し、彼らがそれ以上の進化を望まなくなったからです。
星単位の滅びによりアセンション(次元上昇)した金星の文明は、進化もなければ衰退もない永遠の調和の世界として存在し続けていますが、
金星系のプレアデス、ベガ、クラリオンの文明は高度に進化しているものの、他の星から移民を招くような刺激を加えないと、
打破出来ないような停滞期に突入してしまっています。
金星人とその直系であるプレアデス星人、ベガ星人、クラリオン星人の致命的な弱点は、
調和を優先しようとするあまり、個人においても文明においても、成長や進化に対するモチベーションが下がりやすいことです。
自分に甘かったり、学ぶ意欲がなかったり、思考停止に陥ったり、異質なものを率先して排斥しようとしたり、口先だけで行動に移さない態度は、進化に対するモチベーションの低下が、表面意識に反映された時に現れるネガティブな傾向性で、それらは地球に帰化したプレアデス星人、ベガ星人、クラリオン星人に多く見受けられます。
レプタリアンや、我々のように属性がレプタリアンに近い進化第一主義の種族は、そうした弱点を協調関係の中で指摘したり補うことが可能ですが、我々は彼らから調和を学ぶ必要があるので、宇宙スケールで補完関係が成り立っているのです。」

とあります。題名自体「金星系スペースピープルの弱点 」となっており、金星・プレアデス・ベガを、調和に偏った文明であるとし、進化に関しての彼らの能力を、劣っているかのように批判しまくっています。自分に甘い、学ぶ意欲が無い、思考停止、などといってベガ・プレアデス・金星を罵倒してますね。
そして返す刀で、「レプタリアンや、我々のように属性がレプタリアンに近い進化第一主義の種族は、」と続けて、
自分(ピア健)を明らかに、レプタリアンもしくは、レプタリアンに近い「進歩第一主義」の宇宙人である「設定」で、続きの文章を書いています。「我々(進歩のレプタリアン系)は彼ら(調和の金星系ピープル)から調和を学ぶ必要があるので、」とあるので、自分をレプタリアン側の進歩型宇宙人と主張しているのが明らかですね。

ところがどうでしょう。
最初に掲げたこのピア健の2015年の記事。
「ただの金星系の宇宙人だと思ってナメてたかもしれないけど、残念ながら、アンドロメダナイズドされたハイブリッドな金星人なんだよ。」
いつの間にかピア健が金星人になっています。おかしいのではありませんか?またお仲間と同じくお得意の変節でもしましたか?

だいたい、最初から誰も、別にあなたのことを金星系の宇宙人なんて思ってもいないけれども、それはともかくとして、
あなた以前は、金星系を調和型として批判し、自分は進歩型のレプタリアンに近い種族って、自分のことを言っていたんですよ。お忘れですか。前と言っていたことが正反対じゃないですか?
そう突込みをわたしが入れたとしても、文句言えないでしょう、どうみたって。
しかもアンドロメダナイズドされたハイブリッドな金星人なんだそうです。どんな宇宙人なんでしょう。その特性を「具体的に」語ってみてください。語れないのなら単なる詐称であり、空想にすぎません。
あなたの誇大妄想宇宙人話を、まるで事実の宇宙人記憶話のように語る妄想はやめていただきたい。幸福の科学の信者を名乗るなら、当然の責任ですね。あたりまえのことです。
なぜなら貴方はこれらの記述を、事実であるとしか読めない、明らかな断言調子で語っているからです。それも数多くの記事でね。先の金星系ピープルの記事も同じことです。
わたしがこのデタラメ記事にどう切り返したかも、あらためて再掲しましょうか?

ピア健がわたしレオと、1vs1で議論していたのは、主としてこの宇宙人テーマです。
私から見たら、幸福の科学においても、その教団の信用性を左右しかねない部分もある、ナイーブな秘儀であるゆえに、信者がデタラメ妄想を主張しまくるのは、放置できる問題ではないと考え、このピア健と論戦をしたわけです。
そして論戦の結果、ピア健は答えに窮して逃げた。そのあと、干渉は悪とかいう詭弁を使って、わたしの批判を逃れようとしましたが、その詭弁もわたしレオは、言論の自由論の立場から論破しました。
するとまたピア健は逃げました。という経緯です。
ここにあらためてハッキリと述べておきます。

最初のピア健記事は、さらに後段に文章が続きますが、興味のある方は試しに読んでみてもいいかもしれません。
むろんその内容は単なるデタラメ妄想に過ぎないと、わたしレオの感想を前もって述べておきたいと思います。

後段では、わたしレオやガンちゃん、アマミキョさん、のことを名指しではないものの、明らかにこちら側のスタンスのブロガーを指して「ダークサイド」と名付け、そのダークサイドと戦っている自分が「ライトサイド」とのたまっています(ライトサイド発言は他の記事に散見されます)。スターウォーズとかの観すぎです。宇宙人幻想も程々にした方がいいと、アドバイスしておきましょう。
ダークサイドと戦う「宇宙警察の地球派遣警備員の一人」なんだそうです。
それがダークサイドの私レオ(実際はダークサイドではないけどね)との1vs1の論戦では、一方的に自分ピア健の方が叩きのめされ、詭弁を弄して逃げまくっているようでは、宇宙警察の名が廃るでしょう。
ダークサイド、ライトサイドというピア健お好みの肩書を使わせてもらうなら、
ピア健やぽん吉たちの側こそが「ダークサイド」であること、ここ最近の私の論証記事で、どんどん明らかにされつつあることと思います。
その正否の判断は、これらの検証記事を読んだ読者の方にお任せしたいと思います。

それではまた。後日の更新まで。

* なお、このコメントはガンちゃんの「自称宇宙人さんへ」の記事にも、あらためて投稿しておきました。
この記事をたてに、当方を誹謗中傷しつづけてきた、救国のコウとぽん吉に対して、および被害者だのワーワー騒いでいたピア健に対しての、

わたしレオからの返答という意味を込めて、ガンブロの方へも送り込んでおきました。以上。
Posted by レオ at 2015年07月21日 11:49
現在もぽん吉と繋がっている

https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies
Posted by 匿名希望 at 2015年07月23日 00:19
ああ、ツイッターでいまだにピア健とぽん吉は、綿密に連絡とりあって、情報交換してんですね。

ぽん吉ドラゴンって、ぽん吉お気に入りの自称ですもんね。
ピア健はそのまんまピア健ね。

裏がどうのこうの、だの、
宇宙人だ、ダークサイドだの、
デタラメ発言を仲良くやってるんですね。
ちっとも反省しとらんし、自己反省ゼロのまんまということですね。

このページ、しばらくチェックしてみますか。
彼らがどんな自分勝手な妄想を語り合って、こちらへの悪口・誹謗中傷を行なっているのか。

このツイッターページも、赤ペンチェックの対象だな、こりゃ。

よい情報を教えてくれました。
匿名希望さんのご協力には、本当に感謝いたします。

それでは。(/・ω・)/
Posted by レオ at 2015年07月23日 00:43
ピア健氏の反応
ダウジングの異端審問ふたたび
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12053714582.html



ああ、ピア健がまた寝言を言ってるんですね。
卑怯な逃亡者が、議論で敗北した理由に、辻褄合わせの説明を付けるために、
過去世においても迫害されたとある人物の、自分は転生ではないかとか、お得意のダウジングで妄想判定してるんですか?

ペンジュラム右回転でYES

とか、相変わらずやってるんですね。


このピア健の過去記事を見てみましょう。

http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11316545437.html(2012-0731の記事)

地球に友好的な宇宙人のグループは、ロンドンオリンピックをただの観光地ではなく、UFOを出現させて地球人にアピールするためのイベントの舞台として選んでいた、これは事実でしょうか?

(ペンジュラム大きく激しく右回転でYES)

宇宙人たちが8月4日にオリンピックスタジアムで堂々と姿を見せる計画がある、これは事実でしょうか?

(ペンジュラム大きく激しく右回転でYES)



観光で終わらせることなく、UFOを出現させて地球人にアピールためのイベントの舞台として選んでいたそうです。
そして8月4日に、堂々と宇宙人たちがスタジアムで姿を見せる計画があったそうです。

この2つの質問とも、ダウジングの返事は、

(ペンジュラム大きく激しく右回転でYES)

激しく同意してYESだったそうなので、
かなり確定的な計画だったようですけれど、

実際には、そんな大事件はまったく起こりませんでした。
ふつうのスポーツの祭典だったと私は記憶しています。


これを受けてピア健は、

8月4日計画中止の理由
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11376543564.html

なんて記事をコソッと書いています。


上の方からストップがかかったのかもしれません。

地球サイドで大々的なディスクロージャー(情報開示)がなされるから、

姿を現すのはもうちょっと待てと。



 … だそうです。

デタラメなダウジングで幸福の科学カテゴリに妄想をばらまくのは、やめていただきたいものですね。当時彼は幸福の科学カテゴリにいましたから。

彼のダウジングが願望と妄想で成り立ったインチキであることは、彼の過去記事のベンジュラム回転とやらを精査すれば、いっそう明白になることでしょう。

宇宙人願望、迫害された過去の人を勝手に自分の過去世だと夢想して、ダウジングにYESYESYESなどと100回答えさせようと、何の実証にもならないことは、言うまでもありません。
自分の手で勝手にまわしているだけのことでしょう。

被害者という虚構に隠れて、逃亡して陰口を言う卑怯さを捨てないのなら、
この人物に関しても、容赦なくその欺瞞を暴く追及を、今後も行っていく必要があるようですね。
Posted by レオ at 2015年07月26日 12:41
〔レオ氏からの論証付き批判に対してのピッポ氏・コウ氏・ピア健氏の反応〕


ピッポ氏への批判:
http://gunleo.seesaa.net/article/422462816.html#comment
コメント欄参照


ピッポ氏の反応
レオさん?、貴方にも言って置く   2015年7月26日 (2)
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/20150725...




