2015年07月11日

【レオ】ブログ村・ランキングバナーの考察 <改題>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 幸福の科学カテゴリからも、発展繁栄を!!




数日前アップした記事ですが、ちょっと文を付け足して再掲します。
なにとぞ応援よろしくです。<(_ _)> どもども。
http://gunleo.seesaa.net/article/421624387.html

------------------------------------------------------------

どなたかは存じませんが、
いつもバナークリック応援してくれてる方いらっしゃったなら、ここで感謝申し上げたいと思います。どうもありがとう。

幸福の科学カテゴリにおいて、ランキングに参加しているわけですが、
その参加目的や動機は人それぞれなれど、
これらのブログはみな、在家の信者さんがボランティアでやっているようなものかと思います。
わたしは自分のささやかなブログ記事が、すこしでも幸福の科学の宣伝に役に立てればと、日夜頑張って記事を書いているわけですが、
このブログ更新によって対価が得られるわけでもないし、ハンドルネームで書いているわけだから、実生活における地位の向上や出世や名誉につながるわけでもありませんね。
あくまでもネット世界において、幸福の科学の信者としての宣伝が何かできないものかと、そう思って、読んでくださる愛読者の方に、役に立ち、楽しめ、なにがしかの参考になるような記事が書ければいいなーと、そんなふうに思って書いています。

このカテゴリに参加していても、ランキングは別にどうでもいいや、という方もいらっしゃるでしょう。そういう人は登録はしてても、ランキングバナーを貼らないで、参加している人もいますね。
けれどもバナーボタンを貼って参加している人たちは、ある程度はバナー応援をしてもらえたら嬉しいな、そう思って参加している人が多いと思います。
バナー応援してもらえるとランキングが上がるので、それはそれで嬉しいものです。頑張ったことへの唯一のご褒美みたいなものでもあるし、ランキングが上がって上位に行けば、それだけ目立つことになるので、さらなる注目を浴びることにもつながって、読者が増えるチャンスが広がりますね。
それを虚栄心だとか自己顕示だとかいって批判するやっかみ人間も一部にはいますけれど、
努力して書き、読者によかれという思いで作られたブログが、多くの人の支持を得てランクが上がって目立つのは、正当なるポジションというものです。
書くだけで埋もれてしまうより、多くの人にきちんと親しんでもらえた方が、やりがいも感じやすい、というものです。
松下幸之助さんは、優れた商品を努力して開発したなら、その商品に適正な価格をつけて売ることは、商売人としての当然の権利であり、遠慮する必要はないのである。といったことを述べていたと思います。
サービス精神だけでやって、大安売りしますよ、というのが正しいわけではないんですよね。商品の場合は。その商品の質と出来栄えに応じた対価を求めるのは、むしろやるべき当然のこと。なわけです。

むろんブログ記事は素人の書いた無料記事だから、対価などというものはいただけませんが、好き勝手にアップしてるたけだからといっても、やはり反応なくしては、書いている方も張り合いがありませんからね。
対価の代わりといってはなんですが、コメントをもらったり、応援のメッセージをもらえたり、さらにはここでいうバナークリック応援ですね。そうした支持を得て応援してもらえているということがわかると、その喜びが次の記事更新への励みになるわけです。
ブロガーはよく書いているでしょう。応援してもらえると励みになりますと。

あえて私は代表して代弁させていただきますが、確かにその通り、励みになるのです。
お金はいらないけれども、応援してもらえているという手応え、せめてそうした後押しは欲しいもの、それが何よりのブロガー達への応援、感謝の表現ではあるまいかと、
わたし自身ブロガーの一人として、率直に申し上げておきたいと思います。