コウ氏への批判:
http://gunleo.seesaa.net/article/422483210.html#comment


コウ氏の反応
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/20150724...コメント欄 Re:前世の因果      2015年7月24日(07/24) コウ。 さん
コウ氏自記事http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-120527305...コメント欄参照




ピア健氏への批判:
http://gunleo.seesaa.net/article/422482974.html


ピア健氏の反応
ダウジングの異端審問ふたたび
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12053714582.html
Twitterによるぽん吉とのやりとりhttps://twitter.com/pianistkentaro/with_replies



まとめ

レオ氏、相手過去記事を用いての論証つき批判


ピッポ氏・コウ氏・ピア健氏「屠られる」「誹謗中傷」などと被害者の立場を強調

(レオ氏指摘によれば先にレオ氏に対して批判をしてきたのはピッポ氏・コウ氏。ピア健氏についてはレオ氏との議論で答えに窮すると逃亡を繰り返すピア健氏に対しレオ氏と共にレオ氏の友人であったガンちゃん氏、幸村氏が批判を加えたら「三対一で攻撃を受けている」とブログ記事で訴え被害者の立場を自己確立)


疑問@何故レオ氏の指摘にピッポ氏・コウ氏・ピア健氏はレオ氏への反証を明らかにした反論を正々堂々としないのか?
疑問A何故ピッポ氏・コウ氏・ピア健氏はレオ氏に対して明確な誹謗中傷を繰り返すぽん吉を止めないのか?
Posted by 匿名希望 at 2015年07月27日 00:03
大川隆法総裁先生・著「ザ・ヒーリングパワー」より、一部抜粋して転載です。↓

------------------------------------------------------------
(主の御言葉)

もし、自己弁解の気持ちや、逃避癖、「責任から逃れよう」という気持ちなど、そういう「弁解癖」があるようならば、それを改めなければいけません。



「過去世」と思っているもののなかには、もしかしたら、その人に憑いている憑依霊もいるのではないでしょうか。



前世療法の場合、「霊障」と「過去世」との違いが分かっていないのです

Posted by レオ at 2015年07月27日 14:06
匿名希望


当方が本記事コメント欄に寄せた情報についてピア健氏自身が記事にてとりあげている

脱ぎ画像=色情狂でも構わない
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12055192022.html

注:ピア健氏はブログ記事の文言を変える傾向があるので念のため現時点での全文をペーストさせていただく:以下引用



「正しき心の探求」を掲げる、
幸福の科学の信者が自らのブログ上で、
わたしのサイトを悪意で晒すことが、
果たして教えに従った正しい行為なのでしょうか。
あのブログ記事に関して問いたいのはその一点だけです。
誹謗中傷記事を連発するブロガーが、
「顔」になってしまっているのであれば、
ただでさえマスコミに黙殺されている幸福の科学は、
本当に気の毒としか言いようがありません。
闇ブロガーが教団の代表ブロガーになっていることの悪影響は、
計り知れないほどの大きさになっているのではないでしょうか。
わたしはゲイ雑誌のグラビアに、
際どい写真で掲載されたこともありますし、
クラブイベントのステージで裸で踊ったり、
全裸でオイルマッサージをしたりと、
ゲイの世界では脱いでなんぼの仕事をよくしています。

あのお方のおっしゃるように、
脱ぎ画像を載せるわたしが色情狂であるというならば、
幸福の科学の会員の皆様は、
それを素直に信じれば良いのではないでしょうか。
多くの会員にとって際立った個性の受け入れは、
幸福実現党のTOKMAさんが限界であろうことは察していますし、
霊的に見ればわたしなんてバケモノの類いと変わらないので、
排除したくなるお気持ちは否定いたしません。

ゲイで魔法界の住人?
幸福の科学的には最悪ですよね(笑)
わたしもそう思います。
色情を操る魔法ぐらいは心得ていますが、
わたしは色情で闇堕ちすることなくそれを操れる術者です(笑)

ブログ村の幸福の科学カテゴリーで、
ランキング上位にいた期間があったため、
本来「顔」になってはならない人種の、
ピア健=幸福の科学ブロガーのイメージが世間に定着してしまったことを、
会員の皆様には改めてお詫びいたします。
異世界万歳パラレルワールド万歳のオカルト中心路線に切り替えて、
幸福の科学ブロガーと見られないようにするための努力、
会員に疎まれ会員からの人気を失くすための努力を一生懸命しているのですが、
残念ながらそのイメージを払拭するのは、
わたしが脱会しても死んでも難しいと思います。

イエス・キリストの同性婚霊言に対する、
会員さんたちの拒絶反応の凄まじさは把握しているので、
ゲイであるわたしを理解しようとする試みも、
うわべだけの支持表明も一切不要です。
ピア健派なる派閥もわたしには必要ありません。
そんなくだらない「仲良しクラブ」は、
断じてあってはならないものです。
異界の者の派閥など秩序を乱すだけです。

わたしはなんと思われても構わないので、
会員の皆様にはやるべきことを淡々と進めていただけたらと思います。
滅亡の予言が矢継ぎ早に出ているのに、
バケモノの類いに気を取られている場合ではありません。
バケモノはバケモノなりに裏の世界で動きます。
予言回避の力の一部となるために。


(引用終わり)

疑問@「わたしのサイトを悪意で晒すことが、
果たして教えに従った正しい行為なのでしょうか」と問うているが、そもそもぽん吉氏と結託してレオ氏を現在も誹謗中傷し続けているのはピア健氏、その姿勢は教えに従った正しい行為なのか?
疑問Aそもそもピア健氏のあのサイトはピア健氏自身が作られた営業用サイトであり晒される=周知されること自体はピア健氏の意図として想定されているもの
疑問B「誹謗中傷記事を連発するブロガー」
繰り返すがピア健氏がぽん吉とTwitter上でレオ氏を明確に誹謗中傷し続けているのが事実 参考:
https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies
疑問C自分自身の色情の極みとも言うべき職業・特殊嗜好を隠しながら、レオ氏に対して「色情」と揶揄し、さらにレオ氏に対して「不倫の帝王」と事実無根の誹謗中傷をするぽん吉氏を許容・黙認・放置・便乗したピア健氏自身の二重基準はどう総括するのか?
ピア健氏本人の色情は許され、ピア健氏本人が向ける誹謗中傷は許されるが、ピア健氏が指摘するレオ氏の持つ色情(根拠不明)誹謗中傷(論拠を明示した批判)は許されないという二重基準の理由を説明すべき
疑問D「色情を操る魔法ぐらいは心得ていますがわたしは色情で闇堕ちすることなくそれを操れる術者です(笑)」これを黒魔術というのではないか?色情を操る白魔術が存在するなら説明を必要とするのではないか。
疑問Eピア健氏はよく一部の信者ブロガーを「闇落ち」「ダークサイドブロガー」自分自身を「ライトサイド」「闇落ちしていない」と表現するが、ピア健氏にとっての「闇」「ダークサイド」の定義とは何か?

私自身はゲイ差別する意図などはまったくないことを明記させていただく。私はゲイの世界に無知ではないがピア健氏の色情に偏りすぎたビジネススタイルはゲイの世界でも非常に特殊である


Posted by 匿名希望 at 2015年07月27日 21:53
大川隆法総裁先生・著「他力信仰について考える」より、主の御言葉



『この世においても、「自分は人から被害ばかり受けている」と感じている人はいるでしょう。「あの人は、自分をいじめてばかりいる。攻撃ばかりしてくる。人でなしだ」などと思っている人がいるかもしれません』


『そのように見えている、その心が地獄なのです。そういう心の状態で死んで、あの世に行ったら、あの世の人たちが、みな、赤鬼、青鬼に見えるのです』



『したがって、意外に、赤鬼・青鬼の正体は、そういう責め苛む人ではないこともあるのです』


『源信が書いている鬼(獄卒)たちも、地獄のそれぞれの持ち場で、しっかり説教をしたりしています。「おまえがこのようになったのは、こういうところが悪かったからだ。少しは慈悲の心を持て」などと説教をしています。 もしかすると、この鬼といわれる存在は、霊界に還った当会の会員の先輩に当たるような人かもしれません。地獄に堕ちた人が、あの世に還った幸福の科学の講師資格者の姿などを見ると、赤鬼・青鬼のように見える可能性が極めて高いのです』


『したがって、地獄に堕ちた人に説教するような赤鬼・青鬼の正体は、光の天使の予備軍であることも多いのです』




Posted by レオ at 2015年07月28日 09:14
匿名希望さんが、ピア健ブログやツイッターなどへのリンク記事を貼ってくれていますが、 ピア健はそのことに対しての自己正当化と、開き直りのこちらへの非難をしているだけであって、これまた論点のすり替え・誤魔化しであることを、ここにレオがあらためて指摘しておきます。


ちなみに、ゲイ差別発言に関しては、ピア健さん、あなたの盟友である弁護者である救国のコウ氏のブログ記事およびコメント欄にて、そもそもの発端の頃に行なわれていますよ。 この記事でね。↓

ピア健ブログ復活の理由 2012-10-01 00:06:00
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11367672688.html#cbox


第三者による発言で、該当するような内容の意見があり、それに対して救国のコウ氏、子羊のピッポ氏、ブリュンヒルデ(これは2年後の書き込み)らが、反応コメントを書いています。
2012年の10月1日、初期も初期の記事であり、コメントやりとりですね。

ガンちゃんとレオとは全く関係の無い第三者発言があり、そこで自分ら自身がゲイについてやりとりをしている。
このあたりを勝手に記憶違いをして、ガンとレオが差別発言をした、とか勝手な言いがかりと罪の押しつけ、誹謗中傷を、ガンレオに行なってきたのでしょうね、おそらくは。 その程度のものでしょう、彼らの拠って立つ根拠などというものは。

わたしは、その第三者の方に迷惑がかかっては可哀想だから、あえて触れませんでしたが、救国のコウは自分の記事のコメント欄で、自分とピッポ氏も加わって話題に取り上げていたくせに、そのことに触れてもいなかったようですが、自分の記事&コメント欄でのやりとりも、ろくろく覚えていないのでしょうか。不思議な人物です。

あらためて書いておきますが、 レオもガンちゃんも幸村も、ゲイに関しての差別発言など、ただの一度もしたことなし。 ピア健はそのことを知ってるはず。事実、無かったのですから。
しかしそのことをお仲間に説明すらしないで、差別されたかのように振る舞い続けていた。
そのだんまりに騙されて、救国のコウとぽん吉は、ガンレオによる差別発言があったと決めつけ、デタラメ誹謗中傷を半年間も続けました。
しかしてその実態は、救国のコウ自身のコメント欄で、第3者を交えたコウ一派一同が、論争開始直後に自分らでやっていたことです。
そのやりとりを記憶違いか勘違いでもして、ガンレオのせいだとか、ぬかしていたのではありませんかね?

なお、ピア健氏にあらためて、問います。
そんな問題以前に、わたしが本記事および追加コメントで問うた、あなたの実態解明記事に、「否」は言わなくていいのですね。認めたということで、いいのですね?

それからまた、W布教所さんがいなくなった時に、レオが追い出したのだという勝手な決めつけと、私への罵倒非難を行なったことへの、謝罪はいまもする気がないのですね。

自己弁護と誤魔化し、卑怯な詭弁を使って、論点をそらして、そもそもの議題をスルーして逃げるのは、もう結構です。
言い訳ばかりして開き直るのではなく、たまには自分の非を潔く認め、謝罪くらいしてみたらどうでしょうか。

以上。レオでした。

Posted by レオ at 2015年07月28日 14:14
(主の御言葉)
『スピリチュアル・エキスパートによる文部科学大臣の「大学設置審査」』より引用

(朝日新聞などが過去に行なった行為に関して、主がおっしゃっていた御言葉です)

「書いた記事や内容について間違っているものについては、反省するなり、直すなりする必要があるとは思います」


↓ レオ

自分が行った発言や主張に、間違いがあるということを認める潔さがあるのなら、
やはり素直に反省する必要があるし、間違った箇所を修正するなり、といった行動が必要である、との仏言だと思います。

主の弟子である幸福の科学信者であるならば、当然この主の御言葉にあるように、
自らの過ちを認めたら、反省し、間違いを改め修正するのが、当然の姿であると私は思います。
Posted by レオ at 2015年07月28日 14:52
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/
コメント欄参照

疑問@そもそも問題の本質はピア健氏がゲイであることではなく、ピア健氏がレオ氏を「色情」や「色欲」(根拠不明)と誹謗中傷し、さらにぽん吉による「不倫の帝王」というレオ氏への誹謗中傷を許しながら、
自分自身の色情地獄的職業を隠していたこと。ピア健氏の色情・色欲は許されて、レオ氏の持つ色情・色欲波動(根拠不明)が許されないピア健氏の二重基準の矛盾

疑問Aさらにピア健氏のあの職業(性風俗業)はゲイの世界の中でも明らかに異常なもの

疑問Bしかしコウ氏・ひとみ氏・天使の羽根氏、通りすがり氏の言説は、ピア健氏の職業がゲイの世界ではさも当たり前のものであるように印象操作・情報誘導しようとしている。ピア健氏を正当化させるために「あれはゲイにとっては当たり前のものだ」と言わんばかりのゲイ文化そのものへの歪曲が見られる

疑問C重要論点として、ゲイであれストレートであれ、過度な性風俗は色情地獄であるから仏道修行者として正すべき問題

疑問Dピア健氏・コウ氏、天使の羽根氏(ぽん吉の別名)、通りすがり氏、ひとみ氏はピア健氏の持つ性風俗職業の色情地獄的波動の異常性と仏道修行者としての問題、さらに本人の色情地獄的職業を隠しながらレオ氏に対して「色情」「色欲」(根拠不明)と事実無根の誹謗中傷をしていたピア健氏本人の二重基準の矛盾した姿勢を追求しているレオ氏記事コメント欄を
「ゲイ差別」であると論点をすり替えようとしている

疑問Dもしもピア健氏の職業が許されるのであるなら、異性愛者の過度な性風俗も仏道修行者として野放しにしてよいのか?ここにゲイの一部にある色情地獄をストレートの色情地獄と比べて優遇する邪見が生まれる危険性があるが、法の観点からそれが正しいと本当にコウ氏・ひとみ氏・ぽん吉は理解しているのか?


まとめ

コウ氏のコメント欄ではピア健氏擁護のためにピア健氏の持つ色情地獄の問題をゲイ差別にすり替え、ピア健氏を徹底的に正当化しようとしている。そのためにコウ氏が率先して仏法をねじ曲げようとする動きに入っている。極めて危険。




Posted by 匿名希望 at 2015年07月28日 22:40
詳細な調査報告ありがとうございます。

へぇー、そんなアホなことをまた言ってるんですかぁ。

わたしレオが指摘した、彼ら4人の悪事の数々の指摘に、たった一つのまともな弁解も出来ずに、また話を捏造話題にすり替えようと?
彼ら4人は、本当にやることがいつも一緒です。真正面から議論することすら出来ず、すり替え、逃げ、誤魔化し、自分の悪事は棚にあげ知らんぷり、敵対者に対してはウソ捏造をでっちあげてでも誹謗中傷を平然と行なう。
幸福の科学の信者を名乗る資格は「無し」といっていい連中であること、これで確定したといって過言ではないでしょう。


基本彼らに共通する特徴は、自分がやっている悪事を棚にあげ、
あろうことか、その悪事を自分らの相手(敵)がやっていると言いがかりをつけ、
相手に冤罪で押し付ける。こればっかりですね。


例1、救国のコウとぽん吉は、ガンちゃんとレオを悪魔呼ばわりした。

ガンちゃんとレオは、悪魔呼ばわりなど、まったくしていない。

救国のコウとぽん吉 … ガンちゃんとレオから悪魔呼ばわりされた、と言いがかりをつける。


例2、救国のコウとぽん吉が、2012年10月から、2013年4月あたままでの半年にも及ぶ長期間、ガンちゃんとレオに対し、延々と誹謗中傷を浴びせていた。(ゲイ差別発言した、ランキングでインチキをしている、etc)

ガンちゃんとレオは半年間沈黙を保ち、反論すらしないで忍辱の道を選んでいた。

救国のコウとぽん吉 … レオとガンブロはさんざん我らを誹謗中傷し、うんぬん。


例3、今回の件で言えば、ピア健自体が性的に問題ありの仕事に従事しているとのこと。

レオが個人的に何か性的に問題ある行動をしたとの情報は、どこにも根拠がない。



ぽん吉がレオを、不倫の帝王呼ばわり
ピア健がレオを、色情・色欲なんたらと言っているらしい。



他にも例をあげようと思ったら、いくらでもあげることが出来ます。
このわずかの例を見ただけでも、どれほど彼らの捏造が、もはや魂の生地といってもいいくらいに常習化してるかが、よくわかるのではないでしょうか。



*まとめ

この連中(救国のコウ、ぽん吉、ピア健)が、いかに自分らが行っている悪事を棚にあげて、
しかもその悪事を相手方がやっているかのようにでっちあげて、誹謗中傷を行なうか。
その手口は、かようなものであって、ハッキリ言って信者以前、信者を名乗る資格なき、異常者の言動の山であることが明らかでしょう。

霊的にいえば、いずれの人物も悪霊に翻弄されて、善悪の価値判断も出来なくなっている、地獄に同通した心境の人たちであると推定されます。

信者である以前に、人として最低限のマナー、常識人としての言動は出来るくらいにまでは、自分を正すことが先決かと思います。

幸福の科学の名を出して語るなど、おこがましいレベルの人たち、と判定して誤りがないと思われます。
次元でいえば、どう見ても4次元以下の心境だと思われますね。この4人組は。
善悪の判断すらまともに出来ていないということは、善人界に入る心境にすら達していない、ということになりますから、必然的にそのような判定がなされるのが必定でしょう。


以上です。



ちなみに、こうした議論をしているさなかでも、
わたしレオは、本来のブログの趣旨である、良き内容の記事を書いて発信する努力をしているつもりなのですが、

果たして彼ら(救国のコウ、子羊のピッポ、ピア健、ぽん吉)は、そのような良き記事を書こうとの意思を持っているのでありましょうか。
ただ、自分の悪事をばらされることを怖れ、その恐怖から逃れたいあまりに、わたしレオに言いがかりと誹謗中傷をぶつけることで、自分らの今までの悪事が誤魔化せると?自己保存記事ばかり書いてやしませんかね?

与える愛はどこへ行ったのでしょうか?

自己保存のための詭弁、すり替え、ウソ偽りが、多くの読者をあざむけると、いまでも本当に思っているのでしょうか。

多くの信者読者の観察力・認識能力を舐めているとしか思えません。大勢の信者をあざむけると本当に思っているのでしょうか。
ここまで醜態をさらしていてなお、愚かな自己弁護に走っている自らの厚顔無恥ぶりを、鏡に映してよくよく反省したらいいでしょう。





*彼らの意見をコロコロ変える節操の無さも、ここに再掲しときます。

4人組の言動の一貫性のなさ、その変節ぶりの一例


ピア健   レプタリアン類の進歩型宇宙人 → いつの間にか金星人
コウ  アンチと戦うべし → アンチと談笑
ぽん吉 ガンブロがアンチと戦わないのは解せない! → 自分は戦わず速攻トンズラ
ピッポ  レオさんが1位になるのは当然 → レオはアンチだった説を突然提唱


いかに、自分の発言に無責任な人たちであるのか、
このコロコロ考えを変えまくる姿を見るだけでも、明らかではないでしょうか。


善悪が180度逆さまに引っくり返っているだけでなく、
そもそも自分で主張していた内容まで、しばらくするとかように正反対のものに変更して憚らない、首尾一貫性のない人たち。
このような人たちの発言に、真摯な思いや、耳を傾けるに値する真実の言葉など、あるわけもないこと、歴然かと思います。
一途に初心を貫く、信念を貫くなどという気概など、まったく持っていない無責任な人間である特徴が、この変節ぶりを見ればわかってしまうということです。
Posted by レオ at 2015年07月28日 23:55
ピア健氏が現在もTwitter上でぽん吉と交わしているレオ氏への誹謗中傷

https://twitter.com/pianistkentaro/with_repliesより




ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 7月27日
@PonkichiDragon
ピア健公開処刑の時期の法則がわかりました。
1回目→映画「神秘の法」公開前
2回目→映画「UFO学園の秘密」公開前
つまりHS映画の公開前になると奴らは必ずトチ狂うということです。


自分自身がレオ氏との議論戦から繰り返し逃亡したことで糾弾されたこと(レオ氏記事参照)を、本人自ら「ピア健公開処刑」と名付けることで被害者の立場を強調さらにレオ氏への悪印象誘導
さらに「奴らはかならずトチ狂う」とレオ氏を狂人呼ばわり



ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 7月27日
@PonkichiDragon
彼らの悪影響は計り知れないのに、なぜ処分すら出来ないのでしょうか。


ピア健氏が責任逃避のために被害者を演じたことによるレオ氏への悪印象誘導、ぽん吉を使っての現在まで続くレオ氏への誹謗中傷の方がはるかに悪影響をもたらしている事実



ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 7月27日
@PonkichiDragon
未来ではトイレットペーパーが一闡堤の代名詞になりそうですね(笑)


レオ氏を「トイレットペーパーレプオ」と呼ぶぽん吉と完全に同調(レオ氏を「トイレットペーパー」と侮辱的暗喩をしたのはピッポ氏とコウ氏
参照・本記事内ピッポ氏記事コメント欄・コウ氏記事コメント欄)



ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 7月12日
@PonkichiDragon
善悪を見極める智慧、裏を見破る智慧、両方なければ闇堕ち必至ですね。


これがピア健氏の「闇堕ち」の定義であるなら、ピア健氏の方が「闇堕ち」していると推察されるに十分である事実(レオ氏に批判された事を「レオ氏に誹謗中傷された、屠られた、公開処刑された」と語りながら、現在もぽん吉氏と共にレオ氏を誹謗中傷、さらに自分の色情地獄職業を隠してのレオ氏への「色情・色欲」(根拠不明)との中傷。ピア健氏の言説が証明する悪質な二重基準と被害者を装うことで相手を加害者に仕立てあげようとする自己保身の強さは、果たして善悪のどこに該当するのか?)