こんなことを書くとおねだりみたいでみっともない、評価を求めるのは奪う愛だ、なんてつまらぬツッコミを入れる人がいそうですが、そういう人こそ、ではあなたホントに無償の愛でやってるかい?やり甲斐を求めるのはいけないことかい?
正当な評価を目に見える形で欲するのは、この世の原理としておかしいことではないでしょ?そう返答しておきたいと思います。
ランキングを否定する人は、それは与える愛に反する、とか口では言うものの、実は自分が多くの支持を得られないことのひがみや嫉妬であるに過ぎない場合が多いので、スルーしておけばいいのかもしれませんけどね。
それなりの評価を得られている人は、こういう下らぬ揶揄はしないものですから、それを言ってしまう人はたいてい、自分自身が満足するほどの支持を得られてない人である、そういう共通点があるでしょう。
そもそもランキングを否定するなら。このカテゴリに登録しなければいいと思います。登録すること自体、矛盾というか、ブログ村の意味そのものを否定してることになりますからね。
バナーを貼らずにランキング批判をする人は、たとえ貼っても自分が上位には上がれないことの言い逃れのために、貼らないといって恰好つけているだけにも見えます。おそらくこういう人は貼っても上位に行けないだろうと思いますが。
さらには上位は悪魔に狙われるからといって避ける人たち(子羊のピッポ、ぽん吉 ← このお馬鹿コンビは、いまだに当方を名指しで誹謗中傷したりするので、あえて名指しで書かせてもらいます。)は、魔と戦う気概もない「へたれ」ということになろうし、破邪の覚悟も持たないで、意見だけは言いたいという、ずるい人にも見えます。
上位は危険だからといって、魔を避け、リスクを回避する。下位に甘んじていれば上位としての責任は無いという甘えでもって、下の方に沼の主のナマズのごとく陣取って、好き勝手なことを言っている。要するに、責任なき立場に立ちたがっておりながら、自己主張だけはしたいというワケです。
こんな態度は、リスクや責任は取りたくないが、自分の言い分だけは言いたいという、わがまま勝手以外の何物でもないと、わたしなら考えます。
上位には責任があるので、批判も甘んじて受けるべきといって好き勝手な批判を加え、そのくせ自分は下位なのでその責任は無い、そうした甘えた安全地帯に立って自分だけは言いたい放題なんて人に、果たして自分の発言に対しての「責任の自覚」なんてあるのでしょうか?と問うてみたいものだと思います。
意見を激しく主張したいのなら、リスクや責任も負うべきであって、それが責任ある自由というものです。
にも関わらず、そういうリスクは一切避けて、責任の無い立場に下がって、野党のように言いたい放題というのでは、ヤジを飛ばす民主党議員みたいなものでしょう。そういう甘えた発言者の言葉に重みなど無いのは当然ですし、そもそもそうした卑怯な態度では、お話になりません。

話を戻します。
わたしとしては、正統的な見解を持ちながら魅力もある幸福の科学信者ブログが、いっそう多くのバナー応援を得てランキングが上昇していくことは、幸福の科学の、在家における活躍のパワーが一段と上がっていって、より目立った大きな発言へとつながる、発展の一形式だとわたしは思ってます。
だから読者のみなさん。このブログ記事は素晴らしいな。とてもありがたいものを読ませてもらった、感謝感謝という気持ちを抱くことがあったなら、その信者ブログのバナーボタンをポチッとな!出来たら日に一度、面白かったときだけでもいいので、ジャンジャン押して、応援してあげてくださいませ。
すでに人気ブログの、アモ〜レさんブログ、アマミキョさんブログは言うまでもありませんが、cocoさん、サンサンてるよさん、豊川支部さん、呑気会員さん、やすらぎのガンブロ、などなど、よき信者ブログが沢山ありますので、どうかみなさん。応援よろしくお願いいたします。

では、では! (^ Q ^)/

('-^*)/ブログ村ランキング参加中です!応援クリックお願いしまぁす。
もし読んで面白かった 記事があったら、ポチッと応援よろしね!

マウスの中スクロールボタンでポチれば、ページ切り替わらずポチることが出来ます 。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


ブログパーツ
【関連する記事】
posted by ガンレオ at 08:42 | Comment(2) | レオブログより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご推薦ありがとうございました。元来前には出たくない性格で、できれば背景の壁になっていたい方なのですが、地球が瀬戸際に来ている時代・・25年間の蓄積が何かのお役に立てば・・と参加した次第。ブログ村の皆様と知り合えてよかったと感謝しています。
Posted by サンサンてるよ at 2015年07月12日 07:46
サンサンてるよさん。
コメントどうもありがとうございます。コメント欄解放したの、共同ブログ再開直後以来ですので、ひさびさにこちらにコメントいただけて感謝感謝です。
サンサンてるよさんの科学記事、ガンちゃんが、関心を同じくするブロガーさんに出会えてとても喜んでおりますよ(笑)。科学の面からのアプローチ、とても重要なことだと考えてますから、彼は。
今後も、ガンレオともども宜しくお願いいたします。ともに頑張っていきましょう!
Posted by レオ at 2015年07月12日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。