ピア健の異世界•パラレルワールド研究所
‏@pianistkentaro @PonkichiDragon
霊的マイノリティが調和を乱さないための智慧が絶望的にないですね、彼らにも彼らを称賛する側にも。


そのままピア健氏にあてはまる



ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 6月25日
@PonkichiDragon
僧帰依がこんなに早く仲良しクラブに形骸化していると、未来でHS本体が残るかどうかも危ういですね。


僧帰依への歪曲を元にして、ブログ村で孤立したことをHS本体に逆恨みする意図が明確。「仲良しクラブ」が僧団に反するというのはピア健氏の強い願望であり事実と異なる。
さらにブログ村で孤立した事実をHS本体にまで繋げて滅びを予想という形で暗喩する悪質さ
(「仲良しクラブ」をブログ村表現に使っている参考:http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12055192022.htmlブログ村内における自分の孤立を語る文章中この表現を使用)



ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 6月15日
@PonkichiDragon
ダークサイドブロガーがメジャーになっていたら幸福の科学がカルト視されても仕方ないですね。


上記指摘に同じく、自分を批判したり追従しなかったブロガーを「ダークサイド(闇堕ち)ブロガー」と呼び、それらのブロガーのせい(自分を批判したブロガー達が上位にいるせい)で幸福の科学がカルト視されても仕方ないと、幸福の科学本体に恨みを転嫁させている




まとめ

ピア健氏のほうがぽん吉を使って『レオ氏公開処刑』をしている
(ぽん吉によるレオ氏を対象とした誹謗中傷記事はTwitterで拡散されているため、ブログ村内にとどまらず、よってブログ村内にとどめていたレオ氏からのピア健氏批判よりもはるかに悪質)
繰り返すが、なぜレオ氏からの批判は許されず、ピア健氏・ぽん吉両名による誹謗中傷は許されるのだろうか?
Posted by 匿名希望 at 2015年07月30日 01:15
https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies

今朝のピア健Twitterより


ぽん吉のひとりごと ‏@PonkichiDragon · 2 時間2 時間前
ぽん吉のひとりごと:
嫌なブログはね 読まなきゃいいんだよ http://sofia-buryu.blogspot.com/2015/07/blog-post_0.html?spref=tw



ぽん吉の方が常に、本ブログや「悪魔」と批判するレオ氏およびレオ氏周辺の信者ブロガーの記事をこまめにチェックし、その内容について自記事で誹謗中傷している。特に本ブログコメント欄については、書き込みされた内容に対してピッポ氏ブログコメント欄・コウ氏コメント欄などで素早くし続けている事実(本ブログぽん吉記事参照、こちらで書いた内容にぽん吉が反応していたことが証拠コメントとして残っている)


ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 2時間2時間前
@PonkichiDragon
嫌なブログがある、嫌な奴がいるという事実を常に確認して、それを心の支えにしないと自我が崩壊してしまうんですよね、サイコは。


そのままピア健氏にあてはまる、ピア健氏もぽん吉同様、つねにレオ氏ブログをチェックしている。(そもそも数年前のレオ氏とピア健氏の論争も、ピア健氏がレオ氏記事に対して繰り返しブログ上で批判を加え互いのブログ記事を使っての議論に発展したのがきっかけ。つまり当時からピア健氏はレオ氏のブログを細かくチェックしてはブログ上で批判を加えていた)




まとめ

ピア健氏もぽん吉も鏡に向かって誹謗している状態。レオ氏への誹謗がレオ氏よりもそのままピア健氏本人・ぽん吉本人の方に当てはまっている(本記事検証情報参照)
Posted by 匿名希望 at 2015年07月30日 10:30
そうなんですよね。

2人とも実に丹念にレオブログのコメント欄を読みに来ているようです。

レオのコメント内容に速攻で反応してるのがバレバレの発言てんこもりですから。




嫌なブログは読まなきゃいいんだよ(ぽん吉の発言)

嫌なブログがある、嫌な奴がいるという事実を常に確認して、それを心の支えにしないと自我が崩壊してしまうんですよね、サイコは。(ピア健の言葉)



ぽん吉は、その発言を自分で破って、レオブログを読みまくり。

ピア健は、レオブログを常に確認しないと自我が崩壊してしまうサイコ。



そういうことで、いいですね。お二人さん(ぽん吉&ピア健の自爆コンビ)。
(  ̄っ ̄) 


匿名希望さんの突込み、見事ですね!
('-^*)/ これからもヨロシクっ!

Posted by レオ at 2015年07月30日 11:42
ちなみに、わたしレオがブログ村を離脱して(最初の登録時)、seesaaブログからAmebaブログに切り替えたのが、2011年6月のこと。



ブログ村の外へ出てからAmebaにしたのに、
そのLEOブログに、ピア健からのペタが数日連続して来ていました。(知り合いから聞いて、そういう人がペタしてんのかいと、初めて知りました。)
おそらく、宇宙人リーディングをLEOが記事でよく書いていたので、こちらをチェックしていたのでしょう。



したがって、当初より、
LEOブログに関心を持って、記事を観察し続けていたのは、ピア健の方です。

わたしLEOは、読者申請が来たわけでもないので、ピア健ブログ読みにも言ってませんでした。
2012年9月の論争が始まる、しばらく前になるまではね。



わたしがチェックを入れ始めるよりも、1年数ヶ月も早くから、ピア健の方が先に、わたしLEOのブログを観察していたことが、以上の時系列説明からわかると思います。



相手のブログ記事を常にチェック確認していたのはどちらでしょう?ピア健ですね。

そして、ブログ村の外にいるLEOブログを絶えずチェックしては、数度にわたって揶揄発言をしていたのに、わたしが気づいた。

結果、論争が始まった、という経緯です。

以上。
Posted by レオ at 2015年07月30日 15:57
《ピア健氏とレオ氏のこれまで》

@2011年6月頃
ピア健氏、レオ氏のブログをチェック。レオ氏のブログにピア健氏のペタがついていた
(レオ氏友人からそれを指摘されるもレオ氏関心なし)


A2012年8月頃まで?
レオ氏はピア健氏の事をよく知らず


B2012年9月からレオ氏とピア健氏の論争がはじまる
(ピア健氏がレオ氏のブログ内容を揶揄する記事を書いていたことにレオ氏が気づいた)


C互いにブログ記事を用いた議論戦になる(この間、ピア健氏はランキング上位、レオ氏はブログ村にはいない)


Dピア健氏、レオ氏との議論戦で議論の答えに窮すると議論をすり替えたり突然話題を変えるなどして逃亡
(ここで重要なのは当時レオ氏記事に対して繰り返し自記事でレオ氏を揶揄していたのはピア健氏)


Eピア健氏からの揶揄と議論戦からの逃亡が幾度か繰り返されたことで、当時友人だったガンちゃん氏、幸村氏(幸福の科学カテゴリー在籍)がピア健氏を批判しはじめる


F当時のガンちゃん氏からの批判はピア健氏の「自称レプタリアン?系宇宙人説」への仏法真理的観点からの批判(数年後ピア健氏は自称レプタリアン系から自称金星人に路線変更)

当時のガンちゃん氏のピア健氏批判記事
やすらぎのガンブロ記事「自称宇宙人さんへ」
http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/290851301.html
(なお、この記事をコウ氏・ぽん吉は「ピア健氏への誹謗中傷の証拠」としているが、どの文言が誹謗中傷になるのか説明されていない)


Gガンちゃん氏と幸村氏がピア健氏批判を始めてからしばらくしてレオ氏がブログ村に復帰。レオ氏もブログ村内にてピア健氏を批判


Hピア健氏「3対1で攻撃された」(この状況に関してはのちにレオ氏が謝罪)「ランキング上位の自分にレオが嫉妬している」


Iコウ氏・ぽん吉がピア健氏を擁護するために論争に参戦。レオ氏・ガンちゃん氏・幸村氏に対して批判を超えた誹謗中傷・捏造情報の流布
(当時コウ氏・ぽん吉はレオ氏を「悪魔」と名指ししておきながら、「レオは信者を悪魔と呼んで誹謗中傷した」と自分たちの悪口をレオ氏になすりつけている 参照:本ブログのコウ氏記事)


Kピア健氏、ブログ村幸福の科学カテゴリーから去り「屠られた」「公開処刑された」


Lコウ氏・ぽん吉両名からの半年間に及ぶ誹謗中傷・捏造情報の流布「レオがゲイ差別をした」(論証なし)「レオがランキング操作した」(論証なし)(当時の誹謗中傷にあたる記事をコウ氏は現在非公開・レオ氏は保存済み)
この間レオ氏は周りからのすすめもあり一切反論なし。耐え続けていた


Mアマミキョ氏が仲裁
(レオ氏からは資料提出、ピア健氏はアマミキョ氏からの資料提出の希望を無視)


Nアマミキョ氏の仲裁終了後、コウ氏・ぽん吉がレオ氏への誹謗中傷を再開


現在に至る(レオ氏本ブログにて反証)





疑問@なぜピア健氏はレオ氏とのトラブルに至った説明をコウ氏にもアマミキョ氏にもしなかったのか?そしていまも「屠られた」「公開処刑された」と語りつつその背景と全容について全く説明しようとしないのか?
疑問Aなぜピア健氏はトラブル時から現在まで常軌を逸した誹謗中傷をレオ氏に対して続けるぽん吉と今も親密に繋がっているのか?
疑問Bピア健氏が自記事で主張した「Wさんをレオ氏が追い出した」などの明らかにレオ氏を貶める捏造情報の流布について、その責任をどう思っているのか








Posted by 匿名希望 at 2015年07月30日 22:21
ピア健に関しては、レオ記事への揶揄以前に、
レオが芸術作品とテーマについて書いた記事内容が、
パクられた形跡がありました。

物語はテーマをあからさまに主張したら説教臭くなる。
なので。物語においてはテーマはさりげなくがよい、
映画館を出るときに。心に何か余韻のように残ればいいのだ、
みたいなことを書いたことがあるのですが、
(2011年6月、ブログ村を去る直前の記事)

ほとんど同じ論調で、レオの記事に酷似した内容を書いていました。
わたしのが書いたの、1年くらい早いと思いますが、
それ読んだときに、これ俺のパクリじゃん!と直で感じましたので。

彼がわたしのブログチェックしてた期間はけっこう長いみたいだから、
どのくらいパクられてたのか、揶揄も含めて、実際はわかったものじゃありません。
こちらとはタイムラグがあるので、他にも幾つもネタに使われてたかもしれません。

しかもリスペクトしてるなら、読者申請なりコメントでもあればまたしも、そんなの一度もなくの、
こちらへの関心、ネタ利用、揶揄ですからね。

彼は、人気のある記事を見つけると、
それに対するアンチテーゼを出して、
多様なる価値観の広さを自分はこうやって証明できる、
それを顕示したいという「多様性顕示欲」があると、
自分で書いてましたからね。

他人の記事に干渉しない。チョッカイを出さないなんて綺麗ごとを言っていましたが、
やっていることはその正反対、多様性顕示欲のために、人気記事にちょっかいを出すのが好きと、
自分自身で先立って述べていたんですからね。
他人の記事に干渉しないなど、大嘘もいいところです。

自分は非干渉主義者であり、
自分を批判する(レオは)悪である、とか屁理屈を言ってきたので、
わたしは、言論の自由論から切り返して一刀両断しましたが、
その言い逃れ自体が、それまでの自分の行状を偽る、大嘘の詭弁であったことが、上の指摘からも歴然としているでしょう。
「多様性顕示欲」ですからね。人気記事にちょっかいを出して、アンチテーゼを出すのが趣味の人が、
どの顔をして、他人の記事に自分は干渉しない、などと言えるのでしょう。厚かましい限りです。


結局、彼ピア健の、こうした自己矛盾の誤魔化しや、詭弁、言い逃れ、
自分を棚に上げて、自分を美化して、相手を罵って、正しい側に立っていると言い張る悪癖。
今とやってること、ずっと一緒なんですよね。
自分でやってることを棚に上げて、
相手を非難するわけです。
けれども、非難していることを自分自身でもやっているから、結局はただの自爆発言になるんです。
Posted by レオ at 2015年07月31日 00:44
ピア健の問題点



1、他人の人気記事に、ちょっかいを出したり、パクったりする悪癖がある。

・人気のある記事を見つけると、それに対するアンチテーゼを出して、自分にはこれだけ多様なモノの見方が出来ると示したくなる。「多様性顕示欲」なる欲求があると、みずから述べている。
・一方で、自分は他人のブログに干渉などしない、非干渉主義者である、などと矛盾したことを平気で述べている。




2、議論に窮すると、その話題が無かったがごとく話を逸らし、逃げて誤魔化す癖がある。(4人組全員に共通)

・宇宙人の議論で、自分の主張が破綻し答えられなくなる。 → 他人に干渉することは悪・説を唱えるも、これまた破綻 → 集団いじめを受けていると、被害者意識に逃げ込む。といった事例。




3、宇宙人妄想を事実のように語る癖がある。

・以前は、金星・プレアデス系は調和に偏って滅びたために、自分ら進歩型の宇宙人が地球に必要なのだ、と主張していた。 → いまは、金星人であると自称し、以前と主張が全く逆になっている矛盾発言からしても、これらが妄想であったことの証拠ではないか。




4、幸福の科学に迷惑をかけたくないから、経典を記事に取り上げないといいつつ、実は利用している。

・上のように述べていたくせに、会内経典「龍神型宇宙人」の書籍名をあげて、自説の根拠としようとした。
 特に、宇宙人霊言・リーディングから敷衍しての妄想や虚言が多いことは、彼の記事を見れば明らか。




5、そもそもの事情を、自分の擁護者(救国のコウ、ぽん吉)にも語らず、不利になることは黙して語らない。

・自分の揶揄やパクリが、今までに幾人ものブロガーを怒らせてきた前科があること。
・集団いじめと称する状況が発生する以前に、自分が行なっていたことを、仲間にも黙っていたこと。
・仲裁時点で、知人であったアマミキョさんにすら、状況説明の資料を提出せずに逃げたこと。




6、自分に有利そうな展開であれば、ウソだと知っていても、黙して語らない。

・レオやガンブロに、ゲイ差別発言など受けたことなど無いことは、ピア健当人が知っているはずである。
 しかるに、そのことを救国のコウ・ぽん吉が暴れているさなかにも、黙して語らず。
 まるで差別発言が実際に行われたかのように、だんまりを決め込んで、二人が暴れるのを放任していた自己保身。




7、言葉のレトリックを使って、まわりくどい言い方で、読み手をあざむく癖がある。

・内容を見てみると、何の説明にもなっていない、単なる言葉遊びや、同義反復に過ぎないなど、無内容であることが多い。あるいは、その場しのぎの詭弁のための屁理屈。




8、ダウジングを根拠にさまざまな妄想を語るが、真実性の根拠がない、神秘に見せかけた虚言の可能性大。

・ロンドンオリンピックの会場に、UFOの大群が現れ、宇宙人が公然と姿を現すと、ダウジングがYESYESYESと激しく肯定したと、記事で発表。 → 何も起こらないと、予定が変わったのでしょうかの一言で、この話題をなかったかのようにスルー。




9、その場しのぎの思い付きの即席屁理屈を平気で述べるが、すぐに破綻する。

・よく考えを練って出した結論でもない、即席の思い付き発言を乱用するが、真理を適当にいじくって妄想をたくましくした虚言であることが、あまりにも多い。
 → 表側の金星・プレアデス系は、調和に偏りすぎているので、我々のような裏霊人(レプタリアンその他)が進歩の役割を担っていると主張。(レオ注;表は調和型で、裏は進歩型などという教えはない。)
 



10、W布教所さんがブログ村を去った際に、レオが追い出したのだと主張し、わたしを誹謗中傷するも、いまだ謝罪なし。

・集団いじめを受けたのに彼らは謝罪しない、などと言っておりながら、
 他人を冤罪で非難した自分の過ちに関しては、謝罪もしないでトンズラ。自分勝手もたいがいにしてもらいたい。





以上、ピア健に関しても、思いついたことを10箇条あげてみましたが、やはり10では足りずに、他にも幾らでも列挙できそうです。

Posted by レオ at 2015年07月31日 09:01
↓ 主の御言葉、仏言(出典は、丹念に真理の書を読んでいれば、どこに書かれている言葉か容易にわかると思います。)


『霊能力を使って、いわゆるダウジング(棒や振り子などの器具を使い、地中の金属や水脈等の埋蔵物を探索する方法)のように「ここに○○がある」という感じで、例えば、「テキサスに行って油田を当てる」といった油田開発事業などをし始めたら、これはやや危ない≠セろうとは思います。』
Posted by レオ at 2015年08月05日 09:48
ピア健氏の本日の記事
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12058262844.html

人でないから
人でなし
心がないから
人でなし
ケダモノだから
人でなし

人の顔した
まがいもの
心失くした
まがいもの

ひとでなし
愛を語れば
美辞麗句
行動すれば
自己顕示

ひとでなし
愛の分らぬ
まがいもの
欲に溺れる
まがいもの


(引用終わり)


「美辞麗句」という言葉を以前ピア健氏がレオ氏批判に使っているので、本記事もレオ氏のことを指しているとみるが、
ピア健氏は先日このようなことも書いていた。

http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12055192022.html

>霊的に見ればわたしなんてバケモノの類いと変わらないので、
排除したくなるお気持ちは否定いたしません。


この記事から本日のピア健氏の記事を読むと、
もしかするとピア健氏の本日記事はピア健氏自身の自嘲である可能性もあるが、
しかしレオ氏への中傷を含めたものである可能性も排除できないので、念のため載せておく。


ただ、以前ピア健氏はこのようなことをぽん吉とTwitter上で会話している

(引用はじめ) https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies

ぽん吉のひとりごと ‏@PonkichiDragon · 7月31日
『考えないなら生きる必要はない』
http://amba.to/1fPAc5L
ガンレオやアマミね、結局、元の化け物に戻りたいようだね。学校も試験も何もなく、夜の墓場で運動会!!ハス、ブログ村某所やん(笑)。まあ、そういうことッスよ。


ピア健の異世界•パラレルワールド研究所 ‏@pianistkentaro · 7月31日
@PonkichiDragon
化け物は化け物以外の何者にもなれない、それは文明実験の結果で確定したようなものですね。

(引用終わり)

ここで明確にレオ氏のことを「化け物」と呼んでいるので、ピア健氏はレオ氏のことを、明確に人外のものとして呼んでいることになる。



疑問@ピア健氏がバケモノであること(ピア健氏の自称)とレオ氏が「化け物」(ピア健氏からレオ氏への呼称)の違いはなんなのか

疑問Aブログ村で女性読者とごく普通のコメントのやりとりをかわしていたレオ氏を「色情」「色欲」と揶揄し、さらにそのことを「不倫」であると歪曲した情報にかえて喧伝するぽん吉を黙認・助長しながら、
ピア健氏自身の生業である男性相手の売春行為とゲイ仲間の売春を斡旋する業務、さらにその猥褻なる行為をあられもなくネット上に載せるピア健氏自身の手による営業宣伝活動が、色情としても色欲としても問題なしと思う明確な根拠はどこにあるのか?





私個人はピア健氏もレオ氏もバケモノには見えないが、現在も続くピア健氏の二重基準は非常に理解しがたい。私の目にはどうしてもピア健氏のほうが「愛がわからず欲に溺れている」ようにしか見えないのだが・・・・
(参考:https://twitter.com/gm_kentaro/with_replies
ガチムチ健太郎エロ揉屋 ‏@gm_kentaro · 17時間17時間前
●●●欲しい
ガチムチ健太郎エロ揉屋 ‏@gm_kentaro · 17時間17時間前
明日の仕事で自分も出さないと限界 )




ピア健氏はこちらをよくチェックしているようなので、明確な説明をいただけると誠にありがたい




Posted by 匿名希望 at 2015年08月05日 13:16
変態と霊障者の狂宴。

まさに人外のモノかも … 。

Posted by レオ at 2015年08月05日 13:21
昨日、本ブログぽん吉記事で、私匿名希望はこのような内容を書いた


(以下私匿名希望のコメントの最後部分引用)

ぽん吉のこれまでのブログ等での主張を見ると、自分に都合よく事実を歪曲し、さらにそれを真実と思い込む強い妄想癖がはっきりと現れている。
友人であるピッポ氏・コウ氏・ピア健氏は、このようなぽん吉の姿を見て心配にはならないのだろうか。ピッポ氏・コウ氏・ピア健氏は、ぽん吉の発狂状態に対して黙認するのみではなく、友人としての心からのサポートをされることを強く望む

Posted by 匿名希望 at 2015年08月07日 17:09




すると、ピア健氏がすぐにこのような記事を載せている

http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12059197125.html
命を懸けられる人間は狂わない
2015-08-07 18:39:29NEW !

(記事内容を引用すると長くなるので知りたい方は上記URLをご覧になってほしい)


ピア健氏の記事は、私匿名希望のぽん吉記事コメントに反応しての記事内容と受け止められる。(ぽん吉を擁護した内容であると解釈できる)
ピア健氏は本ブログコメント欄を相変わらずこまめにチェックしてくれているらしい。


そこでピア健氏にお願いがあるのだが、ピア健氏におかれては、どうか本記事であげているピア健氏へのレオ氏からの反証や私匿名希望
からの疑問に速やかにお答えをいただきたい。


記事内において明らかにされたピア健氏の矛盾や嘘や誤魔化しについて、ピア健氏がすべての説明を伏せたままで「レオに屠られた」「ピア健公開処刑」と声高に叫ばれても、読み手は理解に苦しむばかりであるからだ。

あなたは営業用サイトを作れるほどの文章力と表現力の持ち主であるので、事実に基づいて反証をするなど容易であると思われる





Posted by 匿名希望 at 2015年08月08日 11:55
ピア健は、頼んでいない他人のブログに干渉するのは悪である!という命題を掲げていたよねー。

なぁピア健!

で、レオは、じゃあ私レオは、あなたピア健にレオのブログを読んでもらいたくない。

読んでほしくないブログに干渉するのは悪だそうだから、
ピア健がレオブログを読みに来て、レオ記事に反応した記事を書くのは「悪」になるから、もう来るなよ!

と確か書いたはずだけどなー。

自分でルールを掲げておきながら、平気で破って、コソコソまだレオのブログを読みに来てるのかい、君は。

他人のブログに干渉するのは悪なんだろ?

さらには、

ピア健きみは、非干渉主義者のはずだろ。

自分で言いだした即席ルール、ちゃんと守れよな。

今後まだ、わたしレオのブログを読んでの、リアクション記事を書いているようなら、

君は自分で主張したことを平気で破る、ダブルスタンダードの大ウソつきだと、批判させてもらうからね。

自分で主張したことくらい、実践して守りたまえ。

以上だ。
Posted by レオ at 2015年08月09日 13:39
【レオ氏がコウ氏・ピア健氏・ピッポ氏を批判する理由】

今までレオ氏を悪し様に誹謗中傷するぽん吉を、なぜピア健氏やピッポ氏、コウ氏が黙認するのかが理解不能であったが、
個人的にここ数日明らかになりつつある。

@ピッポ氏はぽん吉に招かれてブログ村にきた事実(参照:gggggggg さんへ    2015年8月4日 (6)
http://plaza.rakuten.co.jp/kohitujinopippo/diary/201508040000/

A騒動の当初でコウ氏自身が「ピア健さんと連絡をとりあってる」と記事上で書いていた事実

Bレオ氏よりも先に、ピア健氏とコウ氏がブログ村内でチョコスッキー氏に対して批判していた事実(救国のコウ
「人のブログがつまらないという人に対してお答えする」
http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11322837591.html
2012-08-07 23:33:00
ピア健
「コピペ記事は悪ではなくブログの原点」
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11323384441.html
2012-08-08 18:09:11  )

Cピア健氏にはブログの人気記事や人気ブロガーにアンチテーゼ記事を書くことによって優位性を示す「多様性顕示欲」があることを、ピア健氏自身が記事上で語っていた事実
(レオ氏とのトラブルの発端がピア健氏側にある大きな証明)



ここから導きだされる内容

@ピッポ氏とぽん吉は密接なつながりがある
Aコウ氏とピア健氏はブログ村内で以前から二人でブロガーに批判を加えていた
Bコウ氏は騒動の時にもピア健氏をかばうのみではなく、個人的に連絡をとりあっていた
Cコウ氏とぽん吉は「レオ氏にいじめられているピア健氏の庇護」という大義名分でレオ氏への誹謗中傷をはじめた
Dしかしピア健氏が一方的被害者ではないと数々の論証で明らかになった今もレオ氏への誹謗中傷を繰り返している



図にすると

ピッポ⇔ぽん吉⇔ピア健⇔コウ

(ピッポ氏とぽん吉は旧知の関係)
(ピア健氏とコウ氏は以前からブロガー批判仲間)



このように四者に密接なつながりがある

そして以前から明らかにされているが、ピア健氏とぽん吉は現在もTwitter上で公にやり取りをするなどの密接なつながり




結論:

レオ氏を誹謗中傷しているのはぽん吉単独ではなく、背景にピッポ氏・コウ氏・ピア健氏が関与している可能性
少なくとも三名はぽん吉を止められる関係にあるが、あえてぽん吉による誹謗中傷を一切止めず黙認し、さらにレオ氏をに対して常軌を逸する誹謗中傷を続けているぽん吉を現在も擁護・後押ししている
(参照:ピッポ氏ブログ、コウ氏ブログ、ピア健氏Twitter)


よって、レオ氏を現在も誹謗中傷するぽん吉を黙認・擁護・後押ししているピッポ氏・ピア健氏・コウ氏はぽん吉によるレオ氏誹謗中傷の共犯とみなされる

ぽん吉Twitter
https://twitter.com/PonkichiDragon
Posted by 匿名希望 at 2015年08月10日 07:44
ピア健もぽん吉も、自分が表で、敵側が裏ってしきりに言いたいらしいんだけれども、

もともと自分自身で、裏を自称してたんですからねー。

ピア健は自分で裏側の仙人だと自称していたはずですね。
自分をマイノリティ宇宙人だといい、レプタリアンと同じく進化の役割を担うために地球に来たのだけれど、裏側にいるんだと。

ぽん吉は自分でエンリルが送り込んだ工作員だと自称していました。自称・裏ってことになりますね。

なのに一生懸命、自分が表だ、あいつらが裏だ、みたいに言い張ってるようです。
自分で過去に発言していた自己設定と違っているという矛盾を、おかしいと思わないんでしょうか。不思議な人たちです。

表・裏、表・裏とやたらと気にして、この手の発言を連発していること自体が、表裏にこだわって執着しているコンプレックスの証しなんですよ。
そんな屁理屈言ってる暇があったら、まずは常識人として生きる努力をした上で、心正しい幸福の科学信者を目指すべきだと、わたしは思います。
だいたい裏がいけないだなんてこと自体、主はおっしゃられてませんからね。
過剰なコンプレックスを持つのは執着だから、いい加減に捨てた方がいいですよ。(・∀・)


Posted by レオ at 2015年08月11日 07:47
ピア健の発言

「頼んでもいない干渉をするのは悪である」
「自分は非干渉主義者である」
「他人のブログに干渉しない」

  ↓

わたしレオからのお返事

「じゃあレオブログ、今後見に来るなよな。レオ記事読んで、お前が反応発言していたら、それはレオが頼んでもいない干渉であり、悪であるってことになるからな」

  ↓

こう返事してあげたのに、いまだにピア健は、レオブログを頻繁に覗きに来て、反応発言を多数しているのは、この記事のコメント欄を見れば明白。

  ↓

以上のことから導き出される論理的帰結


@ ピア健の、自称・非干渉主義者という発言は、まったく実践する気のない大嘘であり、干渉しまくりの人間である。

A 干渉は悪といいながら干渉している → すなわち自分が掲げた独自定義により「ピア健は悪事を行なう悪人です」と自己認定していることになる。

B 読みに来るなと言っているのに、レオブログを読んでいる時点で、ストーカーレベルの大ファンなのかもしれない。


以上を指摘しておこうと思います。


Posted by レオ at 2015年08月11日 14:28
レオ氏が上記コメントをアップしてからすぐにぽん吉がこのようなブログ記事をアップしさらにピッポ氏ブログコメント欄においても繰り返し載せている。またそれに便乗してピア健氏も記事をアップしている。

(ぽん吉の記事に関しては本ブログぽん吉記事コメント欄にてアップ済み)

ピア健氏の本日の記事


アウティングも卑劣な人格攻撃
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12066362054.html

ある男性が、
ゲイであることを揶揄するのも、
ゲイであることを第三者が暴露する、
アウティングも、
名誉毀損の罪に問い得る、
卑劣な人格攻撃です。

自らがゲイであることを告白する、
カミングアウトに対して、
アウティングという言葉は、
馴染みが薄いのではないかと思われます。

武藤議員に関する文春の記事も、
アウティングに該当しますが、
成人男性同士の性行為に、
金銭の授受が伴っても、
違法にはなりません。

売春防止法も風営法も、
男女間にしか適用されないからです。
ちなみに買われたのが18歳未満であれば、
男性同士であっても、
買った方が児童買春の罪に問われます。
「児童」は性別を問わず法によって保護されているからです。


(転載終わり)



@必死に論点ずらしをしようとしているようだが、
そもそもレオ氏に対して事実無根の「色情」「色欲」「性魔術」「不倫の帝王」などと中傷していたのがぽん吉とピア健氏(参照:本記事過去論証)

Aそれらピア健氏からレオ氏に向けられている事実無根の中傷に対して
「レオ氏への根拠のない誹謗中傷の前に、ピア健氏自身が色情地獄的職業をしているではないか」
と当方が指摘したのが、当方が貼り付けたピア健氏の営業用サイト
(当方はゲイ差別発言は一切行っていない)

Bそれに対してぽん吉・ピア健氏は「人格攻撃」「非人道的な晒し行為」と称しているようだが、まず自分達がレオ氏にしてきた捏造情報を元にした誹謗中傷への反省と謝罪はないのか?

Cまた自分の色情地獄的職業を隠した上で、レオ氏を事実無根である色情・色欲・性魔術と揶揄したピア健氏の悪質な二重基準はどう説明するのか?

Dピア健氏によって広報目的に作られた(秘匿性を持つ会員制サイトではない)ゲイ向け売春業サイトのURLをこちらに載せたことをもって「人格攻撃」「非人道的な晒し行為」とはどういうことか?理解不能。

E>仮に色情地獄だとしても、個人のプライバシーを勝手に公に晒しだす権利があると思っているのでしょうか。

ぽん吉はすでにピア健氏の職業が「色情地獄的」であると認識している

F幸福の科学の教えに照らして、レオ氏よりも仏法に反しているのはぽん吉とピア健氏である事実。特にピア健氏の職業は信者として由々しき問題であろう。疑問があるならネット上で信者に問うのではなく直に精舎講師や総合本部に確認を取ったほうが良いだろう






結論

ぽん吉とピア健氏は信者として不都合な事実が暴露されたことに怒っている。しかし現在も
レオ氏を捏造によって中傷し続けている事実、、ピア健氏自身の色情地獄的職業については、ピア健氏からは反省も謝罪もない

Posted by 匿名希望 at 2015年08月27日 16:58
元ピア健氏ことガチムチ健太郎氏が、このような理解しがたい記事を書いている

カミングアウトはしない方がいい
http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-12085200458.html
(ガチムチ健太郎氏は記事を改ざんする傾向があるので、現時点での全文をペーストする)

テーマ:スピ・宗教学・自己啓発

幸福の科学の教義が、
同性愛者に寛容であることと、
信者が同性愛者に対して寛容であることは、
必ずしもイコールにならないので、
ゲイの皆様には、
幸福の科学の会員にカミングアウトしないことをお勧めします。
教義において寛容の姿勢が明確に示されているにもかかわらず、
カミングアウトが原因で、
信者の公開処刑に遭うという経験を自らしている以上、
カミングアウトしても大丈夫と言ったら、
それは事実に反する妄語になってしまいます。
ホモフォビア信者への批判を左翼的に強めれば、
わたしは闇堕ちしてHSアンチにもなり得る立場ですが、
カミングアウトしたのが悪いと自分に言い聞かせて、
アンチにならぬよう必死でこらえています。
外部から攻撃するアンチになるために、
去る道を選んだわけではないからです。
カミングアウトを避けるべき事例の一つとして、
相手が宗教関係者である場合が挙げられますが、
幸福の科学は例外であると、
いつか言える日が来ることを願っています。
わたしが生きている間に叶う願いであるのか、
定かではありませんが。
わたしは教えに対してNOを突き付けたのではなく、
組織に対してNOを突き付けただけです。

(転載終了)




@そもそもガチムチ健太郎氏(ピア健氏)が幸福の科学内でゲイ差別をされた事実はない
(ガチムチ健太郎氏はいつものごとく抽象的表現で事実を捏造しようとしているが、それが事実なら明確な証拠を提示すべき)

A逆にガチムチ健太郎氏側がレオ氏に対して事実の捏造や印象操作によって悪人に仕立て上げようとした証拠、ぽん吉と共謀してレオ氏を誹謗中傷し続けていた証拠は多数揃っている(過去コメント参照)

B過去コウ氏が「ピア健たたきはゲイ差別だ」と歪曲しようとしたが、その論理のすり替えの論法については過去コメント欄にて論破済み

Cガチムチ健太郎ことピア健氏は、いまだにレオ氏を陥れるためにつき続けた捏造情報や自分の悪質な二重基準、誹謗中傷の事実については説明も謝罪も一切していない

Dそもそもガチムチ健太郎氏はゲイ業界においても「公開処刑」されている
(2ちゃんねるゲイ板で暴露されている
参照:【都内限定】ゲイのマッサージ 9〜13【オイル・整体】)

E重要な事実として、幸福の科学内においてゲイでありながら重要ポストについている信者は複数存在する。ガチムチ健太郎氏が書いている内容「幸福の科学内でカミングアウトが原因で公開処刑された」は被害妄想による事実誤認もしくは意図的な歪曲である
(そもそもガチムチ健太郎氏が公開処刑と称している複数信者からの批判は、ガチムチ健太郎氏がゲイだから行われたのではなく、
ガチムチ健太郎氏から信者レオ氏に挑発記事を書き続けたことによってレオ氏との論争にいたり、しかも自分に旗色が悪くなるたびに一方的に論争から逃げ続けていたことが原因である。当時の複数信者からの同時批判については当事者からピア健氏に向けて謝罪済み。トラブルの原因となった挑発行為の数々についてピア健氏からは一切謝罪はない)

F>わたしは闇堕ちしてHSアンチにもなり得る立場ですが、
>カミングアウトしたのが悪いと自分に言い聞かせて、
>アンチにならぬよう必死でこらえています。

この記述はストレートに読み解けば、ガチムチ健太郎氏は自称「闇落ち寸前の状態」である。極めて精神的に危険な状態




まとめ

ピア健ことガチムチ健太郎氏がブログ村で批判されたのはガチムチ健太郎氏がゲイだからではなく、本人がしてきた度重なるネット上でのレオ氏へ記事の挑発行為やそれに対して反論されての論争からの一方的逃避、それらの挑発行為を繰り返したことでレオ氏側からの大きな怒りを買ったのが原因である
しかもその後もピア健氏はぽん吉と共謀してレオ氏を陥れる誹謗中傷を繰り返していた事実
さらにガチムチ健太郎氏についてはゲイ業界内においても多数の批判が出ている事実

自分がレオ氏を陥れようとした数々の証拠への説明責任はなんら果たさず、それらが暴かれたことでピア健の名前を捨てて責任からの回避をはかり、今度は幸福の科学に責任を転嫁するとは何事だろうか?
いつまでも被害者を装うのはいいかげんにしていただきたい
Posted by 匿名希望 at 2015年10月18日 23:58
そうですね。

ピア健がわたしと論戦になったのは、度重なる挑発的な揶揄、パクリ発言などがわたしを怒らせたためですから、ピア健自身に責任があります。

なお後日、W布教所さんがブログ村を去った時には、わたしレオとは何の関係もないのに、わたしレオがWさんを追い出したと決めつけ、罵詈雑言を浴びせてきたのが、ピア健です。
しかしいまだに私レオへの謝罪がありません。

かように自分自身が原因で騒動を引き起こしておりながら、犯した悪事についての謝罪は無し、反省もなし。
それどころか反省しないで済ますための、自己都合の詭弁、誤魔化し、ウソ偽りに転化しての、責任逃避に終始しています。
自分を甘やかして責任逃れをするのも、大概にしたまえと言っておきましょう。

そもそも幸福の科学信者であるならば、自己責任が基本原則のはずですが、宇宙人妄想に逃げ込んで、自分は宇宙人だから弾かれる、阻害される、受け入れられない。そういって反省から逃れる誤魔化しは卑怯以外のなにものでもありません。

総裁先生は神秘の法の解説書で述べておられました。
地球に移住してきた宇宙人が数多くいるけれども、地球で生きている以上、地球人としての自覚を持たなくてはいけない。宇宙人としてではなくて、地球人として生きなくてはいけない。
救世主としての獅子丸翔の言葉です。

たとえ過去、宇宙人として飛来した魂だったとしても、それを責任逃れのための言い訳に使っていいわけではない、ということです。
宇宙人ルーツを明らかにしているのは、他者に対する理解と寛容さのためであって、自分自身を甘やかす言い訳のために使う道具にするためではありません。
寛容さを他人に求める前に、自己変革を心がけるのが、真理を学ぶ者の務めです。
自己変革から逃れ、他者が不寛容だと言って誤魔化すのは、教えをまったく理解していない立場というしかない。自己変革ではなく、他人に自分を甘やかしてくれという要求になっているのでは、話にならないと言うしかありません。


ブログ村を荒れさせた原因を作った件に関してくらい、謝罪してみたらどうか。わたしレオは皆さんにご迷惑をおかけしましたと何度か述べていますが、ピア健はまったくそうした言葉すらなかったし、お仲間はいずれも同じく、迷惑をおかけしましたの言葉もないですね。
反省なき、わがまま勝手の悪人はどちらなのかが、すでに明白となっているんですよ。

だいたい、ゲイ差別発言だか何だか知りませんが、レオもガンちゃんも幸村も、ゲイがどーのこーのなんて関心もないから、関連発言したこともないこと、すでに記事やコメントで何度も論証済みです。

たとえ当人が過去にどこかでゲイ差別発言をされたとして、それをコンプレックスに抱いて、自己憐憫の言葉を恨み節でいくら主張しようとも、それは信者としてあるべき姿ではないですね。

自己憐憫は奪う愛であり、他者になぐさめてもらいたいという甘えであり、自己中心の心であると、今月号の小冊子にも載っておりますのでね。
それすなわち、天国的な心ではない、ということです。
幸福の科学の教えを云々するのなら、やるべきことをやって語るべきであって、真逆のことをやって反省なき人間が、何をか言わんや、と言わざるを得ませんね。


なお、記事タイトルは、ピア健の隠された正体、としてありましたが、当人が責任逃れのためか、ピア健から変名して、ガチムチ健太郎と変えて別人のふりをしようとしているようですので、敢えてその名も( )内に載せて、責任を取るための自覚を促したいと思います。

とりあえずは、以上です。
Posted by レオ at 2015年10月19日 01:10
ガチムチ健太郎とぽん吉が現在も他ブロガーへの誹謗中傷で結託している証拠(関係者証拠保存推奨)
https://twitter.com/pianistkentaro/with_replies

これを受けて下記を公開する




【ぽん吉・ガチムチ健太郎がレオその他ブロガーに向けるレッテル貼りはすべてぽん吉・ガチムチ本人にあてはまる法則】



http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132762244124/

(以下ぽん吉の記事内容)
「ランキングバナー貼り付けて「応援して下さい❤」
と愛を奪い
敵視する法友を集団で嬲り潰す
地獄そのもの(笑)
ブログという執着!!」


 @ガチムチ健太郎氏は昔から現在までバナーを貼り付け続けている。当時ブログ村外にいたレオ氏を自記事で揶揄し挑発し続けた結果、複数のブロガーから責められ、ブログ村から逃げたのを「ランキング上位だった自分に嫉妬されてブログ村から追われた」と繰り返し責任転嫁した形で吹聴したのもガチムチ健太郎氏。ガチムチ健太郎氏自身がランキングに執着していた事実
 A人気のあるブロガーの記事に対して「多様性顕示欲」という名において批判・揶揄することで自己の優位性を確立していたガチムチ健太郎氏
(参照:http://ameblo.jp/pianist-kentaro/entry-11323765203.html
明らかに上位ブロガーへの対抗心・嫉妬意識によるもの)
 Bブログをいくら通報されても建てまくるのはぽん吉。ブログに対する異常な執着
 C色情地獄・責任すり替え・ぽん吉によるブロガー攻撃を助長するガチムチ氏と、妄想・捏造による邪悪な誹謗中傷だらけのぽん吉、まさに地獄波動





http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132836022944/

(以下、ぽん吉の書き込み省略)


 @現在進行形でブロガーを公開処刑しているぽん吉とそれを助長するガチムチ健太郎氏
 A「多様性顕示欲」で嫉妬による攻撃(人気ブロガーの記事を揶揄することで自己の優位性を示す)を正当化したのはガチムチ健太郎氏
 B他ブロガーはガチムチ健太郎氏に嫉妬する理由がない(ぽん吉お得意の妄想による断定)
ぽん吉自身がレオ氏・ガンちゃん氏・その他ブロガーに対して激しく嫉妬しているのは記事内容から十分に理解できる
 C「血の池ハーレム」とはガチムチ健太郎氏の職業。不特定多数の男性との性行為



http://ponkichidragon.tumblr.com/post/132573456044/


 @ソープランドとはガチムチ健太郎氏の職業
 Aネット不倫という概念はHSには存在しない。いつものごとくぽん吉の妄想。女性ブロガーに人気があるレオ氏に対して、ぽん吉が激しく嫉妬している心情がはっきり出ている




まとめ

ぽん吉の語る嫉妬その他の誹謗中傷は、そのままぽん吉とガチムチ健太郎氏にあてはまる。
ぽん吉・ガチムチ健太郎氏はいつまでもレオ氏や他ブロガーへの悪意で結託するのではなく、自分の嫉妬心について反省することを勧めたい
ぽん吉もガチムチ健太郎氏も、「レオ・ガンちゃんその他ブログ村ブロガーへの公開処刑」はもういいかげんにした方が良い
自分達をますます不利にするだけであるからだ

Posted by 匿名希望 at 2015年11月11日 10:25
わたしが批判している4人組(ぽん吉、ピア健、救国のコウ、子羊のピッポ)に共通する、主たる特徴は…

嫉妬心、自分の悪事を棚にあげる、無反省、平気でウソを言う、捏造癖、虚言癖、悪質な印象操作癖、誹謗中傷癖、誇大妄想、法の曲解・邪見、論理矛盾・破綻だらけ、発言への無責任、主張に一貫性がなく変節多数、などなど、数え上げればキリがありませんが、

ピア健(ガチムチ健太郎)に関して、特に特徴的な問題点を以下に列挙します。

大きく言えば、<宇宙人妄想>に走ることによって、自分の欠点を反省・改善することから逃れようとしている。
自分は宇宙人だからそうした短所も仕方がないのだ、と言って、宇宙人リーディング情報を悪用している。
自己保身のため、反省から逃れるための、悪用を行なっている。これがこの人物に大きく見られる、根本的な問題の一つです。


・その場しのぎの屁理屈発言が多い。

・自分に甘く、他人に要求する点からして、本末転倒。

 (例) 自分を寛容に受け入れてくれない地球人たち、といって、 寛容さを相手に求めている。
しかし寛容さとは本来、他人に求めることではなく、自分がまず実践すべき課題ではあるまいか。
自分がやってこその自助努力であり、それを相手に求めるのは奪う愛であろう。


・独特のレトリックを駆使した表現を好むが、言っている内容自体は、単なる言葉遊びと詭弁に過ぎず、論理としても成立していない。
なので、突込みを入れられると返事が出来ない。元から破綻している屁理屈だから、そうした顛末になるのである。


・自分に都合のいいことは、嘘であっても黙って放置する。
 反対に、自分に都合の悪いことは、真実であっても隠して語らず。
 結局、真偽の視点に立つのではなく、自分の保身のためなら、嘘でも許容し、真実も隠すという、自己中心である。

 (例)、ガンちゃんとレオから、ゲイ差別発言など一切されていないはずなのに、まるでそうした事実があったかのようなふりをし、ぽん吉・コウの暴言を放任した。
 その反対に、自分が行なった揶揄やパクリへの、自己申告や反省の言はなし。この迷惑を蒙ったと発言している証人は多いので、これらの特徴は明らかであろう。


・自分の悪事は反省せず、被害者の顔をしたがり、発言内容を被害者的なスタンスにすり替えて行うこと多し。
これまた自己保身と、反省から逃れて、自分を美化する自己中のスタンスから出ているものと推定できる。


・基本、自己責任のスタンスではなく、他者への責任転嫁、自分は被害者であるという自己憐憫に甘んじ、反省をしないで逃れようとする態度がありあり。
それだけでなく、自分の立場を強化するために、言葉のレトリックを駆使して、自分の行動動機を美化する癖あり。

(例)、単なる逃亡、逃げであるのに、皆さんへ迷惑をかけない私なりの愛ゆえに、ここを去ります、的な言い方をして、自分の行動を美化して、卑怯な行動でさえ、善い行動のように自己暗示をかけ、他者にもそう喧伝する悪い癖がある。


とりあえず、このくらいにしておきますが、
具体的な事実は、本記事の本文およびコメント欄に、詳細に論証してありますので、そちらを読めばこのピア健lことガチムチ健太郎の発言が、自己保身と詭弁、言葉遊びに過ぎないレトリック、自分を美化した虚構、などで満ちていることが、いっそうよく理解できると思います。

なお、3つの記事でわたしが批判している、アンチ・ソフィアことぽん吉と、いまだにつるんでツイッターでやりとりを続けています。
そこでは宇宙人妄想だけでなく、裏宇宙、パラレルワールドといった、昨今、主から教え始めていただいている高次の概念・世界観をパクって、それを私的な妄想のためのお遊びに利用している、愚かな発言が多数あります。

基本の心の教え、教学をきっちりやろうという態度もなく、ただひたすら、宇宙人ネタや、奥義とも言える神秘の世界観ばかりに関心を持ち、それを自分は知っているといった傲慢さの中で、好き勝手な解釈や能書きを垂れている時点で、法の曲解・邪見を垂れ流しているブロガーだと、わたしは判定するものです。

4人組の一角として、今後も反省なき場合は、遠慮なくこの記事中のコメント欄で、追及を続ける所存です。


なお、この人物は当初、幸福の科学および先生に迷惑をかけたくないので、わたしは法話や書籍のことには、なるべく触れないようにしているのです、などと一見、謙虚なような発言をしていましたが、

実際は当時においてすら、ベガ・プレアデス・金星・アンドロメダ・エササニといった、先生発信の宇宙人リーディングを元にした、妄想発言を連発しておりました。
これらの星々に、自分の分身が同時にいま生きて魂修行をしている、その方が効率が良いからである、などといった発言さえしていましたが、これなどはプレアデスの女王が、あちらと地球で出ているといった話を聞いてのパクリであるのが明白です。

会内経典が多い宇宙人リーディングの話を私的な妄想に利用している点において、迷惑をかけたくないなどという発言は、読者に対する見せかけの謙虚さ、パフォーマンスに過ぎず、実際は都合のいいところを好き勝手に利用しまくっていたこと、この有様でありました。

当方との議論において、龍神型宇宙人リーディングの名を出していましたので、これなどは完全に会内経典、いわば秘儀ですね。それを元に自分の宇宙人妄想を主張している時点で、教えをひっぱり出してのブログ発言であることが明らかであり、迷惑をかけたくないので教えには触れないなどは、言い逃れの詭弁にすぎぬこと、明らかでありましょう。

さらには、当初、マイノリティ宇宙人だとか仙人を自称していたピア健は、裏である自分を正当化するために、
ベガ・プレアデス・金星などの調和系は、調和に偏り過ぎているといって、批判どころか罵倒に近い侮辱まで加えていましたが(本記事、コメント参照)、
その後、アンドロメダ経由でやってきた金星系だの、先に述べたように、ベガ・プレアデス・エササニなどにも分身が出ているだの、当時とは真逆の宇宙人妄想を、滔々と語って恥じないでいます。

コロコロ変わってる時点で、現実の記憶やリーディングではなく、単なるその場その時の好みで、勝手にチョイスして自己設定を変えているだけの宇宙人妄想であること、これまた明白と言えるでしょう。
Posted by レオ at 2015年11月12日 11:30
ピア健が幸福の科学を退会した、かのような発言が2016年の1月後半にあり、

それを受けて、退会まで追い込むのは酷いだの何だの文句を言っていた人が若干名いたのですが、
わたしは、どこに退会したとの明確な発言があるんだい?「ふり」の可能性が高いだろうに、と最初から見抜いていました。

結果はやはり、ピア健による、退会した「ふり」のウソ演技でした。


http://gunleo.seesaa.net/article/432981620.html

上記記事中の追加文章より転載 ↓


わたしレオによるこの推定、見事に的中していたようです。
ピア健の性格から判断して、その程度の話だろうと思ってましたけどね、最初から。

当人が、みせかけ、演技だった、と自白してます。

信仰テーマまで自己憐憫や欺瞞のために利用する、この程度の人間だから、その幼稚な作戦の底を読み取るなんて簡単ですね、まぁスピリチュアル話から、自分の話から、ウソばかりの人間ということです。

4か月近く読者を騙して平然としてすっ呆けていた卑劣漢ということです。

馬鹿馬鹿しくて最初から同情なんてしてませんけどね、わたし個人は(笑) 

2016.5.14追記

Posted by レオ at 2016年05月22日 17:05
当方が最初にこちらに貼ったピア健ことガチムチ健太郎氏のゲイ向け売春斡旋業のURLが移転したそうである

(以下転載)

サイト移転のお知らせ
2016/01/01 (金) 00:49:01

1/1付けでサイトを移転させましたので、
お手数をおかけしますが、こちらのURLでお気に入りやブックマークの再登録をお願いします。

http://gachimuchikentaro2.tumblr.com
(注・サイト下部にガチムチ健太郎氏自身の猥褻画像あり閲覧注意)

新サイトでは1ページで全てのコースの把握と予約が可能になりました。

(転載終了)


内容を見てみたが、以前よりもさらにエログロさを増したガチムチ健太郎氏自身の猥褻写真が1ページ下部に大量に掲載されている。ガチムチ健太郎氏は以前よりも開き直っているようだが、彼は仏法真理の不邪淫戒をご存知だろうか?

レオ氏がガチムチ健太郎氏のニセ退会騒動について書いているが、ここからもガチムチ健太郎氏自身の虚言癖が悪質であることが分かる。今回も前回もガチムチ健太郎氏は自らの虚言捏造によってレオ氏が信者やアンチから中傷批判を受けているのを見ていながら、明らかになったあとも自分の虚言や捏造について一切レオ氏に謝罪をしていない

以前当方がこちらに貼った2ちゃんねるのゲイマッサージ特集において、ガチムチ健太郎氏はゲイマッサージ業開業当初から虚言癖があったことをゲイ仲間から暴露されている
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/gaysaloon/1255700787/


ガチムチ健太郎氏はレオ氏に過去の虚言による迷惑行為を謝罪するべきだと思うがいかがだろうか?

Posted by 匿名希望 at 2016年05月22日 17:41
( ・◇・)p  ソレ いいね!  


よろしく〜〜〜




Posted by レオ at 2016年05月22日 17:58
幸福の科学を退会した「ふり」をして、読者をあざむいて4か月。
その悪事を多くの人から指摘されるも、この人物は、謝罪と反省をするどころか、開き直って、相も変らぬ自己弁護のための、ひねくりレトリックを駆使した詭弁とごまかし、自己正当化の屁理屈主張に励んでいるようです。

この人物お得意の表現を真似て、わたしレオが問題点をこの人物に問うとするならば、
以下のように表現したら、よいでしょうかね?

曰く、


退会したふりをして、信者、信者以外の読者をあざむき試す人間は、果たして、神さまに仕える本物の信仰者と呼べるのでしょうか。ウソをつくなかれ、という教えに明らかに反し、それを意図的に行使している欺瞞の人間が?

自己愛と自己憐憫の、同情買おう作戦のために、4か月ものあいだ、読者を騙して、にせの同情を買って自己を慰めることに甘んじ、
読者に心配をかけて、本当のことを言わずに黙っていた、自己中行動の過ち。そうした自分中心の身勝手な行動を、4ヶ月ものあいだ放置していた、自分自身の罪への反省は、ゼロでいいのでしょうか?

騙されていた人たちから寄せられていた、善意からの同情を浴びて、自己憐憫は癒されたのでしょうか。
ウソの退会演技に騙されて、同情し続けた、その人たちの4ヶ月間の悲しみに対して、申し訳なかったという思いは、無いのでしょうか。謝罪はないのでしょうか。

退会のふりをし続けて世間を欺いた自己憐憫人間と、

うその退会で読者を騙したことを詫びるべきでは?と注意する人間と、

どちらが、真実に忠実で、正義を実行している、本物の信仰者なのでしょうか。



他者をあざむき、仏の目をもあざむかんとする、4ヶ月間のウソは、単に自分への同情を集め、自己憐憫・自己都合のためのウソにしか過ぎない欺瞞だったのが明らかですね。

なのに、その欺瞞を謝罪することすらせず、その欺瞞を指摘する正常な反応をする人たちの信仰をニセモノであるかのように言う、この人物の悪質なる言葉のすり替え・誤魔化し・ロジックお遊びには、許しがたいものがあります。

再度、わたしの目に触れた場合は、今後も容赦なく、その欺瞞を暴いて、真相をこのコメント欄にて解説していきたいと思います。

上記ブログの無責任・身勝手な発言の数々、この人物の動向がいろいろと伝わってきますので、その都度対処して、ここに追記していく所存です。


以上。
Posted by レオ at 2016年05月26日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